ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行特集記事
  • 韓国ソウルは、12月~2月頃まで寒い天気が続きます。真冬の1月は、 最も寒く平均気温も氷点下。朝晩はマイナス10度前後まで、日中も零下の気温にとどまることが少なくなく、東京と比べた場合、ずっと低い気温です。
    寒がりの人は大げさなくらいの防寒が必要。冬の韓国旅行でどんな服装をしていけばいいのか、必要な持ち物は何か、詳しくご紹介します!
    気温による冬のソウルの服装目安表
    気温 服装イメージ
    15~10度 ・薄手のコート
    ・着脱して温度調整ができるカーディガン、薄手のカットソー
    ・靴下、厚手のタイツやストッキング
    10~0度 ・厚手のコート
    ニット
    ・80デニール以上のタイツ
    0~マイナス9度 ダウンコート
    ハイネックニットやフリースに発熱加工インナー(ヒートテックなど)
    ・起毛タイツ
    ・滑らない運動靴、ブーツ
    マフラーカイロなどがあるとより良い
    マイナス10度以下 お尻まで隠れるダウンコート+マフラー、耳あてなど
    ・ハイネックニット、ヒートテック、フリースに発熱加工インナー(ヒートテックなど)
    ・起毛タイツ+靴下
    ・滑らない運動靴、ロングブーツ、裏起毛ブーツ
    ・マフラー、帽子、マスク、カイロなどがあると良い
    冬のソウル、室内・室外でどんな格好をすればいい?
    室内
    室内は暖房オンドルが25度前後に温度設定されている場合がほとんど。基本的には日本と同様の冬の服装で大丈夫です。

    室外
    室外は防寒対策を優先した重装備が必要!貼るカイロやマスクも活用すればより完璧です。マスクで顔をガードすれば最強!
    女性の服装目安
    室内
    室内
    室外
    室外
    男性の服装目安
    室内
    室内
    室外
    室外
    これで防寒対策ばっちり!服装アドバイス
    【上着】
    アウターは、冷たい風を遮り保温効果の高い丈の長いダウンコートが一番!フードがあるとなお良いです(ダウンの割合が70%くらいはある方が望ましいです)。冬のソウルは、フードが飾りではないことを痛感させてくれます。突然の雪にもお役立ち!

    【トップス】
    タートルネックやハイネックなど首元を保護し簡単に温度調節しやすいニットセーターがおすすめ。ハイネックとセーターの重ね着もマル。

    【下着】
    裏起毛や吸湿発熱効果のあるインナーをプラスすると、室内外ともに暖かくすごせます。

    【ボトムス】
    寒さに弱い人やソウルの寒さに慣れていない人は、裏ボア使いのあったかズボン、膝丈かロング丈の厚手スカートが良いでしょう。

    【アンダー】
    寒さの前ではみっともないなんて言ってられません。股引・レギンスは、一度履いてしまえば二度と手放せない魔性のアイテム。メンズ用の裏起毛レギンスもおすすめです。

    【靴下、タイツ】
    ソウルの寒さは足元から。素足やストッキングなどソウルでは論外!靴下は厚手と薄手の2枚履きがグッドです。女性は、裏起毛タイツ、100デニール黒タイツ、発熱加工タイツなどがマル。その上からさらにもこもこ靴下を履けば完璧です。

    【靴】
    足首を温めるブーツがおすすめ。ムートンブーツやボアブーツなら、なお安心感があります。冬は寒さや雪で道が凍りやすいので滑りにくい靴裏のしっかりある履き慣れたものを選びましょう。間違っても靴底の磨り減ったブーツなどはいけません。靴下に貼るタイプのカイロもプラスするとなお良いです。スニーカーの場合は、必ず冬靴を選びましょう。

    +アルファで寒くない!部位別あったかアイテム
    【頭】
    深め&厚手のニット帽または耳あてが理想的。年配者や小さな子どもを中心に、ダブル使いもしばしば見かけます。寒さで耳がちぎれそうになるのでしっかりガードしましょう。

    【顔】
    完全防備と思っても、外に出ると顔が隠れていないことに気づきます。本当に寒い時は顔が寒いもの。そんな時は韓国で「防寒帯(パンハンデ)」とも言われる、代表的なあったかアイテムのマスクが重宝します!芯から冷えるような寒さで呼吸しにくくなるため、風邪でなくても持っていると良いでしょう。また、室内外ともに空気がとても乾燥するので、フェイスミストでこまめな乾燥対策を!

    【首】
    首を温めると体全体が温まります。マフラー、ネックウォーマーを用意しましょう。外にいる時間が長い場合は、タートルネックの折り返し部分にカイロを貼っておくと、寒さをしのぎやすくなるという裏ワザも!(低温やけどに注意しましょう)

    【手】
    韓国人は手袋をしないことも多いですが、寒さで手がかじかむので、旅行者は手袋が必須!ただし、毛糸やボア付き以外の手袋は無用の長物なので、気をつけましょう。手袋をしたままスマートフォン操作ができるスマホ手袋もあります。

    忘れた時も大丈夫!防寒アイテムを駆け込み購入できる便利ショップ
    日本から持って来るのを忘れた、ソウルに行くなら現地でより適した防寒アイテムを買う、という時におすすめのお店をご紹介しましょう。
    生活総合雑貨店
    ちょっとしたものならコンビニが一番早いですが、韓国ドラッグストアにはタイツ、カイロ、入浴剤、飲料、お菓子、コスメ、健康グッズ、サプリメントなど幅広い商品が割引価格で販売されていて活用度が高いです。

    OLIVE YOUNG(オリーブヤング)」など、大手チェーン店は繁華街に必ずあります。

    手頃な価格でお役立ちグッズを販売する「ダイソー(DAISO)」もおすすめです。
    ファストファッションショップ
    韓国で展開しているファストファッション(SPAブランド)ショップも繁華街に多数出店しているので、よりリーズナブルに冬の防寒ファッションを購入するならこちらもおすすめです。大規模路面店をはじめ、百貨店・ショッピングモール内に入店していることも多数。

    おなじみの「ユニクロ」や韓国発のカジュアルブランド「TOPTEN10(トップテン)」「SPAO(スパオ)」「8SECONDS(エイトセカンズ)」、きれいめアイテムが豊富なレディースファッションブランド「MIXXO(ミソ)」がおすすめです。
    ショッピングモール・ファッションビル
    冬服はもちろん、マフラー、ブーツ、帽子、インナー、アンダーなど、冬のあったかファッション小物をゲットするのにベストなのはファッションショップ。繁華街には露店、ファッションショップ、百貨店ファッションビルが多いので、活用しやすいでしょう。

    品揃えのよさならソウルの巨大地下ショッピングモール「GOTO MALL(ゴートゥーモール)」が、韓国ファッションを深夜までとことんお買い物したいなら東大門(トンデムン)ファッションビルがおすすめです。
    あったかオシャレの決定版「レザー」を韓国でお買い上げ!
    良質のレザーコート、ムートンコート、ファーコートなどが日本よりリーズナブルに手に入る韓国。既製品からオーダーメイドまで幅広く可能なのが魅力!防寒とオシャレの両方を求める方におすすめです。

    特に東大門エリアの「光熙市場(クァンヒシジャン)」と「第一平和市場(チェイルピョンファシジャン)」は、韓国のテレビ番組で「デパートに搬入されている毛皮のコートがデパート販売価の半額以下で買える」と紹介されたこともあり、韓国人もよく訪れます。

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        ピックアップ特集記事
          ショッピングに食べ歩き屋台!南大門市場エリアガイド
          ソウルの巨大市場をおすすめから行き方まで徹底解剖
          東大門ファッションタウン
          韓国旅行のマストコース!眠らない街・東大門市場ガイド
          旅行前に必見!韓国料理人気ランキング
          定番から流行メニューまで日本人が好きな韓国の食べ物といえば?
          ソウルのうまいもん横丁
          ソウル各地に点在する専門店街
          韓国クリニックでアートメイク!知っておきたい基礎知識
          美しく仕上げるコツや日本語OKの専門クリニックをご紹介
            注目のトピックス
              韓国・冬の寒さ対策マニュアル
              凍てつく!?痛い!?極寒シーズンにおすすめの服装!
              韓国旅行とコロナウイルスの状況(毎日更新)
              韓国旅行にいつから行ける?韓国のコロナの最新状況
              年末年始の韓国
              日本とは違う?年末年始に韓国旅行する方はチェック
              ついにビザなしで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
              隔離は?観光ビザの取得は?手続きの流れを紹介
              設定