検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行特集記事
  • 南山(ナムサン)公園の南側に広がる古い住宅街、解放村(ヘバンチョン)。1945年の解放(光復)後、海外から戻ってきた人や北の故郷に戻れなくなった人たちが定着したことからそのように呼ばれています。行政上は龍山2街洞(ヨンサンイーガドン)と厚岩洞(フアムドン)の一部に区分されます。

    1904年の日露戦争をきっかけに、龍山が軍事と鉄道の町として栄えると、このエリアに日本から多くの人が定住し、一大日本人居住地となったという歴史も。戦後は、バラック小屋が密集するタルトンネ(韓国語で月の街という意味。主に高台にある低所得者層が多く住む地域をいう)でしたが、現在は米軍の駐留により外国人居住者が多く、国際色豊かな街として知られています。

    故郷を離れた異邦の人々が次々と住み替わることで、歴史変遷を経てきた解放村。新しい顔と古い顔が混在する街の魅力を紹介しましょう。
    エリアマップ
    解放村へのアクセスは龍山側の地下鉄4号線淑大入口(スッテイック)駅を出て厚岩洞へ向かうルート(地図中の緑色の線)と、梨泰院(イテウォン)の地下鉄6号線緑莎坪(ノッサピョン)駅を出て龍山2街洞へ向かうルート(地図中の青色の線)があります。いずれも徐々に勾配のある上り坂になるので、歩きやすい靴で出かけるのがおすすめです。

    ※右上のレベルで拡大・縮小が可能です。地図上をドラッグすると、移動することができます。
    解放村の古い顔、町の歴史を色濃く残す場所
    淑大入口駅側から向かうルートでは、山の斜面に沿って建てられたレンガ色の低層住宅の風景が続く中、ふと地域の歴史を象徴するような場所に出会います。
    新興市場(シヌンシジャン) 地図番号:緑1
    厚岩洞五叉路の手前にあるのが新興市場。新興、復興という名称は、解放後韓国の市場や通りに多く用いられました。昼でも薄暗い市場は、かつて買い物客で肩が触れ合うほどの賑やかさがあったといいます。ひっそりと営業をしている高齢の店主のほとんどが、北を離れて解放村に定着した人々です。

    一列に並んだ家と家の間をアーケードで覆ったのが特徴の新興市場。店の半分はシャッターが閉まったまま。薄暗い市場内はちょっとした迷路のよう。
    「あたしの作るキムチはおいしいってみんなが言ってくれる。だから元気な間はずっと作るつもり」とキムチ作りの準備をするハルモニ(おばあさん)。彼女もまた離北者(北の故郷に戻れなくなった人)の一人。
    解放教会(ヘバンキョフェ) 地図番号:緑2
    厚岩洞五叉路から、宝城(ポソン)女子中・高校方面に向かうとあらわれるのが解放教会。解放村のランドマーク的な存在です。

    解放村への初期定住者の大部分が、平安北道(以北の北西部に位置するエリア)の宣天(ソンチョン)出身で、彼らは敬虔なカトリック信者だったため丘の上に教会を作りました。週末になると多くの信者が訪れ、解放村は大変にぎやかになります。
    古い共同住宅 地図番号:緑3
    深刻な住宅難を解消するため、1950~60年代にかけて政府が供給した古い長屋風の共同住宅。現在はほとんどが壊され、レンガ色の連立住宅が次々と建てられています。
    108階段(旧京城護国神社階段) 地図番号:緑4
    戦没者を英霊として祀った京城護国神社へと続く階段です。108段あることからそのように呼ばれています。南山にはほかにも朝鮮神宮、京城神社が作られました。韓国国内にあった神社は、解放後に取り壊されましたが、階段は残っていることが多く、1943年に作られた108階段も中央分離帯の部分を除き原型を留めています。

    大ヒットドラマ「バリでの出来事(2004)」のソ・ジソプ演じるイヌクの母親が経営するカルグッス(韓国風うどん)店のシーンは、ここで撮影されました。
    解放村の新しい顔、「解放村通り(ヘバンチョンキル)」
    緑莎坪駅の2番出口を出て並木の歩道を数百メートル進んで左に折れると、通称「解放村通り」(地図番号:青1)があらわれます。南山の麓まで続く約1kmの通りに、多国籍料理の店やカフェ、隠れ家風のレストランが点在。

    また、近年はリーズナブルな家賃と交通の便の良さ、街の雰囲気に魅かれてやってくるアーティストやクリエーターたちによって、「解放村通り」を中心に新たな風が吹こうとしています。
    レストラン・カフェ
    BURGERMINE(バーガーマイン)自分だけのオリジナルハンバーガーが作れるハンバーガービュッフェが人気。
    BURGERMINE(バーガーマイン)
    自分だけのオリジナルハンバーガーが作れるハンバーガービュッフェが人気。
    CASABLANCA(カサブランカ)モロッコ風サンドイッチ専門店。モロッコの伝統料理と屋台の良さをミックスしたというサンドイッチは食べ応えあり。
    CASABLANCA(カサブランカ)
    モロッコ風サンドイッチ専門店。モロッコの伝統料理と屋台の良さをミックスしたというサンドイッチは食べ応えあり。
    DE ESPRESSO ROOM
    オーナーの手作りスイーツが人気のコーヒー専門店。朝早くからオープンしており、地元の人が多く立ち寄ります。
    AL MATTO
    釜で焼き上げたピザが有名なイタリアンレストラン。利用客のほとんどが外国人。夜はバーとして利用しても。
    ヨルトゥガジおしゃれなハンドメイド雑貨も購入できるナチュラルスタイルのカフェ。店内では手芸教室やフリーマーケットも不定期で開催。
    ヨルトゥガジ
    おしゃれなハンドメイド雑貨も購入できるナチュラルスタイルのカフェ。店内では手芸教室やフリーマーケットも不定期で開催。
    クム&FUN
    解放村の丘の上、厚岩洞五叉路近くにある食堂兼居酒屋。素朴な洋風家庭料理を提供しており、友人の家に来たような温かい雰囲気が魅力です。
    HACKNEY(ハックニー)
    こだわりのコーヒーとオーガニック紅茶、手作りケーキなどが楽しめる大人のためのスタイリッシュなカフェ。店名はロンドンのアーティストたちが愛する下町、ハックニーからきています。解放村とどことなく似ているから名づけたと話すオーナーは、広告ディレクターという別の肩書きも。
    バー・飲み屋
    Magpie Brewing(メッパイブルイン)
    韓国では珍しいクラフトビール専門店。アメリカ出身の若いオーナーたちが直接醸したアメリカンスタイルのフレッシュビールのおいしさを体験してください。
    タモトリ
    韓国全土から厳選されたマッコリが楽しめる居酒屋。マッコリによくあうおつまみも人気。「利きマッコリ」は5種類のマッコリを気軽に試せて人気。
    Phillies(フィリース)
    イギリス風の立ち飲みパブ。夜になると多くの外国人でにぎわいます。
    たまにはこんな散策も
    新旧が同居する街、解放村。一見閑静な住宅街のようでいて、ゆっくりと歩けばさまざまな魅力を発見できることでしょう。南山公園が近いのでピクニック気分で行くのもよし。梨泰院エリアに来る機会があれば、「解放村通り」からほど近い「経理団通り(キョンニダンキル)」と合わせて一度立ち寄っ てみてはいかがでしょうか。

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        ピックアップ特集記事
          映像で旅する韓国~韓国絶景8選
          こんなところが!一度は行きたいおすすめスポット
          お土産の定番!韓国海苔食べ比べ
          韓国土産の定番韓国のり!おすすめをランキング形式で紹介
          これぞ王道!2泊3日初めての韓国・ソウルよくばり観光プラン
          明洞、東大門に南大門!おすすめ人気スポット全制覇
          韓国の気候と服装
          四季はある?どんな服を着るべき?韓国旅行前にチェック
          奨忠洞チョッパル通り
          新羅ホテル・東大入口駅近くのチョッパル横丁
            注目のトピックス
              聖水洞カフェ通り
              ソウル旅で立ち寄りたい、おすすめのお洒落カフェはここ!
              韓国のホワイトデー
              キャンディ、花束...女性が喜ぶ定番プレゼントは?
              初心者が必ず受けるべき韓国エステ
              コルギ!よもぎ蒸し!旅行者に人気のマストエステは?
              1万ウォン以下も!「ミシュランガイドソウル」2021
              おひとりさまOK!ビブグルマン獲得の韓国下町グルメ店
              設定