ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行特集記事
  • 陶磁器の里で繰り広げられる年に一度のお祭り
    韓国有数の「陶磁器の里」として知られている京畿道(キョンギド)利川(イチョン)市。山々に囲まれたのどかな風景の中に大小約300もの窯元が見られる利川では、毎年春に「利川陶磁器祭り」が開催されています。1987年に数十名の陶芸家たちの作品を販売することから始まった祭りは、歳月を重ねるごとに規模も拡大し、陶磁器ファンならずとも、大人から子どもまで楽しめるイベントになりました。そんな「利川陶磁器祭り2012」にコネストスタッフが出かけてきました!
    ソウルから車で1時間。会場内には便利な施設も
    ソウルから南東へ車で約1時間の距離にある利川。陶磁器とお米の産地として知られており、ソウルの高速バスターミナル東ソウル総合バスターミナルからバスが出ています。期間中は、利川市外ターミナル等市内各所をまわるシャトルバス(1,000ウォン)も運行中です。シャトルバスは運行時間が限られており、到着時間が前後する場合もあるため、時刻表をホームページ(韓・英)や各乗り場で事前確認の上、時間に余裕をもって利用しましょう。
    今年で26回目を迎える「利川陶磁器祭り」。2012年は4月28日(土)~5月20日(日)の23日間、官庫洞(クァンゴドン)の雪峯(ソルボン)公園をメイン会場に、展示・体験・文化公演など様々なイベントが行なわれています。まずは、チケット売り場で入場券(大人5,000ウォン、7歳以上~18歳3,000ウォン、満6歳以下無料)を購入し、陶磁器の世界へ!
    マスコット「トーヤ」の像 シャトルバスも運行中
    会場マップ
    ※右上のレベルで拡大・縮小が可能です。地図上をドラッグすると、移動することができます。

    入場ゲートの入口付近には、総合案内所・チケット売り場・車椅子やベビーカーの貸し出し施設が設置され、広い会場には、フードコートも併設されています。様々な付帯施設は、外国語表記がないため、言葉の部分では不便さを感じますが、総合案内所でもらえるパンフレットは日・英・中・韓が用意されており、ボディーランゲージを行ないながら施設を周るのも楽しいでしょう。また、入口付近には通訳案内所もありますが、ボランティアが常駐していない場合があるため、日本語可能なスタッフが常駐している公園入口付近にある、観光案内所へ行くことをオススメします。
    総合案内所(地図1) チケット売り場 車椅子やベビーカーの貸し出し施設
    フードコート(地図2) 観光案内所(公園入口付近)(地図3)
    めくるめく陶磁器の世界へ
    2012年の「利川陶磁器祭り」のテーマは「陶磁、分かち合いそして休息」。広~い会場に集まる多数の展示ブースや体験ブースを周りながら、コネストスタッフはこんな方法で楽しんでみました。
    楽しみ方1 陶磁器を見る!買う!
    深みのある翡翠色の高麗青磁や柔らかな白色の白磁などはもちろんのこと、新鋭作家たちの一風変わった大胆でユニークな作品の展示・販売が行なわれています。やはり、陶磁器の里というだけあって、種類が豊富で安く手に入れられるため、大量購入をする人も多いとか。以下で紹介する場所以外にも、セラミックス創造センターや陶磁ショッピングモールなどでも展示・販売が行なわれています。
    器!器!器!陶磁マッコリ100人ショールーム 地図4
    料金:無料 場所:出会いの広場
    陶芸作家が製作したマッコリ器のみを集めた展示。お酒の中でも特にマッコリに目がないコネストスタッフは、数々のマッコリ器に大興奮でした!マッコリ器はもちろんのこと、マッコリ瓶などもあるためセットで購入するのもオススメです。また、マッコリカクテル試飲イベント(3,000ウォン)やマッコリを使った石鹸作り(5,000ウォン)も行なわれています。
    i-CheonDo企画展 地図5
    料金:無料 場所:i-CheonDo展示館
    普段からよく目にする皿などの陶磁器に、デザイン性がプラスされたユニークな陶磁器を展示しています。陶磁器で作られた絵画やスピーカーなど、新しい感覚の作品は陶磁器をより身近に感じさせてくれることでしょう。
    陶磁器で作られた絵画 コップとお皿が一体となった作品 アイフォンをいれるとスピーカーに
    陶磁器販売館  地図6
    料金:無料 場所:陶磁器販売館1~3館
    利川地域で活動する約140人の陶芸家たちの作品を販売しています。王道といわれる白磁や青磁はもちろんのこと、カラフルな器や植木鉢などさまざまな陶磁器の作品であふれています。気に入った作品は手にとって、販売者と価格交渉をしてみるのも良いでしょう。
    カラフルで見ていてあきません 指輪などのアクセサリーも販売 かわいいコブタの置物
    楽しみ方2 陶磁器を作る!土に触れてみる!
    見るのも楽しいけれど、実際に作ってみたいという人のために陶磁器体験も行なっています。子どもが体験できるブースもあるため、親子で陶磁器を作ってみるのも旅の思い出になること間違いなしです。
    ドッレドッレ陶磁土工房 地図7
    料金:10,000ウォン 場所:大公演場の横
    ろくろを回し陶磁器の形態を作る人を意味する「ドッレドッレ」。子どもたちが陶磁を作る体験ができるほか、隣のスペースでは土を転がしたり、土の上を滑ったりするなど土と触れ合う体験が可能です。
    ろくろ成形 地図8
    料金:15,000ウォン(配送費別途3,000ウォン。国内のみ) 場所:体験ゾーン(土遊び世界)
    陶芸作家の先生の指導を受けながら、陶磁器を作成するろくろ成形。絵心ゼロのコネストスタッフが挑戦してきました。完成したものは、約1ヶ月後に受けとることができます。
    先生のお手本をちらみ 粘土に触れながら空気をぬきます 指で成形していく過程を熱心に聞く
    自分でやってみます 化粧泥を塗ります 絵の参考に乾かしてある作品を見学
    書こうと試みますが… カメラマンが代わりに書いてくれました 自分が作ったかのように写真撮影
    楽しみ方3 公演やイベントに参加する!
    祭りの開催期間中は、フリンジステージと大公演場で、B-boyやサムルノリなどさまざまなステージが繰り広げられます。取材当日には、利川オールダンサーズのB-boy公演が行なわれており、遠足で来ていた幼稚園児が興奮した表情で公演を楽しんでいました。
    フェイスペインティング500ウォン(幼児のみ)▶
    フリンジステージ 不思議そうに舞台をながめています 開幕式が行なわれた大公演場
    大人も子どもも楽しめる「利川陶磁器祭り」へ
    お祭りを楽しんだ後、日帰りでソウルに帰着したコネストスタッフ一行。今回は約半日で会場全体をひととおり見てまわりましたが、陶磁器好きで、ひとつひとつの陶磁器をじっくりと鑑賞したいという人は、1日かけてじっくり見て周るのも良いでしょう。陶磁器ショッピングや制作体験など、陶磁器をより身近に感じることのできる「利川陶磁器祭り」。4月28日~5月20日までの開催期間を逃さずに、ぜひ訪れてみてください。
    ※記事は2012年のものです。日程およびプログラム内容・料金は、毎年若干変更になる場合があります。

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        ピックアップ特集記事
          東大門ファッションタウン
          韓国旅行のマストコース!眠らない街・東大門市場ガイド
          年始・冬休み おすすめ格安韓国ホテル2023
          冬の一人旅・カップル・家族旅行に!韓国ホテルが安い!
          韓国・冬の寒さ対策!服装マニュアル
          真冬の極寒ソウルを攻略!おすすめの防寒着・完全版
          女性ドクターと女性スタッフがいる韓国クリニック
          女性ならではの悩み、安心感を求め
          美味しいスープご飯!ソウルのクッパ人気店
          おひとりさま旅行や酔い覚ましにもぴったりの韓国料理
            注目のトピックス
              ついにビザなしで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
              隔離は?観光ビザの取得は?手続きの流れを紹介
              韓国旅行とコロナウイルスの状況(毎日更新)
              韓国旅行にいつから行ける?韓国のコロナの最新状況
              韓国旅行持ち物チェック
              韓国旅行が再開!もういちど予習・復習を
              韓国・冬の寒さ対策マニュアル
              凍てつく!?痛い!?極寒シーズンにおすすめの服装!
              設定