検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行特集記事
  • 淳昌・潭陽1泊2日モデルコース
    伝統調味料醤(ジャン)の特産地淳昌(スンチャン)と、美しい竹林が人気の潭陽(タミャン)は、ともに韓国南西部の全羅道(チョルラド)に位置する人気観光地。ソウルからは高速バスで約4時間と日帰りは少々厳しいため、1泊2日で淳昌・潭陽の2都市をめぐる旅行プランがおすすめです。 韓国では食文化が豊かな地域として知られる全羅道。風土や人情によって育まれてきた郷土料理はもちろん、都会では味わえない自然美をたっぷり満喫する旅に出かけてみましょう!
    午前中ソウルを出発し翌日夜に戻ってくる2日間まるまる使った小旅行。必食グルメや名所を押さえたおすすめプランはこちら!
    1日目
    2日目
    9:30 ソウル高速バスターミナル出発
    13:00 淳昌共用バス停留所到着
    13:15 2代目スンデ」で名物・血スンデに挑戦
    14:30 清らかな自然に心洗われる「剛泉山郡立公園
    16:30 淳昌伝統コチュジャン民俗村」で伝統食品ショッピング
    18:30 夕食は家庭式韓定食が評判の「カラム韓定食
    20:00 市外バスで潭陽へ出発
    21:00 潭陽市内宿泊
    9:00 清々しい竹林浴でリフレッシュ「竹緑苑
    10:30 潭陽 麺通り」でクッス(麺料理)をいただく
    11:15 歴史ある堤防林「官防堤林」を散策
    12:00 思い出に残る記念撮影はここで「潭陽メタセコイア並木道
    13:00 潭陽の竹文化にふれる「韓国竹博物館
    14:30 トッカルビの老舗「申食堂」で昼食
    16:00 潭陽旅客バスターミナル出発
    20:00 ソウル高速バスターミナル到着

    ◎旅支度のポイント
    ソウルと異なり、地方のバスターミナルや観光スポットには荷物を預けられるコインロッカーがないこともしばしば。その場合は荷物を持って移動することになるため、最小限の所持品をコンパクトにまとめて旅立つのがおすすめです。また、自然の多い場所を散策することが多いので、足元は歩きやすい運動靴が楽でしょう。

    ソウルから淳昌(スンチャン)へ行くには、江南(カンナム)に位置するソウル高速バスターミナルを利用します。淳昌までは3時間半のバスの旅。高速バスが到着するのは、淳昌市内中心部の淳昌共用バス停留所です。淳昌郡内は観光地が点在しているため、移動のメイン手段はタクシーやバスとなります。

    参考:ソウルから地方への行き方~長距離バス編~
    ◀地方行きバスが多く出るソウル高速バスターミナルから出発!
    見た目とは裏腹の最強スタミナフード!
    全羅道名物・血スンデに挑戦

    淳昌共用バス停留所に着いたら、まずは昼食をとりにタクシーで最初の目的地「2代目スンデ」へ。韓国の異色フードといえば5本の指に入るスンデ(豚の腸詰)。中でもソンジという豚の血を固めたものをメインに作られるピスンデ(血スンデ)は、全羅道地方でよく食べられるスンデの1種。インパクトのある見た目とは裏腹に、一度口にしたらクセになってしまう味と食感。創業50年の老舗でチャレンジ!
    タクシーで約24分
    雄大な自然に包まれて心身ともにリフレッシュ!

    天然の鱒が生息する清らかな渓谷、美しい景観をなす滝など、優れた自然を誇る剛泉山郡立公園。裸足で歩ける黄土(ファント)散策路や森林浴のできる散策路は、老若男女問わず楽しめると来訪者に人気です。豊かな大自然を満喫して、日頃のストレスを解消!
    タクシーで約17分
    淳昌といえばコチュジャン!本場の伝統調味料をお土産に

    発酵に適した気候に恵まれ、古くからコチュジャン(唐辛子味噌)の産地として名を馳せてきた淳昌。そんな淳昌を代表する観光名所が、淳昌伝統コチュジャン民俗村。伝統家屋風の約40店の店舗では、コチュジャン、カンジャン(醤油)、テンジャン(味噌)といった各種醤(ジャン)類を販売。コチュジャンの歴史を紹介する「醤類博物館」もあり、伝統調味料の魅力に出会えます。
    タクシーで約9分
    たっぷりの真心が隠し味。多彩なおかずが並ぶ全羅道式韓定食

    韓国伝統の定食料理韓定食(ハンジョンシッ)。肥沃な平野が多い全羅道地方の韓定食は、料理の内容・量ともに豊かなことで有名です。母娘で切り盛りしている「カラム韓定食」は、テーブルいっぱいの小皿料理が並ぶ家庭式韓定食の店。手作りの素朴な味を目と舌で楽しんで。
    タクシーで約2分
    夕食を終えたら、淳昌共用バス停留所に戻り、市外バスで一路潭陽を目指します。潭陽行き市外バスの最終発車時刻は21:15。運行本数は時間帯によって異なりますが、20時台は20:05、20:45の2本(2011年4月現在)で、潭陽までは約30分で到着です。
    淳昌共用バス停留所から市外バスで約30分
    宿泊は潭陽旅客バスターミナルからタクシーで5分ほどの「ゴールデンリバーモーテル」を選択。風光明媚な潭陽では映画やドラマの撮影がよく行なわれますが、出演者たちがよく利用するのがこちらのホテル。ロビーにはたくさんのサインが飾られています。客室内は清潔で、フロントでは潭陽の各種パンフレットももらえます。
    ホテル外観 クォン・サンウが宿泊した503号室 2PMテギョン(左)と2AMチョ・グォン
    ・住所:全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 栢洞里 352-7 / (道路名住所) 武貞路 26
    ・住所:전라남도 담양군 담양읍 백동리 352-7 / 무정로 26
    ・電話番号:061-383-8960
    <1日目の観光ルート>


    前日の淳昌に続き、2日目は竹の都・潭陽(タミャン)の代表スポットを観光します。潭陽観光は、時間をどれだけ有効に使えるかがキーポイント。というのも、潭陽からソウルへ戻る高速バスは1日2本(10:00/16:00)しか運行していないため、午後のバスの時間に合わせて行動しなければなりません。観光シーズンはバス利用客が増えるため、チケットは前日に購入するか、朝ホテルをチェックアウトしたらまず潭陽旅客バスターミナル(左写真)へ行き、前もって購入しておくと安心。
    韓国で唯一の「竹林浴場」 ドラマ・CM撮影地としても有名!

    約5万坪という広大な敷地内に、孟宗竹や真竹などがうっそうと茂る「竹緑苑(チュンノグォン)」。清々しさと静寂に包まれた散策路は忙しない日常をしばし忘れてリラックスするのにぴったりです。ドラマや映画、CMなどのロケ地としても有名で、イ・ジュンギ主演のドラマ「一枝梅(イルジメ)」の舞台にもなりました。
    ◎レンタル自転車を活用しよう!
    2日目の潭陽では、代表的な観光名所(竹緑苑、潭陽 麺通り官防堤林潭陽メタセコイア並木道)同士が比較的近くにあるため、レンタル自転車を利用して回るのもおすすめ!有料レンタル所は「竹緑苑」の入口近くにあり、身分証明証と引き換えに借りることができます。
    徒歩で約3分/自転車で約1分
    ささっと食べられリーズナブル!観光客にも話題のグルメスポット

    竹緑苑から徒歩5分のところにある「潭陽 麺通り」は、クッス(麺料理)店が6店ほど集まる近年注目のグルメ通り。そのなかでも人気なのが「ジヌネチックッス」です。煮干だしの温かいスープで食べる煮麺、ピリっと辛い冷たい辛口混ぜ麺は、どちらも3,500ウォン。ささっと軽く食べられるので朝食にもおすすめです。
    徒歩すぐ
    樹齢200年以上の古木も 朝鮮時代に作られた歴史ある堤防林

    「潭陽 麺通り」のすぐそばにあるのが、天然記念物第366号に指定されている「官防堤林(クァンバンジェリム)」。洪水による水害に備えて築造された堤防林で、潭陽川に沿って約2km続いており、木々の間を散策できるようになっています。
    徒歩で約30分/自転車で約10分
    韓国が誇る美しい並木道として有名 記念撮影にも絶好のスポット
    「韓国の美しい道100選」に選定され、数々の韓国映画・ドラマの舞台にもなっている「潭陽メタセコイア並木道」。春から夏は緑色、紅葉の秋は黄色、雪が積もる冬場は白色と、四季折々の景観で訪れる人を魅了しています。官防堤林の終点は並木道につながっており、麺通り付近の官防堤林からは約2kmの距離。徒歩の場合は20~30分かかるので、自転車を利用すると便利です(自転車利用時は並木道見学後、竹緑苑近くの返却場所までいったん戻り、そこからタクシーなどを利用して次の目的地へ移動)。
    タクシーで約9分
    特産品の竹について知ろう!工芸品店ではお土産も

    韓国国内の竹生育面積の約25%を占めており、竹製品の主生産地としても有名な潭陽。そんな潭陽の竹文化が集約されたのが、竹工芸品の展示や販売、工芸体験などが行なわれている「韓国竹博物館」。博物館内では、日本語の説明を聞ける音声案内機も無料で借りられます(数に限りあり)。
    タクシーで約4分
    潭陽名物トッカルビは必食!4代続く有名店で舌づつみ

    カルビ肉を細かく刻みハンバーグのようにして焼き上げたトッカルビは、潭陽を代表する郷土料理のひとつ。1909年創業の「申食堂」は、MBCの人気バラエティ番組「無限に挑戦」に登場して一躍有名になった老舗店です。韓牛(ハヌ、韓国在来種の牛)100%使用、ジューシーなうまみと食べ応えのある食感を堪能!
    タクシーで約2分
    <2日目の観光ルート>

    ◎南道の中心都市・光州も合わせた3都市めぐりも
    今回はソウルからの旅行プランをお届けしましたが、韓国南西部の中心地・光州(クァンジュ)からも淳昌・潭陽へアクセスすることが可能です。光州から淳昌まではバスで約1時間10分、潭陽までは約1時間。いずれも光州総合バスターミナルからの出発です。旅程に余裕があるなら、「民主化の聖地」でありビエンナーレを開催する「芸術の都市」としても有名な光州も訪れる、3都市めぐりもおすすめです。
    市外バスの発着拠点・光州総合
    バスターミナル

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        ピックアップ特集記事
          お土産の定番!韓国海苔食べ比べ
          韓国土産の定番韓国のり!おすすめをランキング形式で紹介
          高速ターミナルで駅直結ショッピング!1dayモデルコース
          プチプラGOTOMALLから免税店まで!ご飯も網羅♪
          映像で旅する韓国~韓国絶景8選
          こんなところが!一度は行きたいおすすめスポット
          初心者にオススメ!韓国プチ美容医療特集
          アートメイクや韓方ダイエット!韓国美容クリニックで体験
          ソウルのうまいもん横丁
          ソウル各地に点在する専門店街
            注目のトピックス
              買い物好き必見!梨大(イデ)エリアガイド
              ファッション通りの洋服、韓国コスメなど魅力たくさん!
              韓国のコロナウイルス状況(随時更新)
              韓国での状況は今どうなっているの?
              初心者が必ず受けるべき韓国エステ
              コルギ!よもぎ蒸し!旅行者に人気のマストエステは?
              韓国古宮で愛でる春の花
              景福宮・昌徳宮など季節の花で華やぐ宮殿へ!
              設定