ついにノービザで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行特集記事
  • ノガリ横丁とは?
    乙支路3街駅の3・4番出口の裏路地に位置
    明洞(ミョンドン)からも程近い、地下鉄2・3号線が乗り入れる乙支路(ウルチロ)3街駅の3・4番出口付近の裏路地は、古くから印刷所や製紙工場が立ち並ぶエリアでした。

    現在も一方通行の狭い道路の両脇には、印刷関連や照明、タイル、工具などを取り扱う商店が多く残っていますが、夕方になると路上ビアガーデンに変わり、雰囲気が大衆的で情緒たっぷりだと、大きな注目を集めています。
    ノガリ横丁の誕生と変遷
    「乙支OBベアー」
    「乙支OBベアー」
    1980年に「乙支OBベアー」が、この一帯で働く労働者のためのビアホールを初めて開業しましたが、その後、公正取引委員会によって「酒類を取り扱う業種は食事を提供してはいけない」という法律が制定されました。

    ノガリ」とは「干し鱈(スケトウダラの稚魚の干物)」にコチュジャンをつけたものを指しますが、これを食事の代わりに、当時100ウォンという破格の値段で提供したところ大ヒット。その後、生ビールとノガリを安く提供する居酒屋が集まりはじめ、いつの間にやら人々の間で「ノガリ横丁(ノガリコルモッ)」と呼ばれるようになりました。
    ノガリとビール「ノメッ」
    ノガリとビール「ノメッ」
    当時は、地元の商店主や労働者が仕事上がりの一杯として、軽く飲んで帰宅するのが特徴でしたが、2014~15年頃から、若い世代向けに幅広いメニューを提供する店舗が人気になると、エリア外部の客も訪問し始め、店内に入りきれない客用に路上にテーブルと椅子を設置したのが路上ビアガーデンをはじまり、だと伝えられています。

    営業時間は店舗によりやや異なりますが、テーブルと椅子は主に天候の良い時期の夕方に設置され、寒い冬場はビニールテントを張った飲み屋屋台街になるなど、季節を問わず人気。地元のリピーターの間では「ノガリ」と「メッチュ(ビール)」の頭文字を取って「ノメッ」という造語も登場しました。
    一時、交通や防災上の観点から屋外営業に対して、行政からたびたび指導が入っていましたが、「ノガリ横丁」が2015年に「ソウル未来遺産」に選定され、2017年5月に地域活性化事業区域に指定されて以降、正式に屋外営業が認めらるようになりました。

    現在は、将来訪れるであろう再開発によって、このエリア自体が無くなってしまうのではないだろうか、と新たな問題が憂慮されています。
    ノガリの食べ方
    注文すると、店内で軽く炙られてから運ばれてくるので、食べやすい大きさに手で裂きます。運ばれてきた直後は、ノガリが熱い場合があるので火傷しないように注意しましょう。硬い頭と皮は残します。

    全て程よい大きさに裂き終えたら、ピリ辛のコチュジャンソースとマヨネーズに付けて味わいましょう。塩気はほとんどありませんが、噛んでいると、ふくよかなタラの旨みが奥から溢れてきて、生ビールに良く合います。
    背中を持ち上げ、皮から身をはぎ、細かくちぎる
    背中を持ち上げ、皮から身をはぎ、細かくちぎる
    ピリ辛の特製コチュジャンとマヨネーズにつけて食べる
    ピリ辛の特製コチュジャンとマヨネーズにつけて食べる
    「ノガリ横丁」にある人気店
    乙支OBベアー ※休業中
    1980年にオープンした、乙支路一帯で最初のビアホール店として知られる老舗店。ビールは、冷たくて、のどごしがさっぱりとしたものではなく、低温熟成させたマイルドで香ばしい味が評判です。おつまみは周辺の他店舗に比べると、ノガリやカワハギなど、シンプルなもののみを用意。
    満船HOF 本店
    ノガリはもちろん、フライドチキン、ソーセージ、トンカツ、鍋料理など幅広いおつまみを味わえるお店。本店は1階から2階まである大型店で、本店以外にも周辺に数店舗を構え、この一帯を代表する有名店に成長しました。
    ミュンヘンHOF
    ビールの本場・ドイツの人気都市ミュンヘンの名前が付いた店舗で、同じく路上にぎっしりとテーブル席が用意されます。ビールのおつまみには、ノガリやコルベンイ(ツブ貝の辛い和え物)、ムール貝のスープなどが人気です。
    明洞コルベンイ
    店名にもなっている「コルベンイ(ツブ貝の辛い和え物)」が特に人気のお店。乙支路3街駅の11・12番出口付近に「コルベンイ横丁」と呼ばれる専門店が多く集まっているお店が集まっていますが、同じメニューが「ノガリ横丁」でも食べられます。
    地図

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        ピックアップ特集記事
          韓国の大手芸能事務所が運営するお店
          K-POPファン必訪の韓流レストラン&ショップ
          乙支路3街 ノガリ横丁
          ノスタルジックな路上ビアガーデンといえばココ!
          ソウルのうまいもん横丁
          ソウル各地に点在する専門店街
          海雲台ビーチ エリアガイド
          韓国きってのマリンリゾート・ヘウンデの魅力を紹介
          韓国ソウルの人気展望カフェ
          展望台のような韓国カフェで韓国旅行の記念写真を!
            注目のトピックス
              ノービザでいつから行ける?ウィズコロナの韓国旅行
              隔離は?観光ビザの取得は?手続きの流れを紹介
              韓国旅行とコロナウイルスの状況(毎日更新)
              韓国旅行にいつから行ける?韓国のコロナの最新状況
              2泊3日 釜山旅行モデルプラン
              初めて釜山を訪れる人に!人気の定番観光地を巡るプラン
              韓国旅行持ち物チェック
              いざ韓国旅行!となった時に予習・復習を
              設定