ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行特集記事
  • 韓国でも「食欲の秋」と言われるほど秋の味覚は格別で、味良し&栄養も満点!秋ならではの食材と、旬の食材を活かした韓国料理をご紹介します。

    秋の韓国に訪れる人は、韓国の旬の幸をご堪能あれ!
    ワタリガニ(コッケ)
    ワタリガニの醤油漬け(カンジャンケジャン)
    価格の目安:約10,000~90,000ウォン
    価格の目安:約10,000~90,000ウォン
    新鮮なカニを甘めの醤油ダレに漬け込んだ、観光客にも人気の韓国のカニ料理「カンジャンケジャン」。醤油が染みこんだカニの身と濃厚な卵のハーモニーは絶品です!

    ワタリガニの旬といわれる収穫シーズンは春と秋の2回で、春は産卵期を前にしたメス、秋は栄養分をたっぷりと蓄えたオスが美味しいと言われています。
    たっぷり入ったカニの卵
    たっぷり入ったカニの卵
    甲羅に醤油ダレとご飯を混ぜて食べるのがツウ
    甲羅に醤油ダレとご飯を混ぜて食べるのがツウ
    蒸しワタリガニ(コッケチム)
    価格の目安:中(2~3人前) 約50,000ウォン~
    価格の目安:中(2~3人前) 約50,000ウォン~
    ワタリガニを蒸した料理。シンプルがゆえ、一層カニの身の甘さと旨みを感じられます。

    蒸したてのカニの身は、ふっくらほくほく。ハサミでざっくりとダイナミックに切り分け、手づかみで遠慮なくかぶりつきましょう!
    ワタリガニ鍋(コッケタン)
    カニがメインのコッケタン

価格の目安:中(2~3人前) 約30,000~40,000ウォン
    カニがメインのコッケタン

    価格の目安:中(2~3人前) 約30,000~40,000ウォン
    カニと様々な魚介入りの海鮮鍋(ヘムルタン)も美味
    カニと様々な魚介入りの海鮮鍋(ヘムルタン)も美味
    殻ごとまるっと入ったカニ、大根、春菊などの野菜を入れて唐辛子で辛く味付けしたボリューミーな鍋料理。カニの出汁がたっぷり染み出した濃厚スープは、カニ好きにはたまりません!
    大正海老(テハ)
    シーズンには地方でテハ祭りが開催される
    シーズンには地方でテハ祭りが開催される
    蒸し海老(テハチム)
    蒸し海老(テハチム)
    海老の一種で9~12月が旬。シーズン中は、新鮮な大正海老を刺身や蒸し料理で提供するお店も出てきます。
    価格の目安:約20,000ウォン~、定食は約15,000ウォン~
    価格の目安:約20,000ウォン~、定食は約15,000ウォン~
    近年「カンジャンケジャン」に似た「海老の醤油漬け(カンジャンセウ)」も観光客にも人気。中には、お一人様にうってつけのワンプレート形式の定食で提供するお店もあります。
    テナガダコ(ナッチ)
    テナガダコの寄せ鍋(ナッチチョンゴル)価格の目安:中(3~4人前) 約40,000ウォン~
    テナガダコの寄せ鍋(ナッチチョンゴル)
    価格の目安:中(3~4人前) 約40,000ウォン~
    9~2月にかけてが旬の「テナガダコ(ナッチ)」は、冬は干潟に入って繁殖活動に入るため、オスとメスともに栄養を蓄えている秋に味が良いとされます。

    生で食べてもよし、煮てもよし、炒めてもよしの多様な食べ方が魅力。

    活きのよいテナガダコの吸盤が口の中に吸い付く「テナガダコの踊り食い(サンナッチ、サンナクチ)」は、不思議な感覚と観光客にも人気です。
    ナッチビビンバ

価格の目安:約8,000ウォン~
    ナッチビビンバ
    価格の目安:約8,000ウォン~
    活きの良いテナガダコと新鮮なユッケをごま油で和えたもの(ナッチタンタンイ、ナクチタンタンイ)

価格の目安:約25,000ウォン~
    活きの良いテナガダコと新鮮なユッケをごま油で和えたもの(ナッチタンタンイ、ナクチタンタンイ)
    価格の目安:約25,000ウォン~
    コノシロ(チョノ)
    水産市場では、買った魚を市場内の食堂に持ち込んで調理してもらうこともできる

価格の目安:1kg 約20,000ウォン~
    水産市場では、買った魚を市場内の食堂に持ち込んで調理してもらうこともできる

    価格の目安:1kg 約20,000ウォン~
    刺身にして食べる場合は骨のままおろす背越しが一般的
    刺身にして食べる場合は骨のままおろす背越しが一般的
    「コノシロを焼いたら家を出た嫁も帰ってくる」という言葉があるほど、10~11月のコノシロは味も栄養も抜群。脂が多く味もよいため、昔から身分の高低を問わず韓国の人々に好んで食べられてきました。焼き魚にして食べられることが多い家庭料理です。

    ちなみに、金銭を気にせず購入できたことから「銭魚(チョノ)」と呼ばれるようになったといわれています。
    サンマ(コンチ)・鯖(コドゥンオ)・太刀魚(カルチ)
    鯖の塩焼き定食

価格の目安:約9,000ウォン~
    鯖の塩焼き定食
    価格の目安:約9,000ウォン~
    太刀魚の煮付け(カルチチョリム)

価格の目安:約8,000ウォン~
    太刀魚の煮付け(カルチチョリム)
    価格の目安:約8,000ウォン~
    日本でも馴染みがある秋が旬の魚。定番の焼き魚にして韓国の家庭やお店で食べられます。また、韓国の唐辛子味噌(コチュジャン)を使った煮魚(センソンチョリム)は、淡白な魚の身と唐辛子味噌のハーモニーがたまりません。
    松茸(ソンイポソッ)
    市場では生の松茸が出回ることも
    市場では生の松茸が出回ることも
    松茸のお粥

価格の目安:約10,000~20,000ウォン
    松茸のお粥
    価格の目安:約10,000~20,000ウォン
    韓国の松茸の名産地である江原道(カンウォンド)・襄陽(ヤンヤン)では、9月下旬から10月中旬が主な収穫時期。香り良し、味良しの松茸は、韓国でも高級食材です。

    秋の味覚の王者とされる松茸を韓国の食堂で試すならお粥がおすすめ。あっさりとした味わいの中にも、香り高い松茸を感じられ、刺激的な韓国グルメで胃が疲れ気味のときにもぴったりです。
    韓国秋の名物屋台グルメ~焼き芋、焼き栗~
    焼き芋

価格の目安:3つ 約3,000ウォン
    焼き芋
    価格の目安:3つ 約3,000ウォン
    焼き栗

価格の目安:1袋 約5,000ウォン
    焼き栗
    価格の目安:1袋 約5,000ウォン
    日本では最近見かけなくなった焼き芋や焼き栗の屋台ですが、韓国では街のあちこちで見かける秋の風物詩。秋の味覚をお手頃に楽しめ、ソウルの街歩きや小腹が空いたときのおやつにぴったりです。
    コネストで韓国現地の秋グルメ・レストランを予約!
    「韓国語はできないけど韓国旅行で事前にあのグルメ店の予約をしたい!」「休業日やブレイクタイムで行けなかった場合はショックだから、訪問予定の日時にオープンしているか事前に確実に調べたい!」そんな風に思ったことはありませんか?

    コネストの韓国レストラン・グルメ予約サービスを利用すれば、あなたに代わって現地のオペレーターが韓国語で訪問予定日時の予約可否を直接お店に問い合わせ、可能なら即予約致します。お店はコネストで紹介していないお店でもOK!

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        ピックアップ特集記事
          韓国の大手芸能事務所が運営するお店
          K-POPファン必訪の韓流レストラン&ショップ
          ショッピングに食べ歩き屋台!南大門市場エリアガイド
          ソウルの巨大市場をおすすめから行き方まで徹底解剖
          ソウルのうまいもん横丁
          ソウル各地に点在する専門店街
          韓国クリニックでアートメイク!知っておきたい基礎知識
          美しく仕上げるコツや日本語OKの専門クリニックをご紹介
          冬の釜山旅行、海雲台おすすめスポット
          釜山で展望台や海岸列車、スキーまで満喫
            注目のトピックス
              2泊3日 釜山旅行モデルプラン
              初めて釜山を訪れる人に!人気の定番観光地を巡るプラン
              韓国・冬の寒さ対策マニュアル
              凍てつく!?痛い!?極寒シーズンにおすすめの服装!
              韓国旅行のPCR検査タイミング計算機
              韓国旅行に必要なPCR検査時期を自動計算!
              年末年始の韓国
              日本とは違う?年末年始に韓国旅行する方はチェック
              設定