検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行特集記事
  • こんにちは!漢陽(ハニャン)大学国楽科にて、韓国の伝統音楽を専攻している留学生レポーターのひかりです。

    韓国伝統公演の魅力は、なんといっても韓国文化の根にある真髄的な部分を感じられることです。今回は、音楽・舞踊・演劇などが1つになっている総合公演、伝統音楽オーケストラ公演、伝統音楽ミュージカル公演という風にジャンルを分け、ソウル市内の代表的な鑑賞スポットをご紹介します。

    NANTA(ナンタ)」などの迫力あるパフォーマンスも必見公演の一つですが、現代的な要素を取り入れ旅行者向けにアレンジされたフュージョン公演でなく、本物の韓国伝統芸術に触れることができるので、伝統芸能に関心がある方は特に必見です!
    【伝統総合公演】国立国楽院
    質の高い国楽を1万ウォンから観覧できる!
    常設公演:土曜 /価格:1~2万ウォン
    ソウル市南部に位置する「国立国楽院(クンニックガグォン)」
    ソウル市南部に位置する「国立国楽院(クンニックガグォン)
    楽器、舞踊、歌の3要素を一つの公演で楽しむことができる、「土曜名品公演」
    楽器、舞踊、歌の3要素を一つの公演で楽しむことができる、「土曜名品公演
    ソウル市内で唯一、曜日を固定した常設公演が見られる「国立国楽院」では、2017年に音響設備がバージョンアップした新しいホールで、上質の公演を観覧できます。

    初心者でも分かりやすい曲目で構成されているので、「伝統的な公演というと堅苦しくて難しいのでは?」という方も、あまり心配は要りません。
    【伝統音楽オーケストラ公演】世宗文化会館
    韓国最古の歴史あるソウル市立国楽管弦楽団が専属
    不定期公演 / 価格:1~5万ウォン
    韓国伝統音楽オーケストラのことを国楽管弦楽と言い、西洋オーケストラのように指揮者の指揮に合わせて奏でられる伝統楽器の演奏は、とても格好いいです。

    韓国で一番古い伝統音楽オーケストラ団である、ソウル市立国楽管弦楽団が専属しており、世界レベルの公演を見ることができます。
    【伝統音楽ミュージカル公演】国立劇場
    伝統楽器の伴奏・唄い方で繰り広げられるミュージカルは必見!
    不定期公演 / 価格:2~5万ウォン
    4つある公演場の中でも1,563席の収容量を誇る「ヘオルム(日の出)劇場」
    4つある公演場の中でも1,563席の収容量を誇る「ヘオルム(日の出)劇場」
    1962年設立の伝統音楽ミュージカル団である国立唱劇団が専属しており、レベルの高いミュージカル公演を見ることができます。

    西洋のミュージカルとは違い、伝統楽器の伴奏に合わせ、伝統的な唱法で歌うミュージカルは、韓国に来たなら一度は見るべき!
    【多ジャンルの伝統公演】ソウル南山国楽堂
    人気観光地・明洞から徒歩圏内でアクセス良好♪
    不定期公演 / 価格:1~3万ウォン
    旅行者の方がよく訪れる明洞(ミョンドン)から徒歩でも行ける近さが魅力的な「ソウル南山国楽堂(ナムサンクガッタン)」
    旅行者の方がよく訪れる明洞(ミョンドン)から徒歩でも行ける近さが魅力的な「ソウル南山国楽堂(ナムサンクガッタン)
    公演の一幕
    公演の一幕
    「ソウル南山国楽堂」は文化体験施設「南山(ナムサン)コル韓屋(ハノッ)マウル」の中にあるので、韓屋マウルを見学した帰りに立ち寄るのも良いかもしれません。

    公演内容は歌、楽器、舞踊、伝統演劇と多様。その時々で異なるため、詳細はあらかじめ公式サイト(韓国語)で確認していくことをオススメします。
    【多ジャンルの伝統公演】ソウル敦化門国楽堂
    期間ごとにテーマが変わる!いろいろなジャンルの伝統公演を見るならココ!
    不定期公演 / 価格:5千~1万ウォン
    古宮「昌徳宮(チャンドックン)」の向かいにある「ソウル敦化門国楽堂(ソウルトナムンクガッタン)」。「昌徳宮」の観光帰りに立ち寄るのもオススメ!
    古宮「昌徳宮(チャンドックン)」の向かいにある「ソウル敦化門国楽堂(ソウルトナムンクガッタン)」。「昌徳宮」の観光帰りに立ち寄るのもオススメ!
    公演場は138席と小規模な分、間近で韓国の国楽・伝統音楽を楽しめるところが魅力
    公演場は138席と小規模な分、間近で韓国の国楽・伝統音楽を楽しめるところが魅力
    通常3ヶ月ごとに区切ってテーマが変わり、例えば伝統演技、その次は楽器独奏などいろいろなジャンルの公演を見ることができるので、韓国リピーターの場合は季節ごとに足を運んでみても良さそうです。

    また、「ソウル敦化門国楽堂」周辺には伝統楽器や伝統衣装・チマチョゴリ(韓服、ハンボッ)を売るお店が集まっているので、見て回るだけでも楽しめます。
    私が実際に見た公演はコチラ
    国立国楽院「土曜名品公演」

時期:2017年1月

2017年の旧正月(ソルラル)に見に行ったので、お正月感を出そうと、「生活韓服(センファルハンボッ)」と呼ばれる現代風のチマチョゴリを着ていきました。

なんとこの日は旧正月のためチマチョゴリ特別割引を行なっており、50%OFFに♪
    国立国楽院「土曜名品公演」
    時期:2017年1月
    2017年の旧正月(ソルラル)に見に行ったので、お正月感を出そうと、「生活韓服(センファルハンボッ)」と呼ばれる現代風のチマチョゴリを着ていきました。
    なんとこの日は旧正月のためチマチョゴリ特別割引を行なっており、50%OFFに♪
    国立国学院「民俗楽団定期公演」

時期:2016年8月

同じ師匠の門下である、大先輩の先生が出演する公演。先生が舞台の上ですごく輝いていて、私もいつか先生のようになれるよう、頑張ろうと思いました。公演後は記念写真もばっちり撮影☆
    国立国学院「民俗楽団定期公演」
    時期:2016年8月
    同じ師匠の門下である、大先輩の先生が出演する公演。先生が舞台の上ですごく輝いていて、私もいつか先生のようになれるよう、頑張ろうと思いました。公演後は記念写真もばっちり撮影☆
    世宗文化会館「漢陽(ハニャン)そしてソウル、ソウルで夢見る」

時期:2016年9月

ソウル市国楽管弦楽団の公演で、ソウル市立という楽団名によく似合う、ソウル市をテーマにした演奏曲がとても格好良かったです。
    世宗文化会館「漢陽(ハニャン)そしてソウル、ソウルで夢見る」
    時期:2016年9月
    ソウル市国楽管弦楽団の公演で、ソウル市立という楽団名によく似合う、ソウル市をテーマにした演奏曲がとても格好良かったです。
    国立劇場「ここに私たちの音楽がある:ヨウラク」

時期:2015年7月

ジャズと韓国伝統音楽、バレエが融合した創作音楽公演!客席と舞台がとても近い分、迫力満点でした。
    国立劇場「ここに私たちの音楽がある:ヨウラク」
    時期:2015年7月
    ジャズと韓国伝統音楽、バレエが融合した創作音楽公演!客席と舞台がとても近い分、迫力満点でした。
    チケットは現地での購入がオススメ
    チケットの購入方法は、現地購入、電話予約後口座振り込み、インターネットにてクレジットカード購入の3つがあります。

    電話予約後口座振り込みは日本からの予約が難しく、インターネットにてクレジットカード購入は、韓国の携帯番号や外国人登録証(または住民登録証)の番号を利用し、本人確認の上、会員登録が必須なので旅行者の方は、現地購入がオススメ。

    現地購入のチケットブースは公演1時間前にオープンするので、ご参考下さい。

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        ピックアップ特集記事
          韓国カフェに雑貨!望遠洞の人気店をめぐる半日モデルコース
          ソウルの注目エリア・マンウォンドンのおすすめ観光プラン
          広蔵市場うまいもん通り
          屋台で朝食も!韓国の巨大市場はユッケにチヂミに勢揃い
          お土産の定番!韓国海苔食べ比べ
          韓国土産の定番韓国のり!おすすめをランキング形式で紹介
          ソウルのうまいもん横丁
          ソウル各地に点在する専門店街
          映像で旅する韓国~韓国絶景8選
          こんなところが!一度は行きたいおすすめスポット
            注目のトピックス
              韓国ドラマ視聴率ランキング2020
              韓ドラの新名作が続出!2020年話題の人気作は何位に?
              旅行前に必見!韓国料理人気ランキング
              定番から流行メニューまで日本人が好きな韓国の食べ物といえば?
              韓国のコロナウイルス状況(随時更新)
              韓国での状況は今どうなっているの?
              韓国の先生の日(ススンエ ナル)
              5月15日は「先生の日」!恩人に感謝の気持ちを伝えよう
              設定