検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行特集記事
  • 韓国ゲストハウス利用時に知っておくべき10か条

  • お気に入り11
  • 安価で家庭的、他の宿泊者との交流も生まれることもあるゲストハウス。

    しかし、サービスや施設のグレードに応じてランク付けされている「ホテル」とは異なり、ゲストハウスと言っても内容は千差万別。スタッフの対応はもちろん宿泊時のルールに至るまでゲストハウスごとに違います。

    宿泊時にトラブルとならないよう、利用する前に「ゲストハウス」の特徴を知っておきましょう。
    1.ゲストハウスはホテルではない
    安価で宿を提供する代わりにその他サービスはしないというのがゲストハウスの基本です。宿泊者の自主性を尊重するとともに、ゲストハウスのルールに従うことを要求されます。

    おもてなしを意味するホスピタリティがその名の由来であるホテルとは対照的。日本では民宿であってもサービスが行き届いていたりすることも多いですが、韓国では他の諸外国同様、淡白な対応がほとんど。

    もちろん一部には日本語が堪能でサービス精神旺盛なオーナーもいますが、 我関せずというそっけない態度を取られることも少なくありません。
    2.予約していても時間に遅れるとチェックインできないことがある
    ホテルの場合、チェックイン予定日の0時までであれば、チェックイン時間に少々遅れても大きく問題になりません。フロントが24時間体制だからです。

    しかし、ゲストハウスの場合、チェックイン時間に遅れると「宿泊をキャンセルした客」と見なされて部屋がなくなったり、立ち入りができなくなり、宿泊できないことがあります。

    また事前にチェックイン時間の変更を連絡しても締め切り時間を過ぎていれば対応してもらえないこともあります。夜遅い到着の場合は遅延のリスクを考えてゲストハウスの宿泊を避けるのが無難でしょう。
    3.チェックイン時間にスタッフがいないこともある
    時間にうるさいようでチェックイン時にスタッフがいないこともあるのがゲストハウス。ホテルと違ってスタッフ数が少ないため、常駐が困難だからです。

    ただし、基本的にはチェックイン時には待機してくれています。「すぐ戻るつもりで、ちょっと近所まで出かけた」ということもしばしば。

    もしスタッフがいない場合は、慌てずに直接ゲストハウスに電話をするか、予約確認書(バウチャー)を確認の上、コネスト予約センターまでお問い合わせください。
    4.予約が入っていないと言われても慌てない
    ホテルの場合、おもてなしの基本姿勢があるので、あれこれ調べてくれたりして事なきを得ることもあるのですが、ゲストハウスの場合は対応が不親切だと感じることも。

    慌てずに「名前」「チェックイン日」で再度確認するように要求してみましょう。

    また、コネストでご予約の場合でも提携会社のプランでご予約頂いているケースもあるので予約確認書(バウチャー)にエクスペディアのロゴがあればExpedia Reservation No.が記載されています。エクスペディアでの予約になっていないかをゲストハウスに尋ねてみてください。
    5.ゲストハウスには宿泊者が受け取れる鍵はない
    韓国のゲストハウスでは、玄関は自動電子ロック、客室に鍵がないという場合が多く、自動電子ロックの場合はチェックイン時に暗証番号を教えてくれます。

    韓国の一般家庭では当たり前になっている自動電子ロックですが、慣れない旅行者には少し不安。自動電子ロックを操作できずに締め出された、なんてことのないように不安な方は外出前に一度練習をしておくことをおすすめします。
    6.貴重品の保管は自己責任
    ゲストハウスでは客室ごとに鍵が付いていないことが多く、荷物や貴重品の管理は個人に任せられています。

    ゲストハウス内に鍵付きロッカーがあるかなど、貴重品の保管方法については必ず確認をしておきましょう。
    7. ドミトリーとは相部屋のこと
    宿泊費を抑えたいときの強い見方、ドミトリー。ドミトリーとは数人で1部屋を使用するタイプで、多くは2段ベッドが設置されています。

    最近では女性のみ宿泊可能な女性専用ドミトリーも増えてきていますが、男女混合で使用するドミトリーも存在します。
    8.施設は24時間利用できない
    ゲストハウスはトイレ、シャワー、キッチンなどの施設を共同で利用することになります。

    基本的には24時間使用できるのですが、夜中に音を立てる行為や多くの人が利用する朝の時間帯に施設を占領したりすることは控えるのがマナー。他の宿泊者の迷惑にならないように配慮しあうことが必要です。
    9.基本言語は英語
    日本語が話せる人が多い韓国。しかし一昔前と違って日本語よりも英語や中国語にシフトしてきているため、日本語が通じないゲストハウスが多くなってきました。

    特に近年は外国人旅行者の増加に伴いゲストハウス数も増加。日本人客をターゲットにしていないゲストハウスも多いので、基本言語は英語となっているようです。
    10.チェックアウト時間にスタッフがいないこともある
    ゲストハウスの場合、ミニバーなどの有料サービスがないため、チェックアウト時に精算することはありません。フロントに鍵を返せばチェックアウト完了です。

    そのためスタッフがいない可能性も大。ゲストハウスごとにチェックアウトの方法が異なるので、事前に確認しておくことがポイントです。


    また、鍵やレンタル品のデポジットを払っている場合は、チェックアウト前日までに返品・返金してもらうのを忘れないようにしましょう。
    ※この内容はよくあるトラブルから構成されたもので、すべてのゲストハウスにあてはまるものではありません。
    地図
  • 韓国ホテル予約
  • エリア
    指定しない
  • 日付
    21/05/17(月)~21/05/18(火)、1泊
ホテルトップページに戻る

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        ピックアップ特集記事
          おしゃれエリア・カロスキル(新沙洞 街路樹通り)を徹底攻略!
          人気ショッピングスポットやおしゃれ韓国カフェも必見
          初心者にオススメ!韓国プチ美容医療特集
          アートメイクや韓方ダイエット!韓国美容クリニックで体験
          これぞ王道!2泊3日初めての韓国・ソウルよくばり観光プラン
          明洞、東大門に南大門!おすすめ人気スポット全制覇
          お土産の定番!韓国海苔食べ比べ
          韓国土産の定番韓国のり!おすすめをランキング形式で紹介
          ソウルのうまいもん横丁
          ソウル各地に点在する専門店街
            注目のトピックス
              若者の街!弘大(ホンデ)おすすめスポットガイド
              アートから夜遊びまで!弘大エリアを徹底解説
              韓国のコロナウイルス状況(随時更新)
              韓国での状況は今どうなっているの?
              韓国の先生の日(ススンエ ナル)
              5月15日は「先生の日」!恩人に感謝の気持ちを伝えよう
              初めての韓国旅行で気をつけたい13のこと
              知っておけば慌てない!韓国旅行初心者の注意点をご紹介
              設定