検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行特集記事
  • 南大門グルメ「カルグクス横丁」
    南大門グルメ「マンドゥ(肉まん)」
    600年以上もの歴史を誇る南大門市場(ナンデムンシジャン)は、韓国人だけでなく多くの旅行者が訪れる人気スポット。市場のメインストリートから左右に延びる細い路地裏には、数々のうまいもん横丁が潜んでおり、ショッピングだけでなく絶品韓国グルメからローカル屋台フードまで堪能できる魅惑のエリアとしても有名です。

    「おいしい」が止まらない、おすすめの南大門市場ご飯をナビゲートします!
    南大門市場3大うまいもん横丁
    ディープな美味さがたまらない!カルグクス横丁
    幅1メートルもない細い通路の両脇に10軒ほどの屋台式「カルグクス(韓国式手打ち麺)」店がぎっしりと並ぶ「カルグクス横丁(カルグクス通り)」。入口を抜ければ、そこはディープな香りがぷんぷん漂う別世界が広がります。

    地元民に交じり隣の人と肩を寄せ合いながらいただくというローカル感が醍醐味!お店のアジュンマ(おばさん)たちが、「おいでおいで」と手招きしながら活気あふれる声をかけてきます。

    多くは営業時間がおおよそ朝7時から夜7時のため、朝食やランチ使いによいでしょう。場所は、地下鉄4号線会賢(フェヒョン)駅5番出口をメインストリートに向かって進むと、左側にビニールで作られた入口が現れます。
    カタクチイワシ、昆布、ネギ、大根、唐辛子などを数時間煮込んだスープ
    カタクチイワシ、昆布、ネギ、大根、唐辛子などを数時間煮込んだスープ
    名物グルメ「カルグクス」
    コクのあるさっぱりスープとうどんに似たもちもちの麺が食べるほど病みつきに。スープに溶ける韓国海苔の塩味もクセになります。
    ローカル市場らしい太っ腹なシステム
    ローカル市場らしい太っ腹なシステム
    どの店もカルグクス、冷麺ポリパッ(麦飯)を扱っており、カルグクスを頼むと小皿の冷麺がサービスという具合に、メイン+小皿で構成されているのが南大門市場カルグクス横丁式です。

    最初はそのボリュームに驚きますが、気がつけば器はきれいにからっぽ。女性でも1セットゆうに平らげられます!
    おすすめ店「巨済食堂(コジェシッタン)」
    数々の韓国メディアで紹介されたほか、日本の韓国好き芸能人も訪れるという人気食堂。お店では注文と同時に調理を開始。アジュンマのテキパキとした手さばきで、次々に料理ができあがっていきます。
    雰囲気も料理も二重丸
    雰囲気も料理も二重丸
    カルグクス麺を手際よくカット
    カルグクス麺を手際よくカット
    看板を目印に
    看板を目印に
    甘辛ソースが染みるホロホロの太刀魚!「太刀魚横丁」
    日本ではあまり見かけない太刀魚(カルチ)の辛い煮付け「カルチジョリム(太刀魚の煮付け)」を堪能できる「太刀魚横丁」。南大門市場のメインストリートを1本入った路地裏にあり、通りには10ものお店が軒を連ねます。

    店先に並ぶのはグツグツと煮立つカルチジョリムの鍋。通りには太刀魚を煮る甘辛い香りが漂い、目と鼻で比較しながら、お店を選ぶのもアリです!
    一食をしっかり摂ることができる
    一食をしっかり摂ることができる
    名物グルメ「カルチジョリム」
    ご飯パンチャン(おかず)とともに定食で提供されます。

    太刀魚は、身が骨からスッと剥がれるほどじっくり煮込まれています。見た目とは裏腹に辛さ控えめなタレが中までしっかり染み、どこか懐かしい家庭的な味わいです。

    甘辛味のカルチジョリムはご飯と相性抜群。
    おすすめ店「中央食堂(チュンアンシッタン)」
    太刀魚横丁の中でも1、2を争う老舗。醤油ベースの煮汁は、ネギや大根の甘さが加わり、真っ赤な見た目に反し、辛いものが苦手な人も食べやすいのが特徴。1人分から注文OK、夜ご飯の利用も可能です。
    辛さの中に甘味を感じる香り
    辛さの中に甘味を感じる香り
    白いご飯と言うことなしのマッチング!
    白いご飯と言うことなしのマッチング!
    港湾都市直送の新鮮な太刀魚が自慢
    港湾都市直送の新鮮な太刀魚が自慢
    コリアンフードが何でも揃う?「韓国料理うまいもん横丁」
    ビビンバ」や「チヂミ」など、店先に多種多様な料理のサンプルが並ぶ食堂街「韓国料理うまいもん横丁」。「トッポッキ」や「オデン」など定番のおやつ屋台も揃っており、この通りだけでも韓国料理はほぼ制覇できるかも?

    韓国料理うまいもん横丁への行き方は、「南大門路地下ショッピングセンター」5番出口を出てすぐ。南大門市場のGate2とGate3の間の路地にあります。
    もちもち韓国フード「トッポッキ」
    もちもち韓国フード「トッポッキ」
    サンプルを見ているだけでも楽しい
    サンプルを見ているだけでも楽しい
    座りながら屋台フードを楽しめる
    座りながら屋台フードを楽しめる
    行列のできるB級食べ歩きフードも欠かせない!
    小腹を満たすのにぴったりなおやつ屋台は、南大門市場のメインストリートを中心に市場内至るところにあります。夕方にかけ食べ歩き屋台が出現する明洞(ミョンドン)と比べ、固定位置で決まった食べ物を販売するお店が多く、営業時間も朝10時から夕方6時までと日中がメインです。

    南大門市場人気メニューの「ホットク」「マンドゥ」のほか、韓国の練り物「ハッバー」や韓国式焼き鳥「タッコチ」、夏にはカットフルーツやフレッシュジュースを扱うお店も。

    夜になると、どこからともなくポジャンマチャ(お酒などを出す屋台)が現れるのも南大門屋台の特徴です。
    もっちり生地を揚げた「チャプサルドーナツ」
    もっちり生地を揚げた「チャプサルドーナツ」
    韓国の練り物「ハッバー」
    韓国の練り物「ハッバー」
    お好みフルーツのフレッシュジュースを
    お好みフルーツのフレッシュジュースを
    おすすめ店「カメコルイェンナルソンワンマンドゥ&ソンカルグッス」
    餡がぎっしり詰まった薄皮の「マンドゥ(肉まん)」は、辛口(メウンマッ)と普通(スナンマッ)の2種類。口に含むと熱々の肉汁が広がります。できたてマンドゥを求めひっきりなしに客が訪れる、南大門市場の人気店です。
    ジューシーな熱々の肉汁が口の中に広がる
    ジューシーな熱々の肉汁が口の中に広がる
    店先には常にマンドゥの湯気と客の列が
    店先には常にマンドゥの湯気と客の列が
    おすすめ店「南大門野菜ホットク」
    行列が絶えない南大門市場の屋台ホットク。人気の「野菜ホットク」は、玉ねぎやにんじん等の具材がたっぷり入ったボリューム満点の一品。鉄板の上でカリッと揚げられたホットクに醤油ベースのオリジナルソースを塗っていただきましょう。
    中には玉ねぎ、にんじん等の野菜、春雨がぎっしり
    中には玉ねぎ、にんじん等の野菜、春雨がぎっしり
    南大門市場の有名なホットク屋台といえばここ!
    南大門市場の有名なホットク屋台といえばここ!
    南大門市場グルメを満喫した留学生のまりな(左)とあすか(右)
    南大門市場グルメを満喫した留学生のまりな(左)とあすか(右)
    五感で楽しめる南大門市場。一歩足を踏み入れれば、随所にうわさのグルメ店が潜む魅惑のスポットです。

    今回食べた全てがおいしく、改めて南大門市場の魅力を実感しました。人情溢れる市場の人々も素敵。訪れた者を後悔させません。

    お土産店も豊富でショッピングも楽しめるので、買い物がてらまた満腹のグルメツアーをしに来たいと思います。
    他にもまだまだ!ソウルのグルメ横丁

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        ピックアップ特集記事
          明洞ファッションスポット・カタログ
          おすすめ買い物スポット!韓国ブランドから免税店まで
          カップル旅行におすすめ!充実韓国旅行ガイド
          カップルで楽しむ韓国旅行とは?2人だけの思い出作り!
          ピンスで有名な韓国カフェBEST6
          人気チェーンから話題の注目店まで韓国かき氷食べつくし!
          KONESTスタッフいちおし!韓国土産
          定番コスメからリピーター向けまで!必見のお土産リスト
          韓国伝統家屋が密集!北村韓屋村をぶらり散策
          行き方は?絶景写真スポットやおすすめ韓国カフェもご紹介
            注目のトピックス
              明洞屋台グルメ食べ歩き2019
              チーズドッグも!定番から新顔まで今食べたいのはコレ
              価格別に紹介!お土産におすすめの韓国シートマスク
              安いのはどれ?機能性なら?人気商品をチェック
              必ず買って帰りたいおすすめ韓国土産10選 2019
              コレを買えば間違いなし!トレンドお土産まとめ
              手ぶらで動けて快適!韓国スーツケース配送サービス
              仁川・金浦空港⇔ホテルの移動を身軽に!利用TIPもご紹介
              設定