検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

韓国料理ガイド

  • ジャンル
  • ビビンバ
    비빔밥 / ビビンパッビビムバ
    辛さレベル 
    価格帯  7,000~15,000ウォン 
    「ビビンバ」とは、ご飯の上に野菜や山菜のナムル(和え物)を彩りよく盛り付けた韓国を代表するご飯料理です。韓国語で「ビビンバ」のビビンは「混ぜ」、バッ(パッ)は「ご飯」を意味します。食べる前にピリ辛のコチュジャン(唐辛子味噌)を少しずつ加えながら辛さを調整し、スプーンでよくかき混ぜていただきます。グループはもちろん、おひとりさまでも気軽に食べられる韓国料理の定番。自宅でも簡単に作れる韓国手料理です。

  • 죽 / チュッお粥
    辛さレベル 
    価格帯  8,000~20,000ウォン 
    米やもち米粉に水やダシを加え、よく煮詰めて作る韓国の「お粥」。あっさりとした味わいで消化も良いため、胃が弱ったときなどによく食べられます。種類は日本以上にバラエティーに富んでおり、専門店では海産物や野菜など多様な具材を使った粥メニューを揃えています。日本からの旅行客には、韓国旅行中の朝食にも便利で、トレイに運ばれてくるので、おひとりさまでも頂けます。
  • クッパ
    국밥 / クッパッスープご飯
    辛さレベル 
    価格帯  5,000~15,000ウォン 
    「クッパ」とは、韓国語で「クッ」はスープ、汁。「パッ」はご飯を意味するように、スープとご飯を組み合わせた韓国料理を指し、「クッパッ」「クッパプ」とも表記されます。日本で「クッパ」といえば、一般的に焼肉店のシメで食べる雑炊・お粥といったイメージですが、韓国では素材の味を活かした味わい深いスープが特徴で、種類も多様。低価格で満腹感が得られる庶民派料理の代表格です。
  • テジクッパ
    돼지국밥 / テジクッパ豚スープご飯
    辛さレベル 
    価格帯  7,000~9,000ウォン 
    「テジクッパ」とは、韓国南東部の慶尚道(キョンサンド)地方の郷土料理で、釜山(プサン)周辺で良く食べられる人気の韓国料理です。韓国語でテジは豚、クッはスープ、パッはご飯を指し、豚肉の各部位を煮込んだスープにご飯と肉を入れたメニューは素朴な味わい。グループでも、おひとりさまでも比較的リーズナブルな価格で気軽に食べられ、日本からの観光客の間でも釜山旅行中のマストグルメとして良く知られています。
  • ポリパッ
    보리밥 / ポリパッ麦飯
    辛さレベル 
    価格帯  6,000~10,000ウォン 
    「ポリパッ」とは、韓国語で「ポリ」は麦、「パッ」はご飯という意味の通り、麦ご飯を指します。韓国では三国時代の記録などにも麦に関連するものがあり、古くから食べられてきた、と伝えられています。かつて、朝鮮戦争直後の米が不足していた時期によく食べられましたが、近年、健康志向の高まりからソウルなどの都市部でも食べやすくアレンジして提供する専門店が増えました。
  • サンパッ
    쌈밥 / サムパッ包みご飯
    辛さレベル 
    価格帯  12,000~30,000ウォン 
    「サンパッ」とは、韓国語で「包みご飯」を指す言葉で、様々な葉野菜でご飯やおかず、お肉などを包んで味わう韓国料理です。緑色が鮮やかな野菜とともに、テーブルにはたくさんのおかずが並び見た目も豪華。健康志向の強い韓国で人気あるヘルシーメニューの1つです。
  • 栄養ご飯
    영양밥 / ヨンヤンパッ
    辛さレベル 
    価格帯  10,000~20,000ウォン 
    栗やナツメ、松の実、銀杏など、栄養豊富な材料と米を一緒に炊き込んだ「栄養ご飯(ヨンヤンパッ)」。米は白米やもち米が使われ、もっちりとしたご飯の食感と素材の持つ素朴な味わいを楽しめます。通年で出すお店が多いですが、各地域の特産品が旬を迎える頃に現地で味わってみたい韓国料理です。
  • ヌルンジ
    누룽지 / ヌルンジおこげスープ
    辛さレベル 
    価格帯  2,000~8,000ウォン 
    「ヌルンジ」とは韓国語で、釜や鍋でご飯を炊くと底にできるおこげを指し、おこげを使った料理の総称でもあります。韓国料理店では、釜飯のおこげにお湯やお茶を注ぎ、ふやかして食べる「ヌルンジタン(おこげスープ)」として目にする機会が多く、香ばしく素朴な味わいが特徴です。さらっと食べられるため、メインの料理を食べた後のシメにピッタリだと観光客にも人気です。
設定