検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

韓国料理ガイド

  • ジャンル
  • ソルロンタン
    설렁탕 / ソルロンタン牛骨スープ
    辛さレベル 
    価格帯  8,000~12,000ウォン 
    「ソルロンタン」とは、牛の頭・足・膝・膝裏の肉・胸肉・内臓などをじっくり時間をかけて煮込んだスープ料理です。素材の旨味が十分に染み出た乳白色のスープは、コクがありながらも意外にあっさり。辛くなく、朝食や二日酔いの朝に食べたりと、観光客にも人気の韓国料理の一つです。一人前用の石鍋などに入って運ばれてくるので、おひとりさまでも食べられます。
  • プデチゲ
    부대찌개 / プデチゲ部隊チゲ
    辛さレベル 
    価格帯  8,000~15,000ウォン 
    「プデチゲ」とは、「部隊(プデ)・鍋(チゲ)」という意味で、朝鮮戦争以降、米軍から流れてきたスパムやソーセージをキムチチゲに入れたのが始まりで、軍部隊の多かったソウル近郊の議政府(ウィジョンブ)市が発祥と伝えられています。キムチ、野菜、チーズ、餅など好きなものを入れて食べるのが現在のスタイルで、どこかジャンクな味とボリューム感で、若い世代中心に人気。グループでの食事の定番です。
  • カムジャタン
    감자탕 / カムジャタン豚背肉煮込み鍋
    辛さレベル 
    価格帯  20,000~40,000ウォン 
    「カムジャタン」とは、骨付きの豚の背肉または首肉を、じゃがいも、葉野菜などと一緒に薬味が入ったピリ辛スープで煮込んだ韓国鍋料理です。お店によっては「カムジャクッ」とも呼ばれます。箸で挟めないほど大きな骨についた肉は、豪快にかぶりつくのが現地式の食べ方。残ったスープでポックムパッ(炒めご飯)をしても美味。韓国焼酎などのお酒のアテに好まれるほか、呑んだ翌日の酔い覚ましスープとしても活躍します。
  • スンドゥブチゲ
    순두부찌개 / スンドゥブチゲおぼろ豆腐チゲ
    辛さレベル 
    価格帯  6,000~12,000ウォン 
    「スンドゥブチゲ」とは、韓国語で「スンドゥブ(純豆腐)のチゲ(鍋料理)」という意味の韓国料理です。家庭料理の定番メニューですが、豆腐料理専門店やキムパッ(韓国海苔巻き)などの軽食店などでも食べられます。魚介類や野菜とスンドゥブを唐辛子ベースの調味料で煮込み、おかずと一緒に1人前ずつ石鍋の定食スタイルで運ばれてきます。やや辛めですが卵がマイルドさをプラス。日本からの観光客にも美味しい!と韓国旅行中の朝食やランチに人気のメニューです。
  • ヘジャングッ
    해장국 / ヘジャンクッ解酲(酔い覚まし)スープ
    辛さレベル 
    価格帯  6,000~10,000ウォン 
    「ヘジャングッ」とは、お酒を飲んだ翌日に食べる、アツアツのスープが疲れた胃腸を整えてくれる酔い覚ましのスープです。ヘジャンとは、韓国語で「二日酔い解消」という意味で、漢字で解酲、解腸と書くことも。とうがらしを用いたピリ辛スープに、豆もやしや葉野菜、牛の内臓などを入れて煮込んだスープで、ご飯や、おつまみのキムチ、カットゥギと一緒に味わいます。
  • キムチチゲ
    김치찌개 / キムチチゲ
    辛さレベル 
    価格帯  5,000~10,000ウォン 
    「キムチチゲ」とは、酸っぱくなった古漬けキムチと豆腐、ネギ、豚肉などを一緒に煮込んだ、ピリ辛の鍋料理です。韓国料理の中でも1、2位を争うポピュラーなメニューで、韓国ではオモニの手料理的な家庭料理です。調味料は塩気をととのえる程度でほとんど使われず、キムチの酸味と具材から出たうまみがスープの味の決め手。なお「キムチチゲ」の「チゲ」とは、韓国語で鍋料理の総称を指すため「キムチチゲ鍋」と表記すると、「鍋」という意味が重複してしまいます。
  • プゴク
    북어국, 북엇국 / プゴクッ干しスケトウダラのスープ
    辛さレベル 
    価格帯  7,000~9,000ウォン 
    「プゴク」とは、プゴ(韓国語で「干しスケトウダラ」の事)を入れて煮込んだあっさり味のスープ、プゴクスープとも呼ばれています。韓国家庭料理として親しまれており、食堂の定番メニューでもあります。ヘジャンクッ(ヘジャン:解酲。二日酔い解消の意)と呼ばれる酔い覚ましスープとして朝食に好まれるほか、近年は美肌にも効果があるのでは?と「美肌スープ」としても注目を集めています。
  • カルビタン
    갈비탕 / カルビタンカルビスープ
    辛さレベル 
    価格帯  8,000~15,000ウォン 
    「カルビタン」とは、カルビ+タン(韓国語でスープ)という名前の通り、牛の骨付きカルビをじっくり煮込んだ透明なスープ料理です。骨からほろりと外れる柔らかなカルビと、素材の旨みが染み出たカルビタンスープを味わいながら頂きます。具材はカルビをメインに、ネギ、ナツメ、タンミョン(韓国春雨)、朝鮮人参などが入りますが、店舗毎にやや異なります。ソウルはもちろん、釜山(プサン)など全国各地の韓国焼肉店の人気ランチメニューになっていたり、韓国冷麺専門の名店でも良く食べられます。
  • コムタン
    곰탕 / コムタン牛の内臓煮込みスープ
    辛さレベル 
    価格帯  10,000~30,000ウォン 
    「コムタン」とは、 牛のスネ、胸部、膝、内蔵と骨を煮て味をとったスープ料理で、辛くない韓国料理の1つです。見た目や味がソルロンタンに似ていますが、「コムタン」のほうがクセがなく、あっさりとした口当たりで、お酒などで胃がもたれた後や朝食にはうってつけ。臭みがほとんどなく、日本からの観光客にも食べやすい味付けです。ご飯を入れて、コムタンクッパ(スープご飯)にしてもOK!店舗によっては最初からご飯や麺が入っている場合もあります。
  • コプチャンチョンゴル
    곱창전골 / コッチャンチョンゴルホルモン鍋
    辛さレベル 
    価格帯  20,000~30,000ウォン 
    「コプチャンチョンゴル」とは、韓国語で「コプチャン」がホルモン、「チョンゴル」が鍋料理を指すように、韓国のホルモン鍋料理です。キャベツやネギ、キノコなどの野菜の具材と一緒に、ホルモンを煮込んだコプチャン鍋は、日本のもつ鍋とは味付けが異なり、コチュジャン(唐辛子味噌)を入れ、ピリ辛に調理するのが特徴です。ホルモンの特有の臭みがなく誰でも食べやすい味付け。コプチャンの独特な歯ごたえと染みこんだタレの旨みが味わえます。
  • テグタン
    대구탕 / テグタンタラ鍋
    辛さレベル 
    価格帯  10,000~20,000ウォン 
    「テグタン」とは、鱈(タラ)の身やアラ、白子などがたっぷり入った鍋料理です。韓国語で「テグ」は真鱈(マダラ)、「タン」は鍋料理を意味し、口が大きいため「大口(テグ)」と名付けられた、という説が残っています。タラは鍋料理のほかにも、刺身、蒸し料理、天ぷらなどの調理方法でも味わえます。
  • テンジャンチゲ
    된장찌개 / テンジャンチゲ味噌チゲ
    辛さレベル 
    価格帯  6,000~8,000ウォン 
    「テンジャンチゲ」とは、テンジャンという荒くつぶした韓国味噌を煮込んだスープ料理です。牛肉、アサリ、煮干などでとった出汁に、豆腐や韓国かぼちゃなどの野菜といった具材に、テンジャンを加えて煮込みます。最もポピュラーな韓国家庭料理のひとつでオモニの手料理的なもの。食堂での美味しい韓国料理の定番メニューとしても人気。韓国焼肉店でも、サイドメニューやサービスメニューとして良く出されます。
  • トックッ
    떡국 / トックッ餅スープ
    辛さレベル 
    価格帯  4,000~7,000ウォン 
    うるち米を使った韓国の餅(トッ)と野菜を煮たスープ。新年に食べる風習があり、韓国版のお雑煮といえるメニューです。長寿の願いをこめて、カレトッという細長い餅が薄く切って使われることが多く、北部地方では雪だるまのような形の餅・ジョレンイトッのトックッも見られます。
  • ポシンタン
    보신탕 / ポシンタン犬肉スープ
    辛さレベル 
    価格帯  7,000~9,000ウォン 
    食用の赤犬の肉を裂き、長ネギ、セリ、エゴマの葉などと唐辛子ベースのスープで煮こんだスープ。意外にクセなく食べられる味ですが、独特の匂いを和らげるためエゴマの実(トントゥルケ)が使われます。漢字で「補身湯:身を補う湯」と書かれるように、スタミナ料理の代表格とされています。
  • ユッケジャン
    육개장 / ユッケジャン牛肉のピリ辛スープ
    辛さレベル 
    価格帯  5,000~8,000ウォン 
    細く割いた牛肉とネギ、わらび、もやしなどの野菜をピリ辛に煮たスープ。唐辛子入りの真っ赤なスープが特徴で、牛肉からとった出汁が効いたコクのある味わいです。専門店はほとんどありませんが、焼肉屋などの牛肉を扱う食堂や、チゲメニューのある一般食堂で食べられます。
  • チョングッチャン
    청국장 / チョングッチャン清麹醤チゲ
    辛さレベル 
    価格帯  7,000~10,000ウォン 
    「清麹醤(チョングッチャン)」とは、大豆を発酵させた味噌の一種。日本の納豆のような粘り気と匂いをもち、これを材料にしたチゲ料理も同じく「チョングッチャン」と呼ばれます。日本からの観光客の間では「納豆チゲ」とも呼ばれます。豆の風味がいきたスープに野菜がたっぷり入った、ほっとする味わいで、家庭でもよく食べられる「おふくろの味」的な韓国手料理の1つです。
  • チュオタン
    추어탕 / チュオタンどじょう汁
    辛さレベル 
    価格帯  9,000~13,000ウォン 
    「チュオタン」とは、どじょう(泥鰌)を葉野菜などと一緒に煮込んだスープ料理です。どじょうを丸ごと入れて煮込む店舗もありますが、一般的には、どじょうを骨ごとすり潰し、味噌で味付けしたスープで提供されるスタイルが有名です。そのため食感はザラザラとしていますが、どじょう独特の臭みが消えるよう工夫されており、まったりとしたスープは意外と食べやすいと評判。栄養価が高くヘルシーな韓国料理で知られ、特に夏バテ防止の韓国グルメとして人気があります。
  • コンビジ
    콩비지 / コンビジおからスープ
    辛さレベル 
    価格帯  6,000~7,000ウォン 
    コンビジは、おからで作ったスープ料理のこと。ビジチゲとも呼ばれます。優しい味わいの中に、豆の豊かな風味と香ばしさを感じられ、口当たりもなめらか。おからは栄養価が高く食物繊維も豊富なため、便秘解消やダイエットにもってこいのヘルシー料理です。
  • ミヨックッ
    미역국 / ミヨックッわかめスープ
    辛さレベル 
    価格帯  6,000~15,000ウォン 
    韓国の一般家庭でも「わかめスープ」はよく食べられる韓国家庭料理のひとつです。牛肉や貝類と一緒にわかめを煮込み、醤油やごま油で味を調えます。辛くなく、あっさりした味わいで、年代・性別を問わず、多くの人に親しまれているスープです。
設定