検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国料理ガイド
  • 辛さレベル
    価格帯 約2,500ウォン(500ml)
  • カンジャン(醤油)は、韓国でも古くから醸造され、煮物やヤンニョム(合わせ調味料)などに使用されてきました。味を調えたり旨味を引き出したりするのに使われ、カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)やカルビチム(カルビの蒸し煮)といった人気韓国料理のメイン調味料にもなっています。
  • 韓国の家庭でよく使われる醤油には汁醤油(クッカンジャン)、陳醤油(チンカンジャン)、醸造醤油(ヤンジョカンジャン)の3種類があり、用途によって使い分けられます。日本の薄口醤油の感覚で使える汁醤油は、大豆のみを使用した伝統製法による醤油で、塩分含有率が高く、色が薄いのが特徴。陳醤油は、甘味があって色が濃く、加熱する料理に向いています。また、醸造醤油は香りが豊かでそのままの風味を味わうのに適しており、刺身醤油やタレとしてよく利用されます。
    汁醤油はスープやチゲ、ナムルに最適
    煮物類は濃い口醤油のような味わいの陳醤油で
    醸造醤油は各種ソースやタレ、刺身醤油として
    韓国カンジャン(醤油)のその他の関連記事
  • カンジャン(醤油)
  • 韓国の醤(ジャン) 第2回カンジャン
  • 韓国の調味料
    • この情報を共有
      • 設定