検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国料理ガイド
  • 辛さレベル
    価格帯 10,000~40,000ウォン
  • 「牡蠣(かき)」は韓国でも一般的な韓国料理店や牡蠣料理専門店、海鮮料理店、居酒屋などで広く食べることができます。冬が牡蠣のシーズンで、忠清南道(チュンチョンナムド)の保寧(ポリョン)周辺など韓国西海岸広域が産地です。料理以外にもキムチを漬ける際に、家庭によっては牡蠣を隠し味に使うなど、牡蠣は韓国の食文化において身近な存在です。
  • 韓国語では一般的に「クル」と発音しますが、中には「牡蠣」という漢字を韓国語発音した「モリョ」や「石花(ソカ)」としてメニュー表に掲載する店舗もあります。
    <朝食やランチに人気の韓国牡蠣料理>

    牡蠣の料理として最も人気あるメニューが「牡蠣クッパ(クルクッパ)」や「石焼牡蠣ビビンバ(トルソックルビビンバ)」です。「牡蠣のお粥(クルジュッ)」や、「牡蠣スンドゥブチゲ(クルスンドゥブチゲ)」も同様に日本からの観光客に好まれています。
    牡蠣クッパ(例)
    石焼牡蠣ビビンバ(例)
    牡蠣粥(例)
    <お酒のお供に>

    たっぷりの油で焼いた「牡蠣チヂミ(クルジョン)」は、食べやすい一口サイズのものが多く、マッコリのおつまみの定番メニューです。「牡蠣ポッサム(クルポッサム)」は特に冬に人気のメニューで、サンチュや白菜にポッサムと牡蠣などを包んで食べる料理。韓国焼酎のお供にピッタリです。
    牡蠣チヂミ(例)
    牡蠣ポッサム(例)
    貝焼き・貝蒸しに牡蠣が入っている店舗も
    ■牡蠣好きはこちらもチェック!
  • 旬に食べたい!韓国の牡蠣料理
  • 鍾路3街 牡蠣ポッサム通り
    • この情報を共有
          このメニューが食べられるお店
            もっと見る
              関連記事
                設定