ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国料理ガイド
  • 辛さレベル
    価格帯 10,000~50,000ウォン
  • 韓国でも刺身は人気の料理です。韓国語で「フェ」と発音し、刺身店は「刺身の家」という意味の「フェッチッ(횟집)、フェジッ(회집)」と呼ばれています。白身魚が一般的で、ヒラメやクロソイなどがリーズナブルな価格で季節を問わず一年中食べられるほか、季節毎の旬の魚も刺身としてよく食べられます。日本で良く食べられる赤身魚の刺身は、一般的な刺身店にはあまり無く、マグロ専門店で食べられます。
  • 肉屋・魚屋で使える韓国語
  • 韓国・旬の食材便利帳
  • <韓国での刺身の食べ方>

    日本同様にわさび醤油につけて食べるほか、酢入りのコチュジャン(唐辛子味噌)や、サムジャン(合わせ味噌)のタレにつけて、サンチュやケンニッ(エゴマの葉)などの野菜に、好みで生ニンニクや唐辛子を一緒に来るんで食べるのが韓国式です。韓国の焼肉みたいに、葉野菜と一緒に食べるのでヘルシーです。
    刺身店で出されるおかずセットの例
    わさび醤油(左上)、合わせ味噌(右上)、酢入り唐辛子味噌ソース(手前)
    サンチュやエゴマの葉に包んで味わう
    <韓国での人気の刺身>

    刺身店では、盛り合わせメニュー・単品メニューがあり、盛合せメニュー(韓国語でモドゥム)から注文するのが一般的です。サイズが小(2人前)、中(3~4人前)、大(4人前以上)と分かれていることが多いので、注文の際はサイズも合わせてスタッフに伝えます。
     刺身の盛り合わせ(例)

    ヒラメ

    クロソイ
    テナガダコの踊り食い(サンナッチ)、ホヤ(モンゲ)、ユムシ(ケブル)、あわび(チョンボッ)なども韓国での刺身として好まれ、合わせて注文する人が多いメニューです。
    動画を撮影する旅行客がたくさん!テナガダコの踊り食い(サンナッチ)
    独特の香りと柔らかい食感が特徴のホヤ(モンゲ)
    見た目は敬遠されがちですが、コリコリとした食感が美味しいユムシ(ケブル)
    <水産市場での注文の仕方>

    ソウルの「鷺梁津水産市場」や、釜山(プサン)の「チャガルチ市場」など各エリアにはそれぞれ歴史と伝統のある魚市場があります。1階の魚市場で魚を購入し、2階の食堂で食べる、というのが韓国式。韓国の水産市場での食事の仕方をチェックしておきましょう。

    1. 市場で魚を選ぶ

    2. 魚をさばいてもらう
    魚を選ぶとその場でさばいてくれ、刺身はキレイに盛り付けられ、アラや骨はビニール袋に入れてくれるので、購入した魚の代金を支払います。食堂は、一般的にどこでも良いというわけではなく、1階の魚屋が提携している食堂が案内されるので、指定のお店へ移動しましょう。

    店舗に入ったら、アラや骨の入ったビニール袋を渡すと食後のシメに「メウンタン」を作ってくれます。1階からもってきた刺身はテーブルで食べ、その他のメニューやドリンクは食堂で追加ができます。お会計時にテーブルチャージ、メウンタンの金額が追加されます。

    3. お金を払う

    4. 食堂に入る。メウンタンはシメに
    • この情報を共有
          このメニューが食べられるお店
            もっと見る
              関連記事
                設定