安全な韓国旅行のための防疫ガイド
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行基本情報

郵便・宅配便(韓国→日本)

우편,택배(한국→일본)
584

コネストからのお知らせ

・韓国から日本へEMSを送りたい場合は「韓国→日本のEMS(国際スピード郵便)の送り方
・日本から韓国へ郵便を送りたい場合は「郵便・宅配便(日本→韓国)

・新型コロナウイルスの影響により、配送遅延やEMSを除く航空便の受付中断が発生中。詳細は本文を確認してください(20210617)
2021年3月30日更新
日本へのEMS受付再開、配送遅延と航空便の受付制限は継続
新型コロナウイルスの影響で一部地域に限られていたEMSの配送が、2021年3月15日より日本全地域へ可能となりました。
ただし、韓国から日本向けの国際郵便物の「1.配送サービスの中断」「2.配送遅延」「3.郵送禁止物品の追加」が発生しています。

韓国郵便局が発表している内容は以下の通りです。

1.配送サービスの中断
EMS(国際スピード郵便)を除く航空便を利用した配送サービスが中断しています。
船便を利用した配送サービスは受付可能です。

2.配送遅延
船便を利用する場合の所要日数の目安は3か月以上、遅延による損害賠償は不可。
受付後の返還請求も通常以上の時間がかかります。

3.郵送禁止物品の追加
従来送れない物品に加え、飲食物や遅延により変質や破損の可能性のある物品は送ることができません。

※国際郵便を送る前に再度確認を!
韓国郵便局HP(韓国語、外部サイト) >>
韓国から日本へ郵便や荷物を送る方法をガイド
「旅先から日本にいる家族や友達にプレゼントを贈りたい」、「旅行中たくさん買ったお土産を日本へ送ってしまいたい」、「韓国留学を終えて帰国する際に日本へ荷物を送りたい…」。

でも、「韓国から日本へ荷物を送るにはどうすればいいの?」と困った経験のある方も多いのではないでしょうか。

そこで韓国から日本へ荷物を送る際の郵便・宅配便の利用方法についてご紹介します。
韓国の郵便局
おすすめは、郵便局から送る方法です。手軽に、そして経済的に郵送することができます。

ツバメをあしらったロゴが韓国郵便局の目印!韓国でツバメは、昔から良い知らせを伝える鳥として知られており、飛ぶスピードの速さから、迅速に消息を伝えるという意味が込められています。
郵便局内
郵便局の窓口は、郵便窓口(郵便業務)と、金融窓口(保険、貯金)とに分かれています。カウンター上の案内板が赤い方が郵便窓口、緑色の方が金融窓口です。切手の購入や荷物を送る際には、赤い案内板のある郵便窓口へ行きましょう。

ダンボールが必要な場合は、郵便局で購入できます。ダンボールの種類は1号(400ウォン)~5号(1,700ウォン)とEMS(国際スピード郵便)専用の6号(2,300ウォン)があり、荷物に合わせて選ぶことができます。

ガムテープ、のり、はさみ、カッターなど梱包に必要な備品も常備されているため、郵便局で梱包することも可能です。また、大きな郵便局内には有料で梱包をしてくれるサービスもあります。

輸送中の荷物の取り扱いは日本とは異なり荒い場合があります。
ダンボールが開いたり中身が壊れたりしないよう、しっかりと梱包しましょう。
切手の購入
最も簡単な購入方法は、郵便局ではがきや郵便物を窓口に出し、その料金分の切手を購入する方法です。切手は、郵便局だけでなく街中の文房具店でも購入できます。
郵便ポスト
街中にある郵便ポストは日本と同様に赤色。昔は街のいたる所にあったポストですが、最近ではその姿をあまり見かけなくなってきました。

投函口は2つあり、送り先によって区別されています。左側は、ポストが設置されている区内へ送る場合、右側はその他の地域へ送る場合です。

そのため、日本へ郵便物を送る際は、右側の投函口へ入れましょう。
韓国の郵便の種類
1.はがき
最近でははがきを送ることも少なくなってきましたが、韓国旅行の記念に絵はがきを送るのもたまには良いのではないでしょうか。日本だけでなく、世界中どこへでも一律料金で送ることができます。

日本までの所要日数の目安
航空便:7~15日
船便:10日~3ヶ月
※所要日数はあくまでも目安であり、状況によって異なります
※郵送料は2020年11月時点
区分 料金(ウォン)
航空便 船便
はがき 430 310
2.書状
最大2kgまでの手紙や書類などを送ることができます。

日本までの所要日数の目安
航空便:7~15日
船便:20日~2ヶ月
※所要日数はあくまでも目安であり、状況によって異なります
※郵送料は2020年11月時点
重量(g) 料金(ウォン) 重量(g) 料金(ウォン)
航空便 船便 航空便 船便
~10 570 470 ~850 9,880 6,590
~20 610 ~900 10,420
~30 690 950 ~950 10,960
~40 830 ~1,000 11,440
~50 960 ~1,050 11,910 10,800
~60 1,110 1,430 ~1,100 12,400
~70 1,250 ~1,150 12,890
~80 1,400 ~1,200 13,370
~90 1,540 ~1,250 13,840
~100 1,740 ~1,300 14,330
~150 2,280 2,400 ~1,350 14,820
~200 2,820 ~1,400 15,290
~250 3,360 ~1,450 15,770
~300 3,910 4,200 ~1,500 16,260
~350 4,450 ~1,550 16,750
~400 4,990 ~1,600 17,210
~450 5,530 ~1,650 17,700
~500 6,070 ~1,700 18,190
~550 6,630 6,590 ~1,750 18,680
~600 7,170 ~1,800 19,140
~650 7,710 ~1,850 19,630
~700 8,250 ~1,900 20,120
~750 8,790 ~1,950 20,600
~800 9,340 ~2,000 21,080
3.小型包装物(2kgまでの小型の物品)
大きさ:3辺の合計が90cm以下(一辺の長さは60cm以下)
重さ:2kgまで

通常郵便扱いであるため、2kgまでであれば国際小包よりも安く送れます。宛名の発送人の名前の下に「small packet(小型包装物の意)」と書く必要があります。

※小型包装物の場合、物品の紛失・破損の場合の補償や追跡調査はできません
※信書を入れず本などを送る場合、開封して中身が確認できる方法で包装をすることを条件に、割安な料金で送ることができる「印刷物郵便」の制度も利用できます(5kgまで発送可)

日本までの所要日数の目安
航空便:7~15日
※所要日数はあくまでも目安であり、状況によって異なります
※郵送料は2020年11月時点
重量(g) 料金(ウォン) 重量(g) 料金(ウォン)
航空便 航空便
~100 4,460 ~1,100 11,380
~200 4,990 ~1,200 12,080
~300 5,520 ~1,300 12,780
~400 6,050 ~1,400 13,480
~500 7,130 ~1,500 14,180
~600 7,840 ~1,600 14,880
~700 8,550 ~1,700 15,580
~800 9,260 ~1,800 16,280
~900 9,970 ~1,900 16,980
~1,000 10,680 ~2,000 17,680
4.国際小包
国際小包専用宛名ラベル(航空便・船便共通)
国際小包専用宛名ラベル(航空便・船便共通)
大きさ:長さ+(高さ+幅)×2=3m以内で、一辺の長さが1.5mを超えないこと
重さ:20kgまで

基本料金2,800ウォンから保険を付けることができ(補償金額114,300ウォンまで)、保険料550ウォンにつき補償金額が114,300ウォン追加されます。

インターネットからの追跡調査が可能なため、確実に送り届けたい場合は国際小包を利用することをおすすめします。
日本までの所要日数の目安
航空便:7~15日
船便:20日~2ヶ月
※所要日数はあくまでも目安であり、状況によって異なります
※郵送料は2020年11月時点

重量
(kg)
料金(ウォン) 重量
(kg)
料金(ウォン)
航空便 船便 航空便 船便
~0.5 17,000 9,900 ~10.5 43,000 38,500
~1.0 18,000 ~11.0 44,500
~1.5 19,500 15,500 ~11.5 46,000
~2.0 21,000 ~12.0 47,000
~2.5 22,500 20,000 ~12.5 48,500 43,000
~3.0 23,500 ~13.0 50,000
~3.5 25,000 ~13.5 51,000
~4.0 26,000 ~14.0 52,500
~4.5 27,500 24,500 ~14.5 54,000 47,500
~5.0 28,500 ~15.0 55,000
~5.5 30,000 ~15.5 56,500
~6.0 31,500 ~16.0 57,500
~6.5 32,500 29,000 ~16.5 59,000 52,500
~7.0 34,000 ~17.0 60,500
~7.5 35,000 ~17.5 61,500
~8.0 36,500 ~18.0 63,000
~8.5 38,000 34,000 ~18.5 64,500 57,000
~9.0 39,000 ~19.0 65,500
~9.5 40,500 ~19.5 67,000
~10.0 42,000 ~20.0 68,000
5.EMS(国際スピード郵便)
書類は最大2kgまで、非書類は最大30kgまで送ることができます。国際郵便の中では最優先の取り扱いになるので、所要日数は最短です。また、より優先的に配送され、30kg以上の荷物も受付可能な「EMSプレミアム」もあります。

物品の紛失・破損時の補償付きでインターネットからの追跡調査も可能なため、早く確実に送り届けたい場合に利用することをおすすめします。

日本までの所要日数の目安
航空便のみ:通関不要の書類(郵便局の受付番号がEEで始まるもの)の場合1~3日以内
※非書類の荷物は税関検査の対象となるため、1週間程度かかる場合もあります
※所要日数はあくまでも目安、状況によって異なります
※EMSプレミアムは、東京・大阪の一部地域に限り利用可能。さらに特別料金が適用されます。詳細は郵便局にお問い合わせください。
こんな時にはどうすれば? ~郵便のお悩みQ&A~
Q.荷物が重たくて郵便局まで運べません。
A.EMS利用の場合は、集荷サービスを利用することができます。詳しくは「EMS」記事をご参照ください。

Q.荷物が今現在どこにあるかを調べたいのですが、どうすれば良いですか?
A.国際小包・EMS利用の場合は、インターネットからの追跡調査が可能です。郵便物の種類(国際小包またはEMS)を選び、アルファベットから始まる13桁のお問い合わせ番号(宛名ラベルに記載)から配達状況を確認できます。

インターネットによる追跡 >>

Q.日本で受け取った荷物の中身が壊れていたのですが、どうすれば良いですか?
A.EMSで発送した場合や国際小包に保険をかけた場合、補償を受けることができます。まずは日本で配達を担当した郵便局の支店などに問い合わせてください。郵便局側で調査した後の対応となります。

日本国内の郵便局検索 >>
ソウル市内の郵便局
観光スポットの近くにある主な郵便局です。
全国の郵便局の営業時間(郵便業務):平日9:00~18:00
コネスト韓国地図で郵便局検索が可能です
韓国の宅配便
韓国国内の宅配便会社で日本向けのサービスを取り扱っているところは少なく、料金も高いため、海外引越しや特殊な荷物以外は郵便局を利用するのが一般的です。

しかし韓国でもFedExやDHLなどの外資系宅配便会社は広く展開しています。こちらも料金は高めですが、最速で翌日配送が可能な場合もあります。

韓進(ハンジン)国際宅配
大韓航空の直行便を利用し、書類や荷物などの配達が2~4日以内に可能です。書類用封筒や梱包材の無料提供もしており、国際宅配の他には海外引越しサービスもあります。日本に支店があるので言葉の面でも安心です。
ホームページ(韓国語):hanex.hanjin.co.kr
問い合わせ先:1588-1612 (韓国内のどこからでも)
日本の支店(東京営業所):03-5767-7745(9:00~18:00、土日祝日休み) 

DHL(ディーエイチエル)
ホームページ(韓国語・英語):dhl.co.kr
ホームページ(日本語):dhl.co.jp
問い合わせ:1588-0001(韓国内のどこからでも)

FedEx(フェデックス)
ホームページ(韓国語・英語):fedex.com/kr
ホームページ(日本語):fedex.com/jp
問い合わせ:080-023-8000(韓国内のどこからでも)
別送品申告
韓国旅行中、現地で買った荷物を日本の自宅へ送る場合
飛行機での預け荷物の他に品物を別送する場合、別送品申告をしておけば、携帯品の一部として免税の適用や簡易税率の適用を受けることができます。

1.韓国からの発送
宛名は必ず渡航者本人とし、梱包の際「税関申告書」の品目欄に、「別送品(Unaccompanied Baggage)」の表示をします。表示がない場合、一般の貿易貨物とみなされ、免税措置が受けられなかったり輸入手続が必要となります。

また、税関で見落としがないように、箱にも目立つように「別送品(またはUnaccompanied Baggage)」と書いておくことをおすすめします。

2.帰国時の手続き
帰りの空港で「携帯品・別送品申告書」を2通記入します。日本到着後の税関審査で提出すると、そのうち1通に確認印を押して返してもらえるので、別送品が届くまで保管しておきます。

3.受け取り
荷物が日本に到着すると、税関や運送会社から通知があります(税金が掛からない場合、そのまま配達される場合もあります)。通知で指定された場所に、入国時の別送品申告書を持参し受け取りに行くか、別送品申告書を送付し郵送で送ってもらいます。

免税範囲を超えている場合は、物品の受け取り時、または受け取り後に関税を支払います。

※詳しくは税関ホームページをご参照ください。
税関:別送手続きについて >>
税関:海外旅行者の免税範囲について >>

韓国旅行おトク情報

ユーザー投稿写真

この情報を共有

掲載日:20.11.20   最終更新日:21.03.30

更新履歴を見る

※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
設定