ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行基本情報

韓国・ソウルの観光案内所

クァングァンアンネソ / 한국・서울의 관광안내소
150
「i」のマークが目印
「i」のマークが目印
韓国の繁華街や人気観光スポットには観光案内所が設置されており、旅行者に便利な様々なサービスを受けることができます。

ほとんどの観光案内所には日本語可能なスタッフが在籍しているため、言葉の不安もありません。自分が行くエリアのどこに観光案内所があるのかチェックしてみてください。
※クリックで移動
観光案内所で受けられるサービス
・道案内や交通案内など旅行客のための観光案内
・観光ガイドブックの無料配布
・無料WiFiの利用(一部観光案内)
・シティーバスツアーやウォーキングツアーなどのソウル市観光プログラムの案内
日本語や英語、中国語など様々な言語のガイドブックがあります
日本語や英語、中国語など様々な言語のガイドブックがあります
観光に便利な地図も入手できます
観光に便利な地図も入手できます
空港の観光案内所
仁川(インチョン)国際空港
仁川国際空港観光案内所
ソウルの玄関口の仁川国際空港 第1旅客ターミナルにある観光案内所。「M-Pass(エムパス)」カードの購入はこちらで可能。1階到着ロビー5番出口と10番出口の付近にあります。
金浦(キンポ)国際空港
金浦国際空港 観光情報センター
金浦国際空港の1階入国(到着)フロアに位置。行事やイベントなどソウルの観光情報を日本語・英語・中国語で提供しています。
ソウル市内の観光案内所
明洞・乙支路・南大門エリア
韓国観光公社 HiKR Ground
K-POPの世界に入ったようなポップな写真スポットを無料で楽しめる広報館。観光案内所は5階にあります。
明洞観光案内所
明洞エリアの中心、明洞芸術劇場の近くにある観光案内所。
南大門市場(ナンデムンシジャン)観光案内所
南大門市場の中にある観光案内所。市場内の店やトイレの位置情報を収集できます。
明洞観光情報センター
観光案内はもちろん観光中の多種トラブルにも対処してくれる総合的なお助け施設。休憩スペースもあり、各種イベントが行われることも。
ソウル観光プラザ 観光情報センター
清渓川(チョンゲチョン)に掛かる橋の1つである三一橋の近くにある観光案内所。清渓川の周辺に関する情報はこちらで。
仁寺洞・北村エリア
北村(プッチョン)文化センター
韓屋(ハノッ)が建ち並ぶ北村にある案内所。北村を紹介する日本語の地図や小冊子を配布。広報展示館やギフト店もあります。
仁寺洞(インサドン)弘報館
地下鉄3号線安国(アングッ)駅より徒歩5分の観光案内所。無料WiFiや韓服体験(1人1着3,000ウォン)などのサービスがあります。
南仁寺(ナミンサ)観光案内所
仁寺洞通りの入口に位置する案内所。周辺の観光情報を集めるのに便利な案内所です。すぐ横には車椅子専用トイレがあります。
北仁寺(プギンサ)観光案内所
地下鉄3号線安国(アングッ)駅6番出口出てすぐの所にある観光案内所。仁寺洞や鍾路(チョンノ)エリアの観光情報が得られます。
その他ソウル市内の観光案内所
江南(カンナム)観光情報センター
※2022年8月時点、コロナ禍の影響で一時的に営業中止

現代百貨店狎鴎亭(アックジョン)本店の隣にある観光情報センター。韓流アイドルに関する展示ゾーンやドラマセットが充実!カフェや銀行もあります。
梨泰院(イテウォン)観光案内所
地下鉄6号線梨泰院駅内にある観光案内所。
新村(シンチョン)観光案内所
新村汽車駅横の新村旧駅舎にある観光案内所。
弘大入口(ホンデイック)観光案内所
地下鉄2号線・空港鉄道弘大入口(ホンデイック)の近くにあり、B-BOYの絵が描かれたベンチが目印です。
東大門(トンデムン)観光案内所
地下鉄2・4・5号線東大門歴史文化公園(トンデムンヨッサムナコンウォン)駅14番出口すぐ。無料WiFiの使用、スマートフォンの充電も可能です(充電中は、盗難防止のため要自己管理)。
光化門(クァンファムン)観光案内所
東和(トンファ)免税店がある光化門ビルの前にあります。日本語・中国語・英語が可能なスタッフが交代で勤務しています。
動く案内所
旅行客の往来が多いスポットを中心に、観光案内スタッフが街中に出て、店の場所の案内やソウルの観光マップの配布、簡単な通訳など観光に役立つサービスを提供しています。それが「動く観光案内所」です。「i」のマークが入った赤いベストを着た人がスタッフです。

日本語、英語、中国語可能なスタッフが2人1組で行動、ベストの前の部分には担当言語で「ソウル観光ガイド」と書かれています。分からないことがあったら日本語担当のスタッフに気軽に声をかけてみましょう。ひどい悪天候でない限り毎日運営されていますが、日によっては日本語担当のスタッフがいない場合もあります。
また、2013年7月から運営開始した麻浦(マポ)区の「移動観光案内所」も利用できます。日本語と英語を担当する観光案内スタッフが専用ワゴン車に乗って、弘大エリアやソウルワールドカップ競技場といったソウル西部の観光スポットを巡りながら各地で案内業務を行ないます。運営時間は11:00~18:00です。
ソウル市内の動く案内所運営時間
・南大門市場、西村(ソチョン、青瓦台迎賓門)
9:00 ~ 18:00

・明洞、市庁駅、東大門、北村、弘大、GOTO MALL(ゴートゥーモール)、広蔵市場
10:00 ~ 19:00
ソウルのおすすめスポットをチェック
地図

韓国旅行おトク情報

この情報を共有

掲載日:22.08.11

更新履歴を見る

※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
設定