ついにビザなしで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行基本情報

韓国旅行時のスマホの設定と注意点


378
高額請求を回避!韓国で日本の携帯電話を使うには?
「海外旅行でスマホを使ったら数万円、数十万円の高額請求が来た」、「パケ死」などという話題がニュースやSNSを賑わせたことがあります。

「海外旅行先でのスマホ利用は怖い」「何を注意すればよいのかわからない」という方も多いと思います。

今さら聞けないスマホ海外利用の基本を、韓国旅行に行く前にコネストと一緒におさらいしてみましょう。
※クリックで移動
スマホの特性を知ろう
スマホの契約に含まれる料金設定は日本国内でのみ適用される
「当たり前じゃないか」と思われるかもしれません。しかし、トラブルの多くは、世界中どこにでもあるインターネットサービスを自分のスマホ(携帯端末)で日本と同じように利用してしまったことから起こっています。

例えば「パケット定額制」や「使いたい放題」などのプランでスマホを契約していたとしても、それは日本国内だけの話。

韓国旅行の出発前には、次の点に注意が必要です。

・海外で使いたいサービス:事前に確認と準備をする、あるいは設定をする
・海外で使わないサービス:知らないうちに使ってしまわないよう、あらかじめ設定をする
スマホは「勝手に」データ通信が行われる機器である
スマホは音声通信だけでなく、データ通信も行う端末機器です。

つまり、通話は使用の有無を操作者が自覚していますが、データ通信は操作者も知らないうちに「勝手に」行われるものなのです。

「勝手に」行われるデータ通信は、例えば、アプリのアップデートなどです。日本にいれば気にせずにいられる便利な機能ですが、海外では予定外のデータ通信料金が発生してしまう原因になります。
「データローミング」とは?
なぜそんなことが起きるかというと、データローミングという機能のためです。

データローミングとは、日本で契約している通信会社(キャリア)の電波が届かない場所(日本国外)へ行った時、各キャリアが提携している現地の通信会社の電波受信を可能にしてデータ通信を可能にする機能のことです。

データローミングは、特別な手続きは必要なく、誰でもスマホで設定・解除できます。

日本国内では、おそらくデータローミングはオンにしたままになっていることでしょう。

しかし、この状態でうっかり海外旅行に出かけて、いつもと同じように使ってしまうと、予想外の通話料金や通信料金が請求されてしまう可能性があります。
スマホの通信料金が発生する仕組みを知ろう
パケット通信料金とは
パケットとは、情報の伝送単位のこと。データ(ファイル)を複数の「パケット(小包)」と呼ばれる単位に分割して伝送していることからパケット通信と呼ばれ、これにかかる料金をパケット通信料金といいます。
パケット通信料金は時間ではなく、通信量で高くなる
音声通話(音声通信)の場合は、通信時間による課金のため、通信時間が長くなるほど、料金が高くなります。一方、パケット通信は通信量(パケットの数)で課金されます。

HPの閲覧や、携帯電話からのメール送受信、youtubeなどの動画再生、ツイッターやインスタグラムの閲覧・投稿などもパケット通信の対象です。

つまり、わずかな時間しか利用していないと思っていてもインターネットでの動画の閲覧、音楽ファイルや映像・画像・ゲームなどのダウンロードをすると通信量が増え、予想以上のパケット通信料金が発生することがあります。

参考(外部リンク):(社)電気通信事業者協会ホームページ
目的別!韓国旅行中のスマホ設定方法
実際に韓国に到着した際に、どのように手持ちのスマホの設定を変えたらよいのでしょうか?

ここではユーザーの多いiphoneを見本に、実際に設定方法を見てましょう。

Android端末を使用している方は、OSのバージョンにより設定方法が変わってきます。自身のスマホのOSのバージョンを調べてから「アンドロイド OSのバージョン ローミング設定」などで、ヤフーやグーグルで検索してみることをおすすめします。

実際に韓国に行ってからどのようにスマホを使うか、次の4つのタイプから選びそれぞれの設定方法を見て行きましょう。
通話 データ通信 設定方法
利用しない 利用しない (1)
利用する 利用しない (2)
利用しない 利用する (3)
利用する 利用する (4)
※設定方法はお使いの機種によって異なります。スマホ購入時のマニュアルを参照するか、通信各社にお尋ねください。
(1)通話もデータ通信も一切しない
・機内モード設定をONにする
機内モードとは飛行機に乗る際に設定を推奨される機能です。通信を一切行わなくなるため、通信料金も発生しません。

通信ができない状態にあるので、この場合データローミング設定をOFFにする必要はありません。

【こんな人におススメ】
海外にいる間はリフレッシュ。日本からの音信を絶ちたい。
【機内モード設定方法】
ホーム画面を下からスワイプ
→コントロールセンターが表示される
→ 飛行機マークをタップ
機内モード設定OFFの状態
機内モード設定OFFの状態
機内モード設定ONの状態
機内モード設定ONの状態
(2)通話はするがデータ通信はしない
・機内モード設定をOFFにする
・データローミング設定をOFFにする
この設定で、音声通話とSMSだけ可能になり、データ通信はできなくなります。

通話やSMSを使用した場合は国際電話料金がかかります。韓国から日本にかける場合は、1分あたり125円~190円程度となり、SMSも1通100円程度です。

また、海外ではこちらからかけるだけでなく、電話を受ける場合でも着信料がかかり、韓国の場合は1分あたり70円~95円程度です。

契約している通信会社の国際電話料金を事前に確認しておくのがよいでしょう。

【こんな人におススメ】
「もしも」に備えて日本の家族や職場との緊急ラインとして電話通信は確保したい
参考:韓国⇔日本の電話のかけ方
【データローミング設定方法】
「設定」から「モバイル通信」
→ 「モバイルデータ通信」がON状態か確認
→ 「通信のオプション」をタップ
→ 「データローミング」をOFFにする
1.設定からモバイル通信を選択し、モバイルデータ通信がONになっていることを確認
1.設定からモバイル通信を選択し、モバイルデータ通信がONになっていることを確認
2.オプションのデータローミングがONになっている
2.オプションのデータローミングがONになっている
3.データローミングをOFFにする
3.データローミングをOFFにする
(3)通話はしないがデータ通信はする
・機内モード設定をONにする
・Wi-Fi設定をONにする
上記のように通話は、海外では着信する人も着信料がかかります。通話機能は使わず、データ通信のみ使いたい人は、機内モードでWi-FiのみONにすればOK。

【こんな人におススメ】
日本からの着信料が発生するのを防ぎたい人

【機内モード設定方法】
ホーム画面を下からスワイプ
→ コントロールセンターが表示される
→ 飛行機マークをタップしてONにする

【Wi-Fi設定方法】
ホーム画面を下からスワイプ
→ コントロールセンターが表示される
→ Wi-FiマークをタップしてONにする
機内モード設定、Wi-Fi設定が共にONの状態
機内モード設定、Wi-Fi設定が共にONの状態
・自由にデータ通信を利用するならWi-Fiルーターレンタルが便利
韓国は日本と比べるとWi-Fiスポットが豊富ですが、街中や移動中には無料のWi-Fiが繋がらない場合があります。
外出先でも自由にデータ通信を利用したい場合は、カフェやホテルで無料で使用できるWi-FiではなくWi-Fiルーターをレンタル(有料)するのがおすすめです。

コネストで予約を受け付けているWi-Fiルーターはいずれもデータ無制限で、複数の機器を同時接続することも可能なのでグループ旅行に便利です。
(4)通話もデータ通信も使う
・機内モード設定をOFFにする
・データローミング設定をOFFにする
・Wi-Fi設定をONにする
音声通話もデータ通信も可能になりますが、データローミング設定をOFFにし、通信はWi-Fi限定に設定することで、知らないうちにスマホがデータ通信をしてしまうことを防ぐことができます。

韓国旅行中のWi-Fi利用は、無料Wi-Fiのみとするか、Wi-Fiルーターをレンタルしてどこでも利用できるようにするか、自身の利用頻度や目的などに応じて選択するとよいでしょう。

【こんな人におススメ】
データ通信料がかかり過ぎないように気をつけながら、コネスト韓国地図アプリコネスト韓国地下鉄路線図を利用したい。気分によっては現地でエステ公演チケットなども予約したい。旅行中のSNS発信もしたい。

【データローミング設定方法】
「設定」から「モバイル通信」
→ 「モバイルデータ通信」がON状態か確認
→ 「通信のオプション」をタップ
→ 「データローミング」をOFFにする

【Wi-Fi設定方法】
ホーム画面を下からスワイプ
→ コントロールセンターが表示される
→ Wi-FiマークをONにする
Wi-Fi設定がONの状態
Wi-Fi設定がONの状態
・韓国の電話番号が必要なときは海外SIMカードが便利
データ通信を利用するだけでなく、韓国内で通じる電話番号を確保したい場合は、SIMカードと呼ばれる小型のICカードを購入するのがおすすめ。
海外現地のキャリア(通信会社)に対応したSIMカードを自分のスマホに差し込んで利用するもので、国際電話料金の心配がありません。緊急時の連絡やお店への予約の際にも便利です。

コネストで予約を受け付けているSIMカードは日本と韓国からの受信が無料で可能で、一部通信社のSIMカードは有料で通話やSMS発信をすることもできます。
「海外パケット定額制」を日本で設定して行く
・日本で「海外パケット定額制」サービスに加入する
・データローミング設定をONにする
ここまで韓国で余計な課金をされないための設定方法について解説してきましたが、日本で「海外パケット定額制」というサービスに加入するのも高額請求を避けるための方法のひとつ。

いわゆる「パケット定額制」の海外バージョンで、海外でどれだけデータ通信を使っても通信料が一定になるシステムで、日本の通信各社から提供されています。
このプランに日本で加入してから韓国旅行に行く場合、データローミングをONにすればよいだけなので、海外SIMカードを購入したり、Wi-Fiルーターをレンタルする必要もありません。

契約しているプランによって「海外パケット定額制」利用の制限がかけられていたり、事前に専用アプリのダウンロードが必要な場合があるので、旅行前に通信会社のサイトを通して確認する必要があります。

「海外パケット定額制」サービスの利用方法については日本の通信各社のホームページをご確認ください。

【データローミング設定方法】
「設定」から「モバイル通信」
→ 「モバイルデータ通信」がON状態か確認
→ 「通信のオプション」をタップ
→ 「データローミング」をONにする
「海外パケット定額制」と「Wi-Fiルーターをレンタル」はどっちがお得?
結論から言えば、短い旅程で訪れる人が多い韓国旅行の場合は1日あたりの料金が安い「Wi-Fiルーターをレンタル」がおすすめです。

「海外パケット定額制」は1日あたり980円~2,980円程度。スマホ契約者本人の1台のみ使用可能です。
ノートPCやタブレットを利用する場合にはWi-Fi環境が必要となり、「海外パケット定額制」とは関係ありません。

スマホ以外の端末機器を利用する予定がある場合には、「海外パケット定額制」はあまりおススメできません。

「Wi-Fiルーターをレンタル」は1日あたり500円程度。1台のルーターで複数人がWi-Fiを同時に使えます。一人でもスマホと一緒にノートPCやタブレットもいつでもどこでも利用可能。
ただし、レンタルの手続きが必要、旅行中持ち歩くので荷物になる、ルーターのバッテリーも充電が必要などといったことが発生します。
「海外パケット定額制」と「SIMカード購入」はどっちがお得?
こちらは場合によって異なります。もし旅行期間中に受信のみの通話・SMS使用を予定しているのであれば「SIMカード購入」がおすすめですが、韓国国内や日本に頻繁に音声通話を発信するというのであれば「海外パケット定額制」がお得といえるでしょう。

海外SIMカードを差し込んだ状態で韓国内で通話やSMSを発信する場合は1分あたり264ウォン(約27円)、日本へ発信する場合は1分あたり700~850ウォン(約82円)程度かかります。
一方「海外パケット定額制」はどれだけ通話を発信しても1日あたり最大2,980円で定額利用が可能です。

ただし、SIMカードでも受信のみの通話・SMS利用は無料なことが多いです。データ通信も無制限なところがあるので、自ら通話する機会はあまり無いという時は「SIMカードを購入」するのが良いでしょう。

韓国旅行おトク情報

この情報を共有

掲載日:21.04.05   最終更新日:22.09.01
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
設定