検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国旅行基本情報

韓国の電圧とコンセント

チョナッ、コンセントゥ / 전압、콘센트
262
プラグの形は?変圧器は必要?電源事情をチェック!
電源コードの先に付いているプラグ

韓国では日本と違う形状も使用されています
電源コードの先に付いているプラグ
韓国では日本と違う形状も使用されています
電圧は100V、プラグの形状はAタイプと決まっている日本とは異なり、韓国の電圧は220Vが主流(一部ホテル等では110Vもあり)で、プラグの形状は複数の種類があります。

したがって携帯電話の充電器やノートパソコンなど、日本の電化製品を韓国でそのまま使うことはできず、変換プラグや変圧器が必要となります。

日本の電化製品を韓国で使うにはどうすれば良いか、その方法についてご紹介します。
韓国の電圧とプラグの形状は?
韓国の電圧は220V
日本の電圧は100V。韓国の電圧は110Vもしくは220Vで、220Vが主流です。
韓国のプラグの形状は3種類
韓国では3種類のプラグの形状があります。日本と同じ形状のAタイプと、先が丸い形状のSEタイプとCタイプがあります。

SEタイプとCタイプは一見同じ形に見えますが、プラグの太さと間隔がわずかに異なります。場所によってはSEまたはC、どちらかのタイプにのみ対応しているところもあります。

コンセント(プラグの差込口)の形状
Aタイプ
Aタイプ 
SEタイプ(ピンの太さ:4.5mm)
SEタイプ(ピンの太さ:4.5mm)
Cタイプ(ピンの太さ:4mm)
Cタイプ(ピンの太さ:4mm)
※SEタイプのコンセントは「Fタイプ」と表記されている場合もあります。
プラグの形状が異なる時には「変換プラグ」を使用
変換プラグは、日本の家電量販店や空港等で200~500円程度で買うことができます。また、韓国内の一部ホテルやゲストハウスコンドミニアムでは貸出サービスを行なっている場合もあります。

変換プラグに手持ちの電化製品のプラグを差し込んで使います。なお、韓国では場所によってプラグの形状がSEタイプにのみ、またはCタイプにのみ対応している場合があり、せっかく買った変換プラグが使えないことも考えられます。

そんな場合に備えて、1,000円前後~2,000円前後とやや高価ですが、差込口が調節できるマルチタイプの変換プラグもおすすめです。
変換プラグ 左:SEタイプ、右:Cタイプ
変換プラグ 左:SEタイプ、右:Cタイプ
変換プラグに電化製品のプラグを差し込んで使います
変換プラグに電化製品のプラグを差し込んで使います
日本の電化製品を韓国で使用するにはココをチェック!
日本で購入した電化製品は100~240Vの全世界対応タイプと100Vの日本対応タイプに分かれます。また、機器ごとに消費する電力も異なります。

韓国へ渡航する前には、まず使う予定の電化製品の電圧と消費電力を調べましょう。電圧と消費電力は、取扱説明書や製品本体に表示されています。
変換プラグのみ必要
100~240Vの全世界対応タイプ 

電圧:100~240V
100~240Vの全世界対応タイプ
電圧:100~240V 
「全世界対応タイプ(100~240V)」の場合は、変換プラグを差し込むだけでそのまま使用が可能です。
変換プラグと変圧器が必要
100Vの日本対応タイプ

電圧:100V 

消費電力:18VA⇒18W
100Vの日本対応タイプ
電圧:100V
消費電力:18VA⇒18W
「日本対応タイプ(100V)」の場合は変換プラグに加えて、変圧器を使用して電圧も変えることで使用できます。変圧器を使用する際に、消費電力の確認が必要です。

消費電力の見方は、 写真の例で言うと18VA(ボルトアンペア)、つまり18W(ワット)となります。
こんな時は「変圧器」が必要!
変圧器とは、現地の電圧を電化製品仕様の電圧に変更してくれるものです。 変圧器も日本の家電量販店や空港などで3,000~10,000円程度で販売されています。

電圧が日本対応タイプの100Vの電化製品を、韓国の220Vの電圧で使用すると、100Vまでしか対応していない家電に高い220Vの電圧を流すことになるため、火災や破損につながり大変危険です。

そのため、手持ちの電化製品の電圧が日本対応タイプの100Vの場合、変圧器を使って韓国現地の電圧を220Vから100Vに下げて使用する必要があります。

変圧器には日本の電化製品を海外で使用する際に使う「降圧変圧器(ダウントランス)」と、海外の電化製品を日本で使用する際に使う「昇圧変圧器(アップトランス)」があります。韓国で日本の電化製品を使用する際は、「降圧変圧器」を使用するように注意しましょう。
変圧器使用の際には消費電力をチェック!
変圧器を購入または借りて使用する場合には、変圧器の容量が、使用する電化製品の消費電力に見合ったものか事前に必ず確認しましょう。

電化製品を使用する際、総消費電力量が変圧器の容量を越えないようにすれば、複数の電化製品を同時に使用することができます。ただし、変圧器を使ってたこ足配線をすることは非常に危険です。絶対にしないでください。
主な電化製品の消費電力の目安
電化製品 消費電力
携帯電話、デジタルカメラ、シェーバー 10W
ノートパソコン 50~120W
ヘアアイロン 150~240W
ドライヤー 600~1,200W
変換プラグや変圧器を持って行かず荷物を減らすには?
USBケーブルを使えば変換プラグは不要?!
一部の携帯電話など、プラグを使用せずにUSBケーブルを使用して充電を行なうことができる電化製品もあります。

韓国の一部のホテルや空港などにはUSBポートが備えつけられている所もあり、そのような場所では変換プラグを使用せずにUSBケーブルを活用するのも一つの方法です。
韓国ホテルでは変圧器が不要な場合や、貸出サービスも!
割高で重い変圧器を買うのに抵抗があるという人は、変換プラグ同様一部のホテルやゲストハウス、コンドミニアムで貸出サービスを行なっています。

コネストのホテルページでは「室内設備・アメニティ」の項目で変圧器の貸出サービスの有無を確認することができます。

また、一部のホテルでは電圧が110Vの場合があり、100V対応の電化製品は基本的に使えると言われています。

しかし110V対応のホテルで100Vの機器を使用する際は、使う電化製品や使用時間によってはショートを起こす可能性もあるため十分に気をつけましょう。

韓国旅行おトク情報

ユーザー投稿写真

この情報を共有

掲載日:20.02.15

更新履歴を見る

※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
設定