ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国の空港

襄陽国際空港(江原道)

ヤンヤンクッチェコンハン / 양양국제공항
2

コネストからのお知らせ

※2022年10月から東京(成田空港)路線の運航が再開しました。徐々に増便、他の路線の運航も再開されていく見込みです(20221125)
襄陽国際空港とは?
襄陽国際空港
襄陽国際空港
「襄陽(ヤンヤン)国際空港」は、韓国の東北部、江原道(カンウォンド)の襄陽(ヤンヤン)郡にある地方空港です(空港コードは「YNY」)。

当時、小規模ながら運営していた「江陵(カンヌン)空港 ※現・空軍施設」と「束草(ソクチョ)空港 ※現・陸軍施設」を統廃合し、国際線にも対応できる空港として江陵市と束草市の中間に位置する襄陽郡が新空港の建設先に選定。

2001年に完成し、以降、国内線・国際線が就航する江原道の空の玄関となりました。
2012年頃から中国路線の発着が活発化し、2018年に開催された平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックの際も、チャーター便が増発しましたが、2020年からの新型コロナウイルス感染拡大により、国内線のみの運航となりましたが、2022年から国際線の運航が再開しました。
国際線と国内線の出発フロアは2階に位置
国際線と国内線の出発フロアは2階に位置
国内線到着ゾーン(建物外観)
国内線到着ゾーン(建物外観)
フロアガイド
2階建ての小規模な建物で、1階が到着ロビー。銀行ATMやレンタカーカウンターがあります。

2階が出発ロビーで、コンビニ・カフェのほか、免税エリアには免税店もあります。
空港の位置・場所
襄陽の海沿いに位置する空港です。
襄陽の中心部へは車で10分程度で、人気観光都市の束草(ソクチョ)市江陵(カンヌン)市へもタクシーで40~50分で移動できるので、江原道の東海岸観光の拠点にピッタリです。
コネスト韓国地図
襄陽国際空港から市内へのアクセス
シャトルバスまたはタクシーで
「襄陽国際空港」や周辺都市には地下鉄がないため、到着後は、バスまたはタクシーで移動します。

空港と襄陽のバスターミナルを約10分で結ぶ無料のシャトルバスが運行していて、バスターミナル行きは、飛行機到着15~20分後に出発。空港行きは、飛行機出発75分前にバスターミナルを出発します。

襄陽国際空港(地図)

ホームマート ※中心部(地図)

襄陽総合ターミナル(地図)

※諸事情により変更になる場合あり。
問合せ先:033-670-2266(襄陽郡庁 戦略交通課)

なお、タクシーを利用する場合は12分・7,000ウォンが目安です。
襄陽旅行の見どころ・ポイント
松茸(韓国語でソンイポソッ)
松茸(韓国語でソンイポソッ)
由緒あるお寺「洛山寺(ナッサンサ)」や、晴れた日にはエメラルドグリーンに輝く美しい海岸が有名です。

そんな海に面した場所柄、蟹などの海鮮料理はもちろん、襄陽は松茸の名産地としても知られています。9月下旬から10月中旬が主な収穫時期で、秋の松茸祭りが開催。各地に松茸専門店で、香り良し、味よしの松茸料理を味わってみませんか?
「洛山寺」
「洛山寺」
サーフィンやインスタ映えで有名な「SURFYY BEACH」

※写真提供:江原道経済振興院
サーフィンやインスタ映えで有名な「SURFYY BEACH」
※写真提供:江原道経済振興院
また、襄陽の各観光名所を効率よく回る場合は「江原道観光タクシー」の利用が便利です。外国人観光客専用のチャーター式タクシーで、1台3時間2万ウォンから利用できます。事前予約の上、襄陽総合ターミナルの観光案内所のスタッフに、予約バウチャーを提示したらドライバーと合流してスタートします。
襄陽国際空港から周辺都市へのアクセス
空港からは束草市、江陵市へもタクシーで訪問でき、所要時間・料金の目安は以下の通りです。

・束草のバスターミナルまで40分・19,500ウォン
・雪岳山(ソラッサン)国立公園の小公園(ソコンウォン)登山道入り口まで50分・25,000ウォン
・江陵駅まで50分・41,000ウォン(高速道路料金含む)
タクシー乗り場
タクシー乗り場
主要都市へのアクセス時間と目安料金の表記
主要都市へのアクセス時間と目安料金の表記
束草旅行の見どころ・ポイント
襄陽の北に位置する人気の観光都市で、2000年に大ヒットした韓国ドラマ「秋の童話」のメインロケ地として日本でも有名になりました。イカや蟹、お刺身などの海鮮料理はもちろん、アバイスンデも有名。

市の西側には韓国を代表する名峰「雪岳山(ソラクサン)」の峰々がそびえ、市内中心部からもよく見えます。
江陵旅行の見どころ・ポイント
「鏡浦湖(キョンポホ)」
「鏡浦湖(キョンポホ)」
襄陽の南に位置する人気の観光都市で、鏡浦湖(キョンポホ)を中心に、朝鮮時代の史跡や、美しいビーチ、人気の観光施設が集まっています。江陵駅近くには格安ホテルや昔ながらの在来市場があり観光客にも人気。「端午の節句」やコーヒーに関するお祭りも有名です。
また襄陽同様に、束草も江陵も地下鉄がないため、各観光名所を効率よく回る場合は「江原道観光タクシー」の利用が便利です。外国人観光客専用のチャーター式タクシーで、1台3時間2万ウォンから利用できます。事前予約の上、鉄道駅またはバスターミナルの観光案内所のスタッフに、予約バウチャーを提示したらドライバーと合流してスタートします。
基本情報
名称 襄陽国際空港
空港コード YNY
Wi-Fi 利用可(無料)
住所 江原道 襄陽郡 巽陽面 銅湖里 545
(강원도 양양군 손양면 동호리 545)
[道路名住所]
江原道 襄陽郡 空港路 201
(강원도 양양군 공항로 201)
電話番号 1661-2626
ホームページ www.airport.co.kr/yangyangjpn

地図

韓国旅行おトク情報

この情報を共有

掲載日:17.10.07   最終更新日:22.09.30
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
設定