検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国の空港

国際線航空機内への液体物持込制限


176
国際線航空機を利用する際、液体物の航空機内への持ち込みは制限されています。

飛行機の搭乗直前で慌てることがないよう、対象となる液体物や、機内へ持ち込む際の注意点を事前に確認しておきましょう。
国際線航空機内への液体物持込制限の基礎知識
・あらゆる液体物は、100ml以下の容器に入れる。
(100mlを超える容器に100ml以下の液体物が入っている場合でも不可)
・それらの容器を再封可能な容量1L以下の透明プラスチック製袋に余裕をもって入れる。
・旅客一人当たりの袋の数は一つのみ。
(そのプラスチック製袋を、検査場において検査員に提示しなければならない)
・医薬品、ベビーミルク、ベビーフード、特別な制限食などについては、適用除外。
(液体物の機内での必要性について照会されることがある)
事前にチェック
・搭乗便出発の2~3時間前までに空港に到着しておくこと
・機内持ち込み手荷物は、パスポート、搭乗券、財布など、必要最小限にすること
・機内持ち込みにする液体類はあらかじめ規定のビニール袋に包装しておくこと
・液体やパソコンなどの電子機器を機内持ち込みにする場合には、手荷物検査を受ける前にカバンから出しておき、すみやかに検査員に提示すること
日本の空港で購入できる

透明プラスティック袋
日本の空港で購入できる
透明プラスティック袋
約20cm×20cm以内に収めよう

(各100ml以内のもの)
約20cm×20cm以内に収めよう
(各100ml以内のもの)
袋の口が閉まらないとNG
袋の口が閉まらないとNG
韓国内の免税店で購入した物品に対する機内持ち込み条件
保安検索を通過後、空港内の免税店で引き渡された液体類、ジェル類、エアゾールは、以下の条件を遵守すれば持ち込み可能。
・全免税店共同で製作された透明ビニール袋で梱包されている場合
・免税店で購入時にもらった領収書(引換券)が透明ビニール袋に同封、または添付されている場合
・透明ビニール袋は最終目的地に到着した後に開封しなけらばならず、その前に開封されてしまったり、破損した場合は持ち込み禁止となる
※日本の空港内では、保安検査後の搭乗待ち合いエリア(クリーンエリア)で購入したものは、客室内への持ち込みが可能。(国土交通省発表)
液体物制限の対象リスト
量的制限の対象となる液体物のリスト
※この資料は日本国土交通省発表のものです(2019年8月22日時点)。韓国においても、日本においても具体的な最終判断は、保安検査場における検査員が行います。
品目 代表例 客室内持ち込みの可否
食品類
果実飲料 果汁100%飲料、果汁飲料(つぶつぶオレンジ)、果肉飲料(ネクター)、野菜ジュース、トマトジュース、果汁フレーバー入り飲料 可能
(ただし、100ml以下の個々の容器で、それらの容器を1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れてください。)
清涼飲料 コーラ、ラムネ、サイダー、ジンジャーエール、ノンアルコールビール、ソーダ、コーヒー、ココア、紅茶、日本茶、中国茶、水、炭酸水、スポーツドリンク、栄養ドリンク、ビネガードリンク、スポーツ用ゼリー飲料
乳飲料 牛乳、豆乳、乳酸(菌)飲料、ミルクセーキ、ラクトフルーツ、乳清飲料
アルコール飲料
※アルコール度数が70%を超えるアルコール飲料は客室内への持ち込み及び受託手荷物での取扱いはできません
酒類
調味料 以下の缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、チューブ容器詰め
【醤油、低カロリー甘味料シロップ、味噌、食酢、合わせ酢、みりん風調味料、液体だし、ソース、ケチャップ、たれ(焼き肉、すき焼き、餃子、田楽、丼)、マヨネーズ、ドレッシング、練りからし、練りわさび、つゆ、中華調味料(コチ醤、豆板醤、オイスターソース)、もみじおろし、おろし生姜、おろしにんにく、タバスコ、ゆず胡椒】
※乾燥香辛料(唐辛子、胡椒、カレー粉、乾燥ネギ等)を除く
※少量濃縮汁(乾麺付属パック汁、鰻のタレ等)を除く
食用油 以下の缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、チューブ容器詰め
【胡麻油、サラダ油、天ぷら油、ラード、オリーブ油、ネギ油、ラー油、ガーリックオイル、ショートニング】
可能
(ただし、100ml以下の個々の容器で、それらの容器を1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れてください。)
スプレッド類
(パンなどに塗って食べるジャムなど)
以下の缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、チューブ容器詰め
【ピーナッツバター、チョコクリーム、カスタードクリーム、バタークリーム、ジャム、マーマレード、フルーツソース、ピザソース、サンドイッチスプレッド】
乳製品 以下の缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、チューブ容器詰め
【マーガリン、スキムミルク、コンデンスミルク、ホイップクリーム、生クリーム、サワークリーム】
調理品 以下の缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、レトルトパック詰め、ふくろ詰め
【カレー、シチュー、中華料理の素、まぜご飯の素、雑炊、リゾット、おかゆ、中華粥、クッパ、からし高菜】
   ※プラスチック容器詰めご飯は除く
スープ 以下の缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、レトルトパック詰め
【コーンクリームスープ、クラムチャウダースープ、ポタージュスープ、パンプキンスープ】
※固形、顆粒状(コンソメ、スープストック、鶏ガラスープ等)を除く
菓子作り等材料 以下の缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、チューブ容器詰め
【蜂蜜、水飴、ガムシロップ、ケーキシロップ、カクテルシロップ、練りあん、こしあん、バニラエッセンス】
漬け物・佃煮
・加工水産

(塩蔵魚介類)
以下の缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、真空パック詰め
【塩辛、塩漬け、しば漬け、ぬか漬け、小魚・貝・小エビ・海苔・昆布・肉の煮詰めた物、甘露煮、キムチ、らっきょう、スタッフドオリーブ、酢漬け梅干し、福神漬け】
※干し梅、かりかり梅など含有される液体が非常に少ない物を除く
可能
(ただし、100ml以下の個々の容器で、それらの容器を1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れてください。)
水物 以下のプラスチック容器詰め、真空パック詰め
【豆腐、こんにゃく、生湯葉、ところてん、生麩、生春雨】
その他の缶詰め 野菜缶詰め、果実・デザート缶(みつまめ、あんみつを含む)、うずらの卵、おでん缶詰、栗甘露煮缶
※水産缶詰め(シーチキン、蟹缶、魚肉油漬缶)、畜産缶詰め(コンビーフ、ハム、ソーセージ)など含有される液体が非常に少ない物は除く
デザート・ヨーグルト プリン、ババロア、ゼリー、ムース、みつ豆、おしるこ、ぜんざい、杏仁豆腐、あんみつ、栗ぜんざい、ミニゼリー、飲むゼリー、くずきり、ヨーグルト、飲むヨーグルト、ヤクルトミルミル、シェイク、スムージー
アイスクリーム類 アイスクリーム、かき氷、氷類
健康食品・
栄養保健食品
以下の瓶詰め、プラスチック容器詰め、真空パック詰め、チューブ容器詰め、カプセル詰め
【プルーンエキス、高麗人参エキス、梅肉エキス、ローヤルゼリー、薬用酒(漢方酒)、ドリンク剤】
化粧品類(非放射性のもの)
ガスボンベ式スプレー
(圧縮した高圧の気体を鉄製の容器にいれ、噴霧させるスプレー)
以下の二つに分類できないもの 塗料スプレー、模型用スプレー、パンク修理スプレー、催涙スプレー、酸素スプレー、エアダスター
不可能
(客室内に持ち込むことも、カウンターで受託手荷物として預け入れることも出来ません)
スポーツ用品・日用品のエアゾール
※スプレー類(毒性・腐食性の無い物で、「火気注意」や「火気厳禁」などの引火性を示す表示が無いもの)
防水スプレー、静電気防止スプレー、滑り止めスプレー、スプレーのり(衣服用)
不可能
(客室内に持ち込むことは出来ませんが、カウンターで受託手荷物として預け入れることが可能です。量の制限などがあります。)
化粧品、医薬部外品(直接肌に付けるもの)
※医薬品については、下記「医薬品類(非放射性のもの)」の表をご参照ください。
美容スプレー、美白スプレー、虫さされ・かゆみ止め薬(液体・スプレー)、消臭スプレー(身体用)、除菌スプレー、制汗スプレー、冷感スプレー、ヘアスプレー、シェービングフォーム、殺菌・消毒剤(液体・スプレー)
可能
(ただし、100ml以下の個々の容器で、それらの容器を1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れる)
霧吹き式スプレー類、噴霧器 美容スプレー、美白スプレー、虫さされ・かゆみ止め薬(液体・スプレー)、消臭スプレー(身体用)、除菌スプレー、水虫スプレー、制汗スプレー、ヘアスプレー、殺菌・消毒剤(液体・スプレー)
クリーム、ローション類 軟膏、救急用塗り薬、日焼けローション、保湿クリーム、ハンドクリーム、薬用クリーム(医薬部外品)、化粧水、液状コンシーラー、化粧下地クリーム、ボディーローション、スキンローション
泡風呂等入浴剤
(液状、ジェル状)
※顆粒状、粉末状の物を除く
育毛剤(液体・スプレー) -
制汗ジェル、整髪ジェル -
ジェル状リップクリーム
 ジェル状口紅
ジェル状リップクリーム、ジェル状リップグロス、ジェル状口紅
  ※ただし、スティック状の物を除く
液状ファンデーション -
香水、コロン
(液状、ジェル状、霧吹き式スプレー)
香水、トワレ、コロン
液状除菌剤 ハンドサニタイザー
液体せっけん ハンドソープ、ボディソープ
液体マスカラ、液状アイライナー -
化粧クレンジング、
洗顔用品
洗顔フォーム、メイク落とし
口腔洗浄液、
口中清涼剤
マウスウオッシュ、口臭スプレー
マニキュア、除光液、
 ネイルアート用品
-
シャンプー、リンス、
トリートメント
-
ハミガキ (いわゆる歯磨き粉)
その他
液体、ジェル状物質 水のり、修正液、万年筆インク、
墨汁、水性絵の具
可能
(ただし、100ml以下の個々の容器で、それらの容器を1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れてください。)
入れ歯安定剤 -
家庭用洗剤、染料 衣料用洗剤、おしゃれ着洗い用洗剤、ドライマーク衣料洗剤、アイロン用仕上げ材、染み抜き剤、台所用洗剤、住宅・トイレ・バス・ガラス用洗剤、畳・カーペットクリーナー、電気製品用クリーナー
靴墨、靴クリーム -
これもNG!韓国土産の機内持ち込み禁止液体物の代表例
持ち帰り用のカンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)など液体が含まれているもの
持ち帰り用のカンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)など液体が含まれているもの

液体物制限の対象となるが、例外扱いされるものリスト
以下に掲載するものは、今回の液体物の対象ではありますが、例外扱いされるものです。

100ml以下という容器の制限もありませんし、1リットル以下のプラスチック袋に入れたりする必要はありませんが、「医薬品」として検査員に申し出る必要があります。
品目 代表例 客室内持ち込みの可否
医薬品類(非放射性のもの)
液状、ジェル状の処方薬品、市販薬品
(目薬、医療用食塩水を含む)
液状風邪薬、液状胃腸薬、咳止めシロップ、ジェルカプセル薬、コンタクトレンズ用剤(保存液)、熱冷ましシート、使い捨てコンタクトレンズ、消炎鎮痛剤(液体・スプレー) 客室内で必要となる量に限って持ち込み可能(検査員への申告が必要)
※下欄を参照
食事療法者、身体障害者、輸送患者に対する水、ジュース、液状栄養食品、糖尿病患者用の特別食品 糖尿病患者用食品
乳幼児食品、母乳、妊産婦用食品等
※乳幼児同伴の場合に限る
乳児用離乳食、乳児用飲料
(乳児用のほうじ茶、乳幼児用スポーツドリンク、妊産婦用栄養ドリンク、妊婦用ゼリー)
その他 氷、保冷材(要冷蔵薬(インシュリン、ホルモン剤など)を冷やす目的で、これらの医薬品と同胞されている場合に限る)
保安検査員は、必要に応じ、旅券・搭乗券の他に当該液体物の持ち込みが必要とされる適切な証拠(処方箋の写し、薬袋、診断書、飲食等)の提示を求め、不審な場合や疑わしい場合には、接触検査及び開披検査を実施することがあります。

なお、液状・ジェル状の薬品で、100ml以下の個々の容器に入ったものは、1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れることにより、検査員に申し出ることなく、他の液体物と同じように、客室内への持ち込みが可能です。

液体物制限の対象外となるものリスト
以下に掲載するものは、今回の液体物制限にあたり、対象外となるものの例です。全てではありませんが、対象となるか判断する場合の参考として掲載しています。

これらのものは、持ち込む量に関わらず、客室内への持ち込みが可能です。客室内への持ち込みについて、特に申し出る必要はありませんので、手荷物内に入れたままで問題ありません。
品目 代表例 客室内持ち込みの可否
農産乾物 胡麻、干し椎茸、豆類、切り干し大根、かんぴょう、高野豆腐、ビーフン、きくらげ、乾燥野菜、春雨、乾燥よもぎ、湯葉 客室内への持ち込みが可能。(特別な申告などは必要なし)
加工水産(乾燥) 味付け海苔、焼き海苔、青のり、乾燥わかめ、とろろ昆布、だし昆布、根昆布、ひじき、煮干し、いりこ、鰹節、削り節
加工水産
(塩蔵魚介類)
以下の缶詰、瓶詰め、プラスチック容器詰め、真空パック詰め
【雲丹、数の子、いくら、クラゲ、明太子、キャビア、鮭フレーク、ちりめん】
※ただし、塩辛など液体の含有量が多いものは制限の対象となります。
菓子類 キャンディ・キャラメル、チョコレート、チューインガム、ビスケット・クッキー、米菓、スナック(ポテトチップ、ポップコーン、えびせん)、豆菓子、生菓子(団子、柏餅、草餅、大福、おはぎ、水羊羹、葛桜、葛まんじゅう、生ケーキ、シュークリーム、パイ)、半生菓子(どら焼、蒸しケーキ、饅頭、最中、カステラ、甘納豆、バームクーヘン、スイスロール、マドレーヌ、パウンドケーキ、ドーナツ)焼き菓子、油菓子、綿菓子、乾パン、盆供え菓子
その他 チーズ(チューブ容器詰めなどを除く)、納豆、生卵、果物
化粧品類
ウエットティシュ - 客室内への持ち込みが可能。(特別な申告などは必要なし)
メイク用コットン、
美容パック
(紙製)
ふき取りクレンジング紙、保湿パック紙、美容パック紙
日用品
筆記用具 万年筆、ボールペン 客室内への持ち込みが可能。(特別な申告などは必要なし)
その他
ジェル入りバストアップ・ブラ(着用可) - 特別な申告は必要なし。
医療整形、美容整形として使用されている物(人工乳房、生理的食塩水、豊胸用充填物) シリコン
喫煙用ライター
※燃料が吸収剤に吸収されてないオイルライターは客室内への持ち込み及び受託手荷物での取り扱いはできません
使い捨てライター(いわゆる百円ライター)、ガス充鎮式ライター、吸収剤(綿)入りライター 客室内持ち込みに限り
(1リットル以下のジッパー透明プラスティック袋に入れる)
※客室内への持ち込みは、一人一個に限ります
※外国当局による別の規制がある場合がありますので、ご利用の航空会社にご確認ください
詳細はこちら(外部サイト)

韓国旅行おトク情報

ユーザー投稿写真

この情報を共有

掲載日:19.09.05

更新履歴を見る

※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
設定