韓国ホテル予約「コネスト」 楽古斎ソウルの口コミ
KONEST

楽古斎ソウル

락고재 서울 / Rakkojae Seoul
等級
ゲストハウス
エリア
ソウル中心部 鍾路・仁寺洞
クチコミ評価
4.8/5.0(16件)
4.8/5.0 16

予約の申し込み・変更、空き状況に関する質問は掲示板上では受付できません。 予約の確認・変更は予約確認ページからお願いします。その他予約に関して不明な点はよくある質問をご覧ください。 コネストにホテルをご予約頂いた会員様の該当ホテルへの質問にはコネストが回答致します。

16件のうち 1~15件を表示
一人宿泊しました。(返信:0) 投稿者:piromi6908さん 投稿日:2019.10.28

​ホームページ(日本語)あり、メールも日本語のやり取りで予約出来ます。

2泊のんびり韓屋で過ごしたいと思い立ったのが2週間前だったので、部屋数少なく人気と解っていたのでダメもとで​メールしたのですが、ソウル到着の1日のみ空室あり予約し宿泊しました。

ホームページ上には記載のない「デムンチェ」と言う1人部屋(​私の宿泊した日は1泊w187,000です。)が昨今出来たそうで、空室確認メールした際にそこではどうかと案内されました。やはり、ほかの部屋よりは狭く新しさ満載なので、次回は値段張りますが他の部屋で​、無料・有料様々な体験も準備されているのでのんびり宿泊してみたいです。部屋の窓からの眺めや敷地内の庭を散歩するだけでも雰囲気十分楽しめたので、​「デムンチェ」でも満足。

宿でお世話してくださる方は、私の宿泊した日は英語は大丈夫でしたが日本語は通じませんでした。

利用日:2018.09.05
楽古斎に泊まりました(返信:0) 投稿者:退会ユーザーさん 投稿日:2016.07.20

7月上旬、2泊3日で女性4名で「ビョルチェ(離れ)」に宿泊しました。
予約はメールのやり取りで安心できました。
初めての韓屋でとても貴重なたいけんをさせていただきました。
到着がチェックインの時間より早かったので先にスーツケースをあづかっていただきました。
寝室が2室とユニットバス・トイレが2つずつと食事をしたり、皆んなが集まる居間の他に3畳ほどの貴重品入れ(使えませんでしたが)やポット、ソーサーがある部屋がありました。
朝食は2日目の朝はあわび粥と塩サバ、3日目の朝は雑穀米にタラの焼き物、夕食は外で食べるのでつけなかったら税金分の10%が引かれていました。
出掛けても、暗証番号を教わっていたので遅くなっても大丈夫。宿泊代金はチェックアウトの時に支払いました。門をくぐる小さい石の階段に気をつけなければいけません。
皆さんも、一度泊まってみてはどうですか?

質問
料金(返信:2) 投稿者:yanyanchenさん 投稿日:2014.04.07 最新レス:miya chanさん(2014.10.13)

一泊おいくらですか?

投稿者:Yuseong◆さん投稿日:2014.04.08

ソウル在住なこともあり、泊まったことはないのですが・・・、

宿のサイト(ENGLISH と 日本語 あり)
http://www.rkj.co.kr/

で、「楽古斎ソウル」→部屋、お食事→メニュー

と見ると、各部屋の料金(朝食込み、税別。一室25万ウォンより)が出てくるようですよ。

投稿者:miya chanさん投稿日:2014.10.13

こんにちは♪
私は2014年3月と6月に泊まりました。

3月は二人で、二泊で、夕食、朝食 (二日間とも)ついて
二人で、500000ウォンでした。
(一人分だと 訳25000円ということになります。でも二泊で二食付きですから)

ただ、6月にひとりで泊まった時は、一泊250000ウォン 25000円でした。
ひとりでもふたりでも、ひと部屋25000円と考えたらよいかと思います。

ただ・・・予約の時点では、メールで現金で払っていただくと10%オフになります。と
メールに書いてありました。それで6月はカードで支払わないで、現金で
支払いました。・・・ところが、予約承った方と支払いした方が違っていて
現金で払ったのですが、そのまま250000ウォンでした。

いつもなら、メールの内容をコピーして宿泊するのですが、
二度目でしたし・・・ということもあってプリントアウトしていかなかったのです。

なんだか、楽古斎とは思えない出来事に残念に思いました。

憧れの楽古斎、泊まって来ました♪(返信:4) 投稿者:YUKAKOさん 投稿日:2012.12.20 最新レス:YUKAKOさん(2012.12.21)

初韓の時、購入した『るるぶ』に紹介されていて、以来憧れのお宿でした。

ここに、泊まるならオンドル体験してみたい!と
人気のお宿と聞いていたので、約1年前から予約させていただきました。

金浦到着時、マイナス6度。
迎えに来て下さった、TAXIの運転手さんに
『楽古斎で大丈夫? 今週末はかなり冷えるよ~ 寒くないかなぁ…』
と、言われ『そうなんですかぁ・・・?』と少し不安に…

12/8、9と2泊させて頂きましたが
滞在中、最低気温 マイナス14度 最高気温 マイナス4度と聞きましたが
オンドルはとても暖かく、夜中は2日とも汗ばむくらいでした。

事前に問合せて、門限は無い、夕食は6~7時でチョイス。朝食は8時。
チムジルバンの利用は夕食後、7~9時 と聞いていました。

お部屋にはTVは無く、冷蔵庫と湯沸かし器。加湿器は聞いてみたら『無い』
との事だったので、夜中、バスタブに少し水をはっておいたのと
洗濯物を枕元で乾かしておきました。これだけで、乾燥は防げたようです。

寝間着と、チムジル服も貸してくれます。(無料)

冷蔵庫にはお茶(缶タイプ 2本)とミネラルウォーター(500ml 1本)が
1泊につき人数分用意してありました。(無料)

変圧器も貸してくれました。

さて、到着すると、カヤグムの音色が流れる中、トングレ茶と薬菓でおもてなししていただきました。
おくどさん(韓国でもこう言う?)に火が入っており、晩ご飯の準備をされていたようです。
滞在中のMENUは、

1日目 
【夕食】 アワビの参鶏湯、チャプチェ、おかず、ご飯、林檎

2日目 
【朝食】 アワビのお粥、済州産サバの塩焼、おかず、ヨーグルト、珈琲
【夕食】 ビビンパ、わかめスープ、おかず

3日目
【朝食】 食パン2枚、目玉焼、ベーコン、ヨーグルト、珈琲、オレンジジュース

で、量も丁度よく、とても美味しかったです。

何気に食べてた、石焼… やトッペギの料理って
やはり、寒い国ならではの工夫なのかなぁと思いました。

オンドルの床暖房でお部屋はすぐ暖かくなりますが、料理を運んでこられたり
出入りするために扉を開けると、冷たい風がひゅーっと…
すると、お茶などすぐに冷めていました。

鍋ごと煮てぐつぐつ言いながらやってくる料理は、やはり冷めにくい…
などと…参鶏湯食べながら思っておりました。

本当に静かで、のんびりできるお宿でした。是非また泊まりたいです。
お世話になり、ありがとうございました。😌

投稿者:サブロウの妻さん投稿日:2012.12.20

YUKAKOさん、おはようございます

楽古斎、素敵ですねえ・・・憧れの宿です。

一年前に予約されていたのですか!
人気があって、なかなか予約が取れない、と聞きましたが やはりそうでしたか。

日本語は通じないのですよね?
予約メ-ルが韓国語となると 私にはハ-ドルが高いです。

それと、お部屋はオンドルで温かそうですけど あの布団で身体は痛くなかったですか?
夫がとても寒がりで まず、冬のソウルなんて絶対に行きたくない!
薄い布団は身体が痛くて眠れない!などと言うので、韓屋には泊れそうにないのですよ。

お食事も ちょうど良さそうな量ですね。
雪景色を時々眺めながら オンドルの部屋で 参鶏湯やお粥をハフハフしながら食べてみたい!
あ、扉がが開くたびに 風が入って、お茶が冷えてしまうんでしたね。
雪景色を見ながらの食事は無理ですね。

なんとか、夫を説き伏せて いつかは泊ってみたいと思っています。

YUKAKOさんの情報は とても参考になりました。
どうも有難うございます。

☆今、楽古斎のHPを見たら、日本語の説明がありました。
  良く調べずに あれこれ質問してしまい すみません。

投稿者:YUKAKOさん投稿日:2012.12.20

サブロウの妻さま

こんばんは😄 お返事遅くなり、すみません。
私でわかることなら…質問どうぞ!大歓迎です。笑

サブロウの妻さまも、注目のお宿ですか?
とっても、お似合いだと思います。
是非、サブロウさまを説得されて、お泊り頂きたいです!笑

①私たちが行けるのが週末という事で、さらに混んでいるのではないか…
②どうしても「アンバン」に泊まってみたかった。(玉の床板とのこと…)

この理由から、早いに越したことない?と思い約一年前に予約しました。
返事は、即OKでした。(そういう意味で、混んでる実感はありませんでした)

メールのやり取りは日本語でした。
宿泊中は、常におられる女性の方一名(韓国語のみ)、朝通ってこられ、晩ご飯まではおられる方は
お二人いらっしゃって毎日交代されます。(なので、お二人でお世話くださる感じです。)
一人は(韓国語少し日本語がわかる(?))、もう一人は日本語OKでした。
3人ともとても感じの良い方で、滞在中快適に過ごさせていただきました。

それから、お布団ですね~大事なポイントです!笑
私は腰痛があり、今回も旅行前に仕事を休むくらい動けなく…
しかも極寒のソウルという事で体が冷えて、玉の床が逆効果なら・・・と、ここがネックでした。

しかし、いわいる日本の『せんべい布団』ほども薄くなく、布団に入るとクッション感は少々あります。
ふとんは日本の旅館のように上げ下げせず、ずーっと敷いたままで
玉の遠赤効果もあってか、ぽかぽか気持ち良かったです。
腰痛持ちの私でも全然痛くありませんでした。

オンドルの温度によって暑さは変わると思いますが、
多分1日目の夜はオンドル高め、2日目やや低めだったと思います。
1日目は二人とも、夜中少し暑くて目が覚めました。
2日目夜中に起きませんでしたが、友だち→丁度よい、私→少し寝汗 でした。
こんな事もあると聞いていたので、枕元に水を用意して就寝しましたので
夜中布団をめくって、お水を飲んで又すぐ寝ましたよ。笑

室内は扉さえしまっていたら、快適な暖かさで、程よい頭寒足熱状態。
のぼせるほど暑いという事も、寒いという事もありませんでした。
空調設備もありましたので、夏はクーラーも可ではないでしょうか…

雪のお庭はとても情緒があって素敵でしたが、ここも四季折々で違う風情を見せてくれそうです。
私は、又違う季節にも行ってみたいと思っています。

サブロウさま! 素敵なお宿でした!!是非奥様と・・・😉
サブロウの妻さま、コメントありがとうございました。😌

投稿者:サブロウの妻さん投稿日:2012.12.21


YUKAKOさん こんんちわ

メ-ルのやりとりは日本語OK、接待して下さる方々も日本語が通じる方がいらっしゃるとのこと、
YUKAKOさんのお話を聞いて ハ-ドルが一段、低くなりました。

布団も 見た目ほどは辛いことは無いようですね。
薄い敷布団→せんべい布団→身体痛い!・・・と、夫は信じ切ってます~

オンドル部屋での過ごし方も ご丁寧に説明していただき有難うございました。
ますます、泊ってみたくなりました。

青空に風見鶏が映えますね。
あれは もしかして「ソッテ」 という物なのでしょうか。
天と地と水を自由に行き来する水鳥(渡り鳥?)とか。

いつ行かれるか判りませんが、次のソウル行きに楽古斎、考えたいと思います。

YUKAKOさん、たくさんの情報と写真、本当にどうも有難うございました。



投稿者:YUKAKOさん投稿日:2012.12.21

サブロウの妻さま

再びご返信下さり、ありがとうございます。
近い将来、実現すると良いですね〜😉
その時は、サブロウの妻さまのリポート
楽しみにしております。😌

風見鶏では無く、ソッテかもしれませんね…
かもでは無く、きっとそうだと思えて来ました。

韓国伝統の守り神との事… 初めて知りました。
貴重な情報をありがとうございます。
また一つ、韓国について知る事ができました。😌

質問
楽古斎から金浦空港へ(返信:3) 投稿者:ainnyさん 投稿日:2012.10.13 最新レス:ainnyさん(2012.10.15)

10月末に楽古斎に宿泊予定です。
最終日に泊まるので、そこから金浦空港へ行きたいのですが
周辺に金浦空港行きの高速バス乗り場はありますか??

初めて行くので不安です。
よろしくお願いします。

投稿者:shipadさん投稿日:2012.10.13

こんばんは

地下鉄安国駅に金浦行きのバス停がありますが、一般バスです。
ご希望のような高速バスやリムジンバスは近くには通っていません。

一般バスは 601番のバスになります。
ただ、市内をぐるぐる回ってから金浦空港に行くので、90分ぐらい掛かりますよ。

投稿者:ahahzhさん投稿日:2012.10.13

近いのは昌徳宮にあるバス停みたいですね。

それか、安国駅から地下鉄に乗って、鐘路3街で5号線に乗り換えて金浦空港まで行く方法もあるみたいです。
楽古斎から安国駅まで徒歩で10分しなかったと思います。

詳しくは楽古斎の人が教えてくれるんじゃないですかね?

投稿者:ainnyさん投稿日:2012.10.15

ありがとうございます。
地下鉄の方が便が良さそうですね。
楽古斎の方にも聞いてみようと思います。
ありがとうございました。

質問
楽古斎予約に関してお聞きしたいです!(返信:1) 投稿者:あいこっちさん 投稿日:2012.09.30 最新レス:kumirin827さん(2012.10.01)

はじめまして!
年末に楽古斎に予約をしました!
メールで予約のやり取りをしたんですが、
名前や連絡先など、何も聞かれなかったので、
きちんと予約できたのか不安です。

楽古斎に泊まられた方、予約はメールだけでしたか?
ぜひ教えていただきたいです!

投稿者:kumirin827さん投稿日:2012.10.01

あいこっちさん、こんばんは。

私は安東河回村の楽古斎に泊まりましたが、
同じようにメールのやりとりだけでした。

少し不安でしたので、こちらから、名前をメールして予約確認書が欲しいと申し出しました。
すぐに、簡単な書式の確認書がきましたので(メールで)、それを持っていきました。

参考になれば、幸いです。

朝食がすばらしかったです(返信:2) 投稿者:わるねこさん 投稿日:2012.09.15 最新レス:わるねこさん(2012.09.15)

9月5日・6日と楽古斎・ソウルのコンノンパンに母と二人で泊まりました。

お部屋も,その横に設置されている洗面所・浴室も,きれいに掃除されており,お布団も清潔で快適そのものでした。
トイレは温水洗浄トイレ。
浴槽は狭いですが,半身浴にはぴったりかも。
ドライヤーや寝巻もありました。

テレビはなく,落ち着けます。
戸締りはスッカラッ(おさじ)を留め金に差すだけのタイプなので,ちょっと不用心ではありますが,お部屋の中に金庫が設置されています。

伝統家屋なので当たり前ですが,音は結構聞こえます。
私たちの部屋のマル(板の間)を挟んだお向かいにあるアンバンに泊まっていたグループの声が,かなりクリアに聞こえました。
音が聞こえると言えば,部屋の中も同じで,洗面所・浴室・トイレの音は室内に丸聞こえですので,その意味では気心の知れた人と宿泊することをおすすめします。

以前の口コミに門限の話題が出ていましたが,門限については特に何も説明はありませんでしたが,出かけるときに大門の鍵を貸してくれたので,夜遅くに帰って来ても呼び鈴を押さずに中に入ることができます。

一番印象的だったのは,朝の食事でした。

朝食は,1日目はお向かいのアンバンに宿泊客がいなかったので,アンバンとの間にあるマル(板の間)で,中庭を眺めながらいただくことができました。
あわびのおかゆ,さばの塩焼き,白菜キムチ,白菜の水キムチ,しいたけナムル,きゅうりと海老の和えもの,いもの茎のゴマ和え,が出ました。
朝の爽やかな風が通る開放的な板の間でいただく,滋味のあるお食事でした。
食後にはコーヒーも出ましたよ。

2日目の朝は,お向かいのアンバンのグループがマルで食事をするため,私たちはお部屋の中でいただきました。
この日の朝は洋食で,くるみ入りトースト,ジャム,目玉焼きとベーコン,ヨーグルト,というメニュー。
野菜がない・・・
私は「ゆるベジ」の人なので,トーストしか食べませんでした。
お膳を下げに来たアジュモニに「残してごめんなさい」とお詫びしたところ,アジュモニは「前日の夜に言っておいてくれたら,チゲを用意したのに」と言って,いったん台所に消えたなと思ったら,おかゆとナムルとキムチを持ってきてくれました。
きっとチゲもおいしいのでしょうから,次回泊まる機会があれば,ぜひ食べてみたいです。

トータルで,とても満足度の高いステイでした。

ただ,予約や問い合わせのために何度かメール(韓国語)のやり取りをした際,なかなか返事がもらえなかったのが,玉にキズでしょうか。
電話の方がよかったのかもしれません。

投稿者:YUKAKOさん投稿日:2012.09.15

わるねこさま

はじめまして。

12月にこちらを予約しています。
詳しい情報ありがとうございます。
拝見して、とても楽しみになりました。

お隣の方達に、ご迷惑にならないように
はしゃぎすぎには、気をつけますね。

12月だと、マルでの朝食は無理かもしれませんね。
残念ですが…
それは又のお楽しみにとって置けますね。 笑

投稿者:わるねこさん投稿日:2012.09.15

YUKAKOさま,ご返信ありがとうございます。

駄文がお役に立てたのなら,幸いです。
12月でしたら,オンドルの季節ですね。
冬の楽古斎のご報告,楽しみにしております。

感激しました!(返信:0) 投稿者:ちゃじかさん 投稿日:2012.07.08

楽古斎さんのHPにある一泊二日の安東ツアーに中国人の友達と行って来ました。
同行してくださったスタッフの方もとても親切で道中も気を遣ってくださり、また安東楽古斎の方々もおだやかで全くイヤな思いを一つもしないで過ごせました。
松の木のライトアップ、終始流れている伝統的な音楽、その中で味わう韓牛メインのお食事。。極上なひと時を味わえました。
ヨモギのサウナまであったので、これも思いがけず嬉しかったです。
中国人の友達も喜んでしてくれたのでこの旅行を提案して良かったです。
楽古斎さんの「おもてなしのコンセプト」みたいなものは正直今までの韓国では経験しなかったので感激しました。
今度はぜひソウル楽古斎に泊まるつもりです!

居心地のいいお宿(返信:4) 投稿者:けせらせらさん 投稿日:2012.03.04 最新レス:beraさん(2012.03.08)

1月下旬,ひとり旅で訪れました。

韓屋のお部屋は,綺麗で,寒い季節でしたが暖房もきちんと効き,また,檜のお風呂が備えられていて,とても居心地がよかったです。
夜は,ハンジョンマクにも入れて,満足。
翌朝の朝食はお部屋で頂き,安東サバと安東ビビンバ,美味しかったです。

宿のご主人に,とても親切にして頂きました。
また,いつか,夏にでも,再訪したいと感じました。



投稿者:サングンさん投稿日:2012.03.04

>けせらせらさん
韓屋の宿に泊まられたんですね‼
私もすごく憧れています。
1人でも宿泊可との事で安心しました。
失礼ですが、1人で1泊お風呂も付いていておいくら位するんでしょうか?
それと、門限は何時とかありますか?
よろしければ教えて下さい。

投稿者:カヲリンさん投稿日:2012.03.04

けせらせらさん

いい時間が過ごせてよかったですね。
私も、夏に、訪れて、凄く良かったです。

時間がゆっくり流れている空間ですよね。
便利なホテルもいいですが、一度は、泊まっていただきたいですね。

投稿者:ババロアさん投稿日:2012.03.08

私も今月 樂古斎へ宿泊予定なのですが 夕食を外に出ようか 宿に予約してビビンパを食べようか悩み中です。 いかがでしたか?
それと 歴史ある所へ泊るのにはばかれる質問なのですが・・
ドライアーはありました?あるいはコンセントが韓国式のみなのかどうか?
オンドルの床で寝るのも初体験なので 期待と不安がないまぜです。
基本 楽しもうと思っておりますが 参考にさせていただきたくアドバイスをお願いします

投稿者:beraさん投稿日:2012.03.08

こんばんは。

差し出がましいようですが、けせらせらさんの投稿は
恐らく河回の樂古斎のものかと思われるのですが。

河回は、朝食のみ付いており、ソウルとは内容が異なります。

下記URLが樂古斎のHPです。
http://rkj.co.kr/

もし、間違っていたら、すみません。

泊まってきました~楽古斎へ☆(返信:12) 投稿者:pockyさん 投稿日:2011.12.12 最新レス:pockyさん(2011.12.15)

いつかは、楽古斎へ~って思っていたので、訪韓5回目で 夢が

叶いました😄

3人で行ったので、4人部屋で、応接、寝室、居間 の広~いお部屋で

ゆったりできました✌

なんといっても オンドルが、暖かでした。それによもぎ黄土チムジルバン

は、寒い~季節に泊まると、ほっかほっか、身も心もぬくぬくで

本当に 心地よく 深い眠りに入ることが出来ました。

行くまでは、寒さでカチカチになるのでは無いかなぁ~って思ってました。

9日、ソウルは、初雪で、10日は、-6°でした。溜めてあったお水は

凍ってました。それでも -6°とは、 思えないくらいで、冬の訪韓が

最高ですね~🌃

お料理もバッチり お味も良くて 食べたいと思っていた物がズラリと

並んで~満腹でした😝美味しくて食べ過ぎてしまいますが、ダイエットは、

忘れて 食べちゃいました。

投稿者:退会ユーザーさん投稿日:2011.12.12

pockyさんへ✨


お帰りなさい〜〜〜😝
憧れの楽古斎さんに宿泊されると伺っていたので
私もご報告を凄く心待ちにしていました!!

どひゃ〜〜〜〜!
とても素敵ですね😍
まるでお店のようでディスプレイも素晴らしいですね♪

応接間もドラマに出てきそうな感じだし、
お料理がこれまた美味しそう!!!


こんな素敵なところに私もいつか泊まってみたいです…💡
少し体調を崩されたとのこと、ゆっっくり休んで元気になったら
また色々楽しいお土産話を聞かせて下さい😄


素敵なお写真、ありがとうございました〜〜〜♪
(ちょっと行った気分になれました♪)

投稿者:pockyさん投稿日:2011.12.12

ピダムンノさま😄

감사합니다✨

本当に 素敵なお宿でした。

なんといっても 私の名前はキムサムスンの舞台!

ここに ヒョンビンssiが~来たのねって 思いながら 風景も撮影できたし、

優しい アジュモニに迎えて頂いて ゆったり くつろげましたよ😍

是非 もう一度 泊まりたい お宿です✌

投稿者:あけんマさん投稿日:2011.12.12

pockyさま

おかえりなさい😋

念願のお宿に宿泊されて、たくさんのお写真を投稿頂いて、
大変満足なさった旅だったとお見受けします^^

素敵ですね。 私もそのうち・・・
ココ行きたい☆コレ買いたい☆アレ食べたい☆ミーハーな旅が落ち着いたら
ゆっくり泊まってみたいです。

私も実は、寒いソウルも大好きです!
もともと暑いのが苦手な私。。
ソウルの夏はカラッとしてて日本より良い、と言われていたのですが
私には暑いものは暑い!と感じて💦
冷たい冬の澄んだ空気を感じながら歩くのは、気持ちが引き締まって良いですよね😉

私が行く1月にも、お天気が荒れさえしなければいいなと思っています^^
晴れ女ですので、心配はあまりしてないんですけどね✨
 (実は、広島の際の雨予報も、晴れ女パワーによってギリギリ傘要らずで過ごしたんです!)

ありがとうございました☆

投稿者:pockyさん投稿日:2011.12.13

あんけマさま~✨

来月訪韓ですかぁ⁉

着いて行きたいです⤴今、どこに行こうか、何をしようかって 考えている時間が

また、楽しいでしょうね😍いいなぁ⤴ 個人旅行ですか⁉お宿は?

楽古斎の近くにも ホテルもゲストハウスも たくさん 有りましたが、北村に泊まるんなら

やっぱり 楽古斎かなぁ😝冬は、オンドル体感出来て、夏も良いけど冬にまた、是非 行きたい

ですね⤴少々、分かりにくい裏道でしたが、韓国の方は、親切に教えてくれるので 有りがた

かったです。実は、19時ころ 到着したため 暗くて 迷子になりました・・・アジュシに道を尋ねたら

ちょうど 裏口だったんです^^

投稿者:SAYAYUIさん投稿日:2011.12.13

楽古斎☆素敵ですね~
写真も素敵です^^
安東・ハフェマウルの楽古斎も素敵みたいですよ^^
(母が行ってきました^^)


投稿者:pockyさん投稿日:2011.12.13

SAYAYUI さま~✨

はじめまして~😄

お母様は、冬に行かれましたか?安東・ハフェマウルの楽古斎に

是非是非、行ってみたいんですよねぇ~お話聞かせてほしいですね!

素敵でしょうねぇ…きっと😍

安東のお料理はどうだったのかなぁ~気に成ります。

ソウルの3日間のお料理は、とっても 美味しかったですよ~😋

投稿者:もふもふさん投稿日:2011.12.13

>pockyさん💕

おかえりなさい~(あれ?)ですね😅
冬のソウル、満喫されたようで何よりです✨濡れマスク、役にたちましたか?
今週からまた一段と寒くなるようで、場所によっては水道管が破裂の恐れがあるので
外出中もオンドルは切らないように…と言われている所もあるようです😭
訪問された方の写真などを見るととても素敵で、是非泊まりたいなぁ~と思います♪
私もこういう作りが好きなので、地方に遊びに行く時もこのようなホテルなどを
探して泊まるようにしています😄
いつかはここにも泊まってみたいです♪
たくさんの写真嬉しいです。ますます泊まりたい気持ちがUPしてきました~😍

投稿者:pockyさん投稿日:2011.12.13

もふもふさま⤴

本当に ありがとうございました~とっても 役に立ちましたよ!!

濡れマスク日本では、使った事がなくて・・・でも 韓国の冬は必需品ですねぇ😉

一緒に行った義姉妹と3人で、濡れマスク姿で並んで熟睡できました~

他の方がみたら 3人並ぶと 面白いかも~なんて話ながら・・・楽しい旅行が出来ました。

投稿者:カヲリンさん投稿日:2011.12.14

pockyさん

おかえりなさい。
楽古斎楽しまれたようで、何よりです。
お写真拝見しました。
大きな部屋に泊まられたのですね。
以前、シャイニーのバラエティで使われていた部屋ですね。
写真見て、こんな所も、あったんだと思いました。冬の、オンドル私も、経験したいです。

投稿者:pockyさん投稿日:2011.12.15

カヲリン さま✨

シャイニーのバラエティで使われていた部屋なんですかぁ~📺観てなかったので・・・

知らなかったです😅知ってたら もっと ウキウキ気分だったでしょうねぇ😝

根っからのミーハーアジュマなので、芸能人が絡むと 張り切ってしまいます。

今回も ベッキーを仁寺洞で発見して~大はしゃぎしてしまいました^^

投稿者:ミシガンさん投稿日:2011.12.15

pockyさん、おかえりなさい^^

いいなぁ~楽古斎泊まってみたいです。
なかの雰囲気とか写真をみさせていただきましたが、いいですねぇ

オンドルであったかいというのも知れてよかったです。

安国駅から分かるとそんなに遠くないですよね。

シェアありがとうございました。

投稿者:pockyさん投稿日:2011.12.15

ミシガン さま✨

安国駅から 現代(ヒュンデ)本社ビルの方向へ歩いて 現代本社ビルを右手に北村へ上る途

中を左に曲がって 少しですかね・・・インフォメーションに北村の地図が有ったから 貰うと

分かり易いですよ😉

是非 予約してみて下さい。アジュマ達が優しく迎えて下さいます。たまたま 行った日から

日本語の話せる方が、休暇でしたが、言葉が通じないときは、電話をしてくれて お話して

くれて 安心して 会話も出来ました☎

質問
楽古斎に泊まりたいのですが・・・?(返信:15) 投稿者:pockyさん 投稿日:2011.11.20 最新レス:pockyさん(2011.11.25)

今まで、ホテルに宿泊していましたが・・・今度は、ゲストハウス楽古斎に

泊まりたいって思っています。オンドル部屋って、暖かいって聞きますが?

冬の楽古斎⁉宿泊に必需品があれば 教えて下さい。

ゲストハウスで、気を付ける事なんかも 教えて頂けたら 有りがたいです😅

投稿者:カヲリンさん投稿日:2011.11.20

pockyさん

8月末に、楽古斉に泊まりました。
夏の暑い一日でしたので、冬のオンドル部屋は経験していませんが、参考になればと思い、
返信します。
 私たちが宿泊したのは、アンパンという部屋でしたが、室内に清潔な浴室とトイレは着いています。しかし玄関とか、チムジルバンに行く廊下は、暖房が無い場所なので、寒いと思います。
 お部屋はエアコンもあり、床はオンドルですので大丈夫だと思いますが、建具が多いのでホテルと同じようなわけには行かないと思います。
まあ、日本の田舎の木造住宅と同じですね。
 後、安国で、リムジンバスを降りて、歩いたのですが、雪が降っていると、大変かなと思います。
ですが、斉洞小学校の横道は、歩くしかない小道ですが、小学校の塀が大変素敵でここから始まる楽古斉の門までのロケーションもとても素敵です。
楽古斉、一度は、泊まっていただきたいです。
 とにかく、建物が凄く趣きあり、古き良き韓国の情緒を感じられると思います。
ここで、1泊2食付でゆっくり過ごす時間を、是非楽しんでいただきたいです。

投稿者:pockyさん投稿日:2011.11.20

カヲリン さま✨

早速、ありがとうございます~😄

是非是非、楽古斎に泊まって 実際に体験してみたいです。

冬の計画が、初めての為 心配なことも多くて 何を持っていくべきなのかなぁ~

韓国の冬って どのくらい 寒いのかなぁ・・・12月は、雪ですかね?



ご忠告 ありがとうございます。

安国駅から 坂道で  滑ってしまうかなぁ ⁉ ヒールの無い 靴で行く事にしましょう👟

投稿者:カヲリンさん投稿日:2011.11.20

pockyさん

是非冬の楽古斉楽しんできてください!!
北村韓屋村や三清洞通り、素敵な撮影ポイントばかりです。
でも楽古斉が一番テンション上がると思います。

12月のソウルは底冷えがして寒いので、その時雪は??ですが暖かい服装で、靴は、是非歩きやすい靴で行ってください。チムジルバンもあるので、靴下は必ず持っていって下さいね。
ちなみに、こちらは、チムジルバン用の服とパジャマと2枚用意されています。
 私も、クリスマス前のイルミネーションのきれいなソウルいつかは行きたいです。

楽古斉のページにも書きこみありますので、参考にして下さいね。

投稿者:pockyさん投稿日:2011.11.20

カヲリン さま⤴

ありがとうございます☃

靴下は、必ず 持って行きますね✌

書き込みも もちろん チェックして~行きます!

いろいろ 教えて頂いて 本当に 助かります。

감사합니다😄

投稿者:kumirin827さん投稿日:2011.11.20

横レスですみません。
楽古斎のHPから予約すると、支払は当日でよろしいのでしょうか?

投稿者:カヲリンさん投稿日:2011.11.21

kumirin827さん

 前回、私は、コネストで申し込み出来なかったので、違うサイトで大人2人部屋で申し込み1人1泊2食付で、12050円ぐらいでした。支払いは、銀行に事前に振込みました。
直接HPなどで、申し込むと1部屋250000Wぐらいだと思います。
申し込み方で、支払いは違うと思いますので、確認して下さい。

ご参考まで。

投稿者:pockyさん投稿日:2011.11.21

カヲリンさま✨

申し込み方で料金違うんですか⁉そうなんだ・・・



楽古斎の口コミみたら お昼しか 日本語が通じる方が

いらしゃらないみたいですが、大丈夫でしょうか?

変圧器は(📷バッテリー充電に)必要でしょうか⁉これまで泊まったホテルは

部屋にコンセントが有って 変圧器が要らなかったんですよ?

投稿者:カヲリンさん投稿日:2011.11.22

pockyさま

思い出しても、何も支障が無かった気がするので、日本の携帯、カメラの充電使えた気がします。
その後、泊まったドロスホテルでは、変圧器借りましたから。
 
 HPに日本語昼間しか駄目とあるなら、そうかもです。
私達を対応してくれた仲居さん??とも、片言の韓国語?で会話でしたから。
そんなこんなで、前回は、日本語で予約するサイトから申し込みしました。
でも、電話かHPから申し込むのが、今は、一番お得だと思います。
ファイティン!!です。

投稿者:tadagenさん投稿日:2011.11.23

pockyさん

はじめまして。
私は今年の1月上旬に1泊だけ楽古斎に宿泊しました。
宿泊した部屋はコンノバン(側室)でした。
お部屋はオンドルが効いていてとても温かでした。
オンドルの場所によっては熱いくらいでした。
私のお布団の位置がとても熱い位置にあったようで、朝起きたときにものすごい汗をかいていました。

楽古斎にはチムジルバンがあり、チムジルバン専用の洋服も用意されています。
夕食後に入ることができます。
中は5人くらいが寝て過ごせる程度のスペースです。

アメニティは一通り揃っていました。
タオルやシャンプー類も備え付けがありました。

冬のソウルは耳がちぎれそうなくらい寒いです。
最高気温が氷点下という日もあります。
ですので、完全防備でお出かけください。
(暑いときには脱げば済みますから・・・。)

投稿者:pockyさん投稿日:2011.11.23

カヲリン さま✨

情報 ありがとうございます~😉 変圧器は 要らないですね!

いろんな方のコネスト情報のおかげで 安心して 旅行できます。

HPで、予約しますね!

楽古斎に泊まるのが 今年の目標でしたので、本当は、もっと 暖かい時期に

行く予定でしたが・・・まぁ~冬の経験もしたかったので ⤴

投稿者:pockyさん投稿日:2011.11.23

tadagen さま✨✨

楽古斎へ 冬 泊まられたのですねぇ~

質問ですが 駅から楽古斎までの道ですが、雪とかは?坂道で凍ってたりは?

無かったですか?靴👟は、やはり ゴム底がいいでしょうか?

いろいろ 聞いて すみません😣 なにしろ 冬の訪韓が 初めてなので・・・

冬の韓国の 情報!よろしく お願いします。

投稿者:tadagenさん投稿日:2011.11.23

pockyさん

私が滞在した今年1月上旬の気候は、最低気温-10℃前後、最高気温0℃前後位でした。
日本と比べると空気が「キーン」と冷たく、帽子、手袋は必需品でした。
ただ、不思議と雪はありませんでした。
ですので、安国駅から徒歩で宿へ向かいましたが、雪や路面凍結で困ることはありませんでした。

お天気や気温はその時にならないとわかりませんので、参考程度にとどめておいてください。

楽古斎の玄関はちょっとわかりにくいかもしれません。
ブログ等の写真を見て行かれると戸惑わないと思います。

投稿者:pockyさん投稿日:2011.11.23

tadagen さま😄

ありがとうございます~帽子と手袋ですね🆗早速、用意します🏃

12月も北海道くらいの気候と聞きますので、きっと こちらよりは、寒いでしょうね!

楽古斎は、有名だから・・・って、日本の話なんですね。口コミみたら タクシーで

行っても、ドライバーさんも 知らない方が多いとか???韓国の方に聞いても

結構、分からないって 書いてありました。ご忠告 ありがとうございます!

迷子にならない様に 地図と 住所と電話番号も 持ってきいますね📄

投稿者:カヲリンさん投稿日:2011.11.25

pockyさま

コンセントの件ですが、友人いわく、そこでは、充電した覚えが無いとの事、、、。

念のため、予約の際にご確認くださいね。

良い、旅を!!
私も、また、ソウル春に行くつもりです。

楽しんできましょうね。

投稿者:pockyさん投稿日:2011.11.25

カヲリンさま☆

고마워요😄

本当に ありがとうございました。

楽しい 美味しい 旅行にしたいって 思ってま~す・・・😝

帰ってきたら、コネストさんにUPしたいと思います~📷

いっぱい 撮ってきますね✌

よもぎサウナは最高!でも、1人部屋は×(返信:0) 投稿者:youaさん 投稿日:2011.11.05

今年の夏休みはのんびりとソウルで過ごしたいと思い、「楽古斎」に2泊宿泊しました。

9月末の夕方、仁川空港からリムジンバスで安国に到着し、トランク(1週間用)を転がしながら、目印の小学校に到着しました。ここから、実際は5分ほどで着くところは私は30分ほどかかって到着しました。(^^ゞ

宿の敷地内は石畳で私の大きなトランクを運ぶのに二人ががり、さらには一人用のお部屋は一番奥で荷物を運ぶのが非常に大変でした。

こちらの宿には共同で利用できる「よもぎサウナ」があります。
5人ほどが横になれるスペースで、よもぎの香りがとっても良くて、リラックスできる場所でした。

しかし、1人部屋の位置が民家と隣接しています。音楽教室か、子どもが多い家庭なのかわかりませんが、2晩とも夕方から夜11頃まで非常にうるさくて、参りました。😩
のんびりと過ごす予定が…。結局、持参したDVDをイアフォンで聴いて過ごすことになりました。

こちらでの1人部屋利用は避けた方が良いかと思います。

楽古斎、今年は北村に泊まりました。(返信:2) 投稿者:hana-koさん 投稿日:2011.10.26 最新レス:hana-koさん(2011.11.04)

10月11日に宿泊しました。
昨年、安東の楽古斎に宿泊し、あまりに良かったので、今年はソウルの楽古斎に
泊まろう!ということになりました。
というのも、安東の楽古斎を予約するにも、ソウルの楽古斎に電話をかけて予約
したので、身近に感じていたからです。そして、ソウル北村の楽古斎といえば、
いろんなロケ等でつかわれているので、興味もあったからです。
テレビ、雑誌で見たとおりの光景に感動しました。

でも、安東ののんびり加減、なんともいえない、アットホームな感じは、ソウルの
楽古斎では感じられませんでした。私たちがもっと宿のアジュンマたちに話しか
ければよかったのでしょうけど、なんとなく、それをしづらい感じでした。正直。

夕食・朝食がつくのですが、どちらもおいしかったです✨
夕食はプルコギがメインで、ジョンやカンジャンケンジャン等がでました。
朝食は鮑のおかゆと焼き魚等がでました。

北村にあるので、韓屋村を散策するには最適です。

あと、お客さんがつくたびにインターホンが鳴るのですが、ドラマでよく聴く音だった
ので、一緒に行った母と妙に感激してました。

安東とソウルと、両方泊まりましたが、どちらにもう一度行きたいか、といわれると
正直即答で安東です。
でも、行ったことのない友人を連れて行くとしたら、北村はとっても良いと思いました。

投稿者:okikanta110さん投稿日:2011.11.03

こんにちは😄


hana-koさんが宿泊された"楽古斎"素敵ですね🎶
今回、3度目の韓国旅行へ行くんですが、
一度は、この様な韓国の雰囲気がある所に泊まってみたいと思いました!!
食事も美味しそうですね😝

投稿者:hana-koさん投稿日:2011.11.04

sosono さん

お返事ありがとうございます。北村には雰囲気の良いゲストハウスがいくつかあります。
楽古斎もその1つです。

私はゲストハウスには、ソウルに着いた当日に1泊だけしたのですが、大きな荷物は2日目から
泊まったイビスアンバサダー明洞に預けて、身軽なかたちで北村に移動しました。イビス明洞は
リムジンバス降りてすぐにありますし、宿泊前日でも荷物を預かってくださるとのことでしたので
とても助かりました。北村のあたりは坂もあるし、1泊のために大きな荷物を持って歩くのは大変
だろうと思いそうしたのですが、楽古斎チェックアウト後もそのまま観光に出て、楽しんだ後に明洞
に戻ることができたので、かなり良かったと思います。
(「明日から宿泊なのですが、荷物を預かってください」というと、イビスのホテルマンには「今晩は
どこに泊まるのですか?」ときかれましたけど😊💦

ホテルとはまた違う良さがあると思いますよ。

伝統韓屋(返信:0) 投稿者:moguchanさん 投稿日:2011.10.25

せっかく韓国旅行に行くなら、伝統家屋に泊まろう!と楽古斎HPを見てメールで予約をしました。
日本語でも大丈夫でしたよ。

楽古斎はソウルと河回にあるようです。

1泊2食付でお願いしました。
夕食はカンジャンケジャンや焼き魚、ジョンなどが出てきました。

夕食後は自由にお出かけできるような感じでもないので、ゆっくりとした時間を過ごすのがいいと思います。
(楽古斎の入口がインターホンで呼び出して入らないといけないですし、夜遅いようだったら鍵を渡してくれるというお話でした~寒すぎてもう出かけなかったのですが・・・)

夕飯後はチムジルバンへ。
寒い寒い廊下の先に、チムジルバンが・・・😰
ダッシュでチムジルバンへ入ると、よもぎの束が立てかけてあり、いい香り。壁は土でできているようで、梅の木の模様が描かれていました。雰囲気がとてもいいです。

部屋についているシャワーで汗を流したのですが、寒くてシャワーの水圧が弱く、温度も低くあまり満足できませんでしたが、オンドルの暖かさでなんとか。

布団が薄めですがまったく問題なし。早めに寝て朝まですやすやと眠りました☆
オンドルは最高です!

朝食はアワビ粥、さばなどでした。
濃厚だけど、味付けはシンプルなアワビ粥でした。

雰囲気がよくて、ゆったりのんびりできるので普段の忙しい生活を忘れることができる場所です。
ゆっくりされたい方にお勧めです☆

食事は量はたくさんあるのですが、やや薄味、シンプルな味付けで物足りないと思われる方もいるかもしれませんね。TVはないです。

(訪問日 2011.1.27)

今回の旅行のメイン!!全てが、韓国らしく癒されます!(返信:7) 投稿者:カヲリンさん 投稿日:2011.09.04 最新レス:カヲリンさん(2011.09.09)

 今回、旅行を計画するに当たり、友人がどうしても、こちらに泊まりたいといい、今回初めて泊まりました。私たちが、泊まった部屋はコンノパンで「私の名前は、キムサンスン」でヘンリーが泊まった部屋でした。
ほかにも、オダギリジョーの悲夢の部屋、シャイニーがバラエティ番組で使った部屋、ソン、イルグクさんが、久本さんと番組してた場所で雑誌CREAの表紙にもなった場所等、こちらは、色な所で見ていて、憧れの場所でした。
 1泊2色付きで、1人12060円と、お値打ちだと思いました。今回も、北村韓屋村を散策したので、いい思い出になり、テンションUPしました。接客して下さった仲居さん?は日本語は、あんまりでしたが、友人が、習っているハングルで対応してくれ、楽しい時間を過ごせました。貸切のハンジュンマクやお料理も韓国らしく、本当に今回のサブタイトル?「大人のソウル」にふさわしい1夜でした。

投稿者:エルままさん投稿日:2011.09.05

カヲリンさん^^

ホント素敵な宿ですね✨
最初にお写真を拝見した時にすぐに「ヘンリー」が泊まった宿ではないかと
思いました。当たってて良かったです😅

私も気になってHPを見ましたが、一つ一つのお部屋が韓国独特の雰囲気が
漂ってお洒落でした。

食事も美味しそうですね。

一度は泊まってみたい宿です。

素敵なカキコミお写真、ありがとうございます♪

投稿者:カヲリンさん投稿日:2011.09.06

エルままさま、返信ありがとうございます。
コネスト頼りの私の旅行ですが、ここだけは、予約を違うサイトを探して、宿泊しました。
雰囲気が、素晴らしいです。明洞の便利なホテルもいいですが、一度はと思い、宿泊し韓国の温故知新を知る旅となり、大正解でした!安国のリムジンバス降り場から、少し歩くのが、大変ですが、途中北村韓屋村のインフォメーションで、地図をGETして、チェックインすると、その後の散策がスムーズだと思います。是非一度体験していただきたいです。

投稿者:りょうさん投稿日:2011.09.06

カヲリンさん
こんにちは。

私も 次回は泊まろうと 思っていました。
雪がちらつく季節に^^

いつもは 泊まるだけ…のところですが、ちょっぴり贅沢な時間と空間を楽しみたいと思っています。

書き込みと素敵な写真、ありがとうございます。


投稿者:カヲリンさん投稿日:2011.09.09

りょう様

秋や、冬の楽古斉も素敵だと思います。オンドルの暖かさを実感したいです。
お部屋が、全室4部屋、ツインは2部屋なのでお早めに、予約なさってくださいね。

良い旅が出来る事祈っています。

投稿者:JEJU◆さん投稿日:2011.09.09

カヲリンさん☆

こんにちわ⤴

素敵なお部屋に泊まられたんですね!!^^
しかも!!
>シャイニーがバラエティ番組で使った部屋
ということは、「ハローベイビー」という番組なんですが、それに使われていた所ですね💡
写真を見ると、確かにここだとわかりました😄
さらに行ってみたくなりました😍(ミーハー(笑)

でも、本当に素敵な場所なので、ソウルに行くときに1泊はリッチな気分で行ってみたいと思いました🎶

素敵な情報ありがとうございました✨

投稿者:りょうさん投稿日:2011.09.09

カヲリン様

秋の紅葉もいいですね^^
韓国の寒い冬が苦手で でも オンドルを楽しみたくって。
チムジルバンも趣がありますよね。

そして もう1つ ここに泊まろうと思った理由が 水回りがきれいなこと お部屋にお風呂があること!
韓屋に興味があるけど 自分たちの空間も楽しみたいという条件にぴったりで^^

部屋数が少ない…
そうでした^^;
ありがとうございます。
いつもは ぎりぎりの予約なので 早めに計画を立てます。

次回は スパでの食事もトライしてみます^^

投稿者:カヲリンさん投稿日:2011.09.09

JEJU様 返信ありがとうございます。

そうです。その「ハローベイビー」の番組で使われた場所です。
ただし、その部屋は、もう少し広い部屋です。HPで確認して下さい。
私も、きちんと、全てその番組を見てないので、はっきりと教えれませんが、近くに、彼らが、番組の中で立ち寄った所も数箇所、あるようです。
番組を全部見ていけば、テンションUP間違いなしです!!
 実は、先週、SMTで私も、初シャイニーしました、、、。可愛かったし、すごい人気でした!
とにかく、こちらは、ドラマや雑誌、番組等でよく使われています。私達も行く前に、片っ端から、確認して着いた時には、2人で、盛り上がってました。是非1度、訪れて下さいね。

掲載日
16.06.15
最終更新日
17.02.21

※掲載内容は予告無く変更される場合があります。掲載内容を保証するものではありません。

コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.