ついにビザなしで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
韓国旅行「コネスト」 東海・江陵1泊2日旅行モデルプラン 1日目
KONEST
東海・江陵 1泊2日 旅行モデルプラン-江原道の東海岸の観光都市、東海(トンヘ)市と江陵(カンヌン)市 東海・江陵 1泊2日 旅行モデルプラン-江原道の東海岸の観光都市、東海(トンヘ)市と江陵(カンヌン)市
江原道の東海岸の観光都市、
東海(トンヘ)市と
江陵(カンヌン)市
人気名所・ロケ地を
効率よく回るルートをご提案!
東海市 東海市
東海市
07 : 01
(KTX)ソウル駅 → 東海市 · 墨湖駅へ
09 : 45
墨湖港 各名所
  • 01

    ノンコルダム壁画村

  • 02

    墨湖灯台

  • 03

    ヘラン展望台

  • 04

    墨湖港

12 : 00
昼食(墨湖港 海鮮料理)
14 : 07
(電車)墨湖駅 → 正東津駅
14 : 45
正東津レールバイク
15 : 52
(電車)正東津駅 → 江陵駅 · ホテルチェックイン
17 : 30
夕食 (ジャンカルグクスなど)・市場散策

KTXで移動

東海市の観光エリアは「墨湖(ムコ)駅」周辺です。ソウルから東海(トンヘ)駅方面のKTXに乗車して、途中駅の「墨湖駅」で下車。約2時間30分で到着します。墨湖駅へ到着後、「ノンコルダム壁画村」入口まで、タクシーまたは、21-4、101番バスを利用します(約5分)。
ソウル駅 出発 7:01
2時間30分
墨湖駅 到着 9:35
タクシーで約5分
9時45分
09 : 45
ノンコルダム壁画村・ノンコルカフェ
  • ノンコルダム壁画村・ノンコルカフェ ノンコルダム壁画村・ノンコルカフェ
  • ノンコルカフェ
    ノンコルカフェ
    水産市場になっている港のメインストリートから灯台方面の路地道を上がっていきます。ここは「ノンコルダム壁画村」と呼ばれる、可愛らしい壁画が描かれた集落です。
  • ノンコルダム壁画村
    丘から良く見える海との調和も見事
    ※写真提供:韓国観光公社
韓国ドラマ「相続者たち」「それでも僕らは走り続ける」など、数多くの作品のロケ地にもなった所で、丘の上には見晴らしの良い展望カフェもあります。港町を見下ろしながら、遅めの朝食がてらカフェで休憩してみては?
施設 : ノンコルカフェ
住所 : 東海市 ノンコル1キル 20
電話 : 033-534-7775
費用 : アメリカーノ 2,500ウォン~
徒歩約10分
墨湖灯台
10 : 30
墨湖灯台・トッチェビコルスカイバレー
写真提供:東海市庁
海から昇ってくる朝日や初日の出の名所になっている「墨湖灯台」。
灯台の敷地内から海が眺められます。
施設 : 墨湖灯台
住所 : 東海市ヘマジキル 289
電話 : 033-531-3258
費用 : 無料
夜も僕が守ってあげる
スリル満点 スリル満点
灯台のすぐ隣にある「トッチェビコルスカイバレー」は、空の上にかけられたロープの上を自転車で駆け抜けるスリル満点の人気展望レジャー施設です。
施設 : トッチェビコルスカイバレー
住所 : 東海市 トッチェビキル 22
電話 : 033-534-6955
費用 : 入場料2,000ウォン、スカイサイクル15,000ウォン
  • トッチェビコルスカイバレー1
  • トッチェビコルスカイバレー2
  • トッチェビコルスカイバレー3
11時30分
11 : 30
ヘラン展望台
ヘラン展望台
「トッチェビコルスカイバレー」から海へと下っていくと、正面には海上に建てられたスカイウォーク展望台こと「ヘラン展望台」が現れます。床下はガラス張りになっているので、正面にも足元にも海が広がります。
施設 : ヘラン展望台
住所 : 東海市 日出路 121 一帯
電話 : なし
費用 : 無料
徒歩約19分
ヘラン展望台2
写真提供:東海市庁
徒歩約19分
12時00分
12 : 00
墨湖港(ムコハン)・昼食
ドラマ「二十五、二十一」などにも登場した墨湖港は、東海市を代表する漁港です。港のメインストリートには乾き物を販売するお土産店や、蟹、刺身、ムルフェ(韓国の刺身料理)、海鮮ビビンバ、海鮮鍋などの海鮮料理店がずらり。昼食は海の幸で決まりです。
施設 : ヘソン食堂
住所 : 東海市 日出路 101
電話 : 0507-1323-7506
費用 : 蟹 2名 40,000ウォン~
蟹 蟹
墨湖港とムルフェ 墨湖港とムルフェ
列車で約20分
14時07分
14 : 07
正東津(チョンドンジン)へ移動
墨湖駅 出発 14:07 → 正東津(チョンドンジン)駅 到着 14:26
昼食は13時30分頃までには済ませ、再び市内バス、またはタクシーで墨湖駅へと戻り、次の目的地である正東津駅へ向かう列車に乗り込みます。
海水浴場もすぐそばにある海沿いの正東津駅で、しばしリゾート気分も味わっちゃいましょう。
正東津駅
正東津駅
  • 正東津駅ホーム
  • 正東津駅列車
  • 正東津駅風景
  • 正東津駅風景2
14時45分
14 : 45
正東津レールバイク
海の真横を走り、潮風が感じられる江陵のレールバイク。2人乗り、4人乗りがあり、乗車時間は40~60分程度です。
施設 : 正東津レールバイク
住所 : 江陵市 江東面 正東駅キル 13
電話 : 033-655-7786
費用 : 2人乗り 25,000ウォン
  • 正東津レールバイク風景乗場 正東津レールバイク風景乗場
  • 正東津レールバイク風景 正東津レールバイク風景
  • レールバイクイラスト レールバイクイラスト
  • レールバイク線路 レールバイク線路
  • 正東津レールバイク 正東津レールバイク
    写真提供:正東津レールバイク
列車で約20分
15時52分
15 : 52
江陵(カンヌン)へ移動
正東津(チョンドンジン)駅 出発 15:52
→ 江陵(カンヌン)駅 到着 16:06
正東津から江陵駅までは約15分で到着。駅からタクシーなどでホテルへ向かい、チェックインしましょう。
江陵駅から移動
江陵駅
江陵市内には観光ホテルがたくさんありますが、翌日の移動を考慮して、江陵駅周辺、市場周辺のホテルに宿泊します。
施設 : 江陵ツーリストホテル
住所 : 江陵市 錦城路 62
電話 : 033-648-7750
費用 : 100,000ウォン~
  • ロビー
  • フロント
  • お部屋
徒歩約7分
17時30分
17 : 30
江陵中央市場 散策・夕食
ホテルチェックイン後は、市場周辺を散策してみましょう。市場や市場周辺は繁華街なので、お食事処には困りません。
夕食には、江陵の郷土料理のひとつ、ジャンカルグクスがおすすめ。唐辛子味噌をつかったピリ辛の韓国手打ち麺料理で、濃厚なスープにコシのある麺がよくマッチします。

かつて線路があった場所を公園にした「月花通り」も夜の散歩にピッタリ。市場では、別腹で食べ歩きしてみるのも良いでしょう!
施設 : 兄弟カルグクス
住所 : 江陵市 江陵大路204番キル 2
電話 : 033-647-1358
費用 : (2名) 16,000ウォン~

施設 : 江陵中央市場
住所 : 江陵市 錦城路 21
電話 : 033-648-2285
散策にピッタリね
ジャンカルグクス
  • 江陵中央市場
  • 江陵中央市場名物タッカンジョン
  • 江陵中央市場のトッカルビ
  • 市場の屋台フード
  • 江陵中央市場の韓国おかず
  • Theme1東海・江陵1泊2日の2日目江陵市観光
  • Theme2平昌ウェルネス1泊2日モデルプラン
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
COPYRIGHT ⓒ 2022 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.