韓国旅行「コネスト」 大韓民国歴史博物館|市庁・光化門(ソウル)の観光スポット
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

大韓民国歴史博物館

テハンミングッヨッサパンムルグァン / 대한민국역사박물관
コネスト 投稿
5.0 エリアソウル > 市庁・光化門 店ジャンル 博物館・美術館・展示館・映画館 観覧時間の目安1.5 時間
お気に入りに追加(91人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
光化門エリアにある、韓国初の国立近代史博物館
ソウル都心の光化門(クァンファムン)エリアに2012年12月に開館した「大韓民国歴史博物館」。19世紀末から現在に至るまでの韓国の近代史に関する資料を展示しています。地下鉄5号線光化門駅から徒歩3分の場所に位置。地上8階建ての巨大な博物館で、4つの常設展示室と2つの企画展示室を有します。所蔵品は約40,000点(うち約10,000点は国民からの寄贈品)にのぼり、展示室には常時約1,500点が展示されています。館内には大統領執務室と記者会見壇上を再現したフォトゾーンやミュージアムショップ、カフェなどもあります。
コネストからのお知らせ
・2017年5月22日~2017年6月4日まで、展示改善工事のため、第2展示室の観覧が制限されます。(20170517)

・2017年7月1日より、開館時間が10:00に変更になります。(20170307)
韓国初の国立近代史博物館
ソウル都心の光化門(クァンファムン)エリアに2012年12月26日に開館した「大韓民国歴史博物館」。19世紀末から現在に至るまでの韓国の近代史に関する資料を展示しています。

地下鉄5号線光化門駅から徒歩3分、在韓米国大使館の隣にあります。旧文化体育観光部の建物をリモデリングして建てられた地上8階建て、延べ面積3,253坪の巨大な博物館で、4つの常設展示室と2つの企画展示室を有します。

所蔵品は約40,000点(うち約10,000点は国民からの寄贈品)にのぼり、展示室には常時約1,500点が展示されています。
巨大な博物館
巨大な博物館
1階ロビー
1階ロビー
寄贈者名一覧
寄贈者名一覧
館内紹介
8F 屋上庭園 (開館時間に開放)
7F 事務所
6F 講義室1、講義室2
5F 第3展示室(大韓民国の成長と発展:1961~1987年)
第4展示室(大韓民国の先進化、世界への跳躍:1988年~)
4F 第2展示室(大韓民国の基礎確立:1945~1960年)
3F 第1展示室(大韓民国の胎動:1876~1945年)
案内デスク、野外庭園、カフェテリア、ミュージアムショップ、特別展示室
2F 事務所
1F 企画展示室1、企画展示室2
案内デスク、授乳室、ロッカー室、医務室
セッションごとに設けられたタッチパネル(写真左)
セッションごとに設けられたタッチパネル(写真左)
3~5階に設置されている常設展示室は年代順に4つのセッションに分けて展示されており、順路通りに観覧すれば韓国の近代史を時代の流れに沿って知ることができます。

全ての展示品には韓国語及び英語の説明があり、各セッションの入口にあるタッチパネル型スクリーンには展示室の概要が韓国語・日本語・英語・中国語などで表示されます。写真撮影は可能ですが、フラッシュや三脚を使った撮影は禁止されています。
常設展示室
第1展示室(大韓民国の胎動:1876~1945年) 3階
近代国家を建設する努力と過程、日本の植民地になってから解放までの課程を大きく3つのゾーンで紹介します。

1つ目は朝鮮王朝末期の国権喪失に至る過程が分かる「自主的近代国家の夢と挫折」ゾーン。2つ目は日本植民地時代の様子や独立運動に関する資料が並ぶ「大韓民国臨時政府と独立運動」ゾーン。3つ目は1945年の解放当時を知ることができる「1945年8・15光復」ゾーンです。
写真や映像の他にも植民地時代に使われていた郵便ポストや電話の模型なども展示されています。
最古の国旗・デニー国旗の複製品(写真中央最も大きい旗)
最古の国旗・デニー国旗の複製品(写真中央最も大きい旗)
独立運動の資料と運動家たちの写真で作った8・15
独立運動の資料と運動家たちの写真で作った8・15
38度線のレプリカを境に韓国(左)と北朝鮮(右)の様子
38度線のレプリカを境に韓国(左)と北朝鮮(右)の様子
第2展示室(大韓民国の基礎確立:1945~1960年) 4階
朝鮮戦争を経て近代国家として本格的な発展を遂げるまでの様子を中心に説明。

大韓民国政府の誕生に関する資料が並ぶ「大韓民国政府の樹立」ゾーン、戦時中の様子と戦後復興の課程を知ることができる「6・25戦争と戦後復旧」ゾーン、朝鮮戦争後の民主化運動や当時の義務教育の様子が分かる「戦後近代国家の土台構築」の3つのゾーンがあります。
こちらでは朝鮮戦争に関連する写真や戦死者の遺品などを展示。また戦後、義務教育実施直後の豆もやし学校(教室に子どもたちがあふれかえった様子からつけられた俗称)を模型で見ることができます。
大韓民国政府樹立祝賀式の資料
大韓民国政府樹立祝賀式の資料
朝鮮戦争の資料や写真が並ぶブース
朝鮮戦争の資料や写真が並ぶブース
1950年代の国民学校(初等教育機関)の教室の様子
1950年代の国民学校(初等教育機関)の教室の様子
1960年の4・19革命(不正選挙に民衆が反発した事件)を紹介するコーナー
1960年の4・19革命(不正選挙に民衆が反発した事件)を紹介するコーナー
第3展示室(大韓民国の成長と発展:1961~1987年) 5階
韓国の経済成長と民主主義国家確立までの過程を展示。

政治・経済ともに驚異的なスピードで発展を遂げた1960~80年代の様子を展示した「経済開発と産業化」ゾーン、「漢江(ハンガン)の奇跡」と呼ばれた高度成長期の都市と農村の姿をテーマにした「変貌する都市と農村」ゾーン、民主主義国家を目指す国民たちの努力を知ることができる「市民社会の成長と民主主義」の3つのゾーンに分かれています。
こちらでは60~70年代の映画館の外観を再現した模型や当時の小説・音楽など大衆文化に関する資料も展示しています。
韓国国民たちの記録を展示するコーナー
韓国国民たちの記録を展示するコーナー
1960年代の第1号韓国産電気製品
1960年代の第1号韓国産電気製品
60~70年代の映画館を再現、隣には当時の映画ポスターも
60~70年代の映画館を再現、隣には当時の映画ポスターも
第4展示室(大韓民国の先進化、世界への跳躍:1988年~) 5階
世界で輝かしい活躍を果たす韓国の近年の姿を3つのゾーンに分けて紹介しています。1つ目は韓流ブームに代表される国際社会へ飛躍する韓国の姿をテーマとした「世界へ羽ばたく大韓民国」ゾーン。2つ目は韓国の最先端の技術を紹介する「経済先進国を目指して」ゾーン。3つ目は韓国のこれからを表した「大韓民国の未来」ゾーンです。こちらではK-POPスターの歌や伝統的な映像が流れるブースもあります。
年表と主要出来事の写真が並ぶ
年表と主要出来事の写真が並ぶ
「経済先進国を目指して」ゾーン
「経済先進国を目指して」ゾーン
「大韓民国の未来」ゾーン
「大韓民国の未来」ゾーン
企画展示室
展示内容が不定期で変わる企画展示室。2013年1月取材時は2つの企画展示が行なわれていました(ともに2013年12月末まで展示予定)。
企画展示室1
韓国の政治・経済・社会・文化など多様な分野に関する資料を人の動きで呼び出すことができるなど、最新技術を駆使した空間となっています。
企画展示室2(子ども体験展示室)
1920年代から現代までの歴史を子どもに分かりやすいように紹介。3つの空間と2つの体験型展示室に分かれており、歴史的資料や模型を通して直接触れながら体験することができます。予約はホームページ(日本語不可、韓国の携帯番号必要)で1日20人または当日訪問受付で1日10人まで可能です。

また、子ども体験展示室の案内デスクでは展示品の詳しい説明をしてくれるスマートパッド(韓国語)を無料で貸し出しています。
体験型展示室
体験型展示室
1960年代の大衆歌謡LP盤
1960年代の大衆歌謡LP盤
1967年に発売された初の国産車
1967年に発売された初の国産車
子ども体験展示室の案内デスク
子ども体験展示室の案内デスク
子ども体験展示室専用スマートパッド
子ども体験展示室専用スマートパッド
待機空間には児童書がずらり
待機空間には児童書がずらり
博物館をもっと楽しむためのTips
展示物はもちろん、床にも注目
床にプリントされた年代
床にプリントされた年代
第1・2・3企画展示室の床には資料と関連のある年代がプリントされています。年代も合わせてみればより理解が深まるでしょう。
あなたも大統領!?
第3・4企画展示室の間には大統領執務室と記者会見壇上の再現コーナーがあり、フォトスポットとなっています。窓からは景福宮(キョンボックン)青瓦台(チョンワデ)サランチェを望むことができます。
お土産や小休憩に
3階には国立博物館文化財団が運営するミュージアムショップとカフェが。Tシャツやコップ、携帯アクセサリーなどはお土産としても人気。カフェにはコーヒーやジュースなど飲み物類(2,500~4,500ウォン)と、ケーキやマフィンなどの軽食類も揃っています。

また、3・6・8階には庭園があり、晴れた日などは雄雄しくそびえる北岳山(プガッサン)を眺めながら一休みすることができるでしょう。
その他の施設
案内デスク 1階
博物館入って正面にあり、パンフレット(韓国語・日本語・中国語・英語)をもらうことができます。また、車椅子とベビーカーの無料貸出を行なっています。利用の際、身分証明書(パスポートあるいは外国人登録証)を提示してください。
ロッカー室・授乳室 1階
1階案内デスクのすぐ後ろにロッカー室があり、荷物を預けることができます。利用の際100ウォンが必要ですが、荷物を取り出す時に戻ってきます。また、ロッカー室の近くには授乳室があります。
ロッカー室
ロッカー室
授乳室
授乳室
政治から文化まで韓国をより深く知ろう
韓国の近代から現在までの発展史を政治・経済・社会・文化など色んな側面から知ることができる「大韓民国歴史博物館」。幅広い分野の資料が揃っているので、韓国入門者から上級者まで楽しめるでしょう。

韓国語が分かる人は1日に5回(10:00、11:00、14:00、15:00、16:00)、日本語は、火・水・木曜日の14:00に行なわれている無料ガイド(予約不要、1階中央に開始時間に集合)に参加するのもおすすめです。
基本情報
店名 大韓民国歴史博物館
住所 ソウル特別市 鍾路区 世宗路 82-1
(서울특별시 종로구 세종로 82-1)
[道路名住所]

ソウル特別市 鍾路区 世宗大路 198
(서울특별시 종로구 세종대로 198)
電話番号 02-3703-9200
Eメール なし
営業時間 日~火・木~金9:00~18:00、水・土9:00~21:00(入場は閉館1時間前まで)
休業日 1月1日、旧正月・秋夕(チュソク)の当日
日本語 一部スタッフ可
その他外国語 英語 中国語
交通 ・地下鉄5号線光化門(クァンファムン、Gwanghwamun)駅 2番出口 徒歩3分
関連サイト www.much.go.kr
料金 無料
詳細情報 ・バリアフリー施設:車椅子対応トイレ、車椅子無料貸与、スロープ、エレベーター
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
備考 ・日本語表示:一部あり(日本語のパンフレット有り)
・館内で食事不可、ペットの入場不可、野外庭園を含め館内禁煙
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2016.9.16
Yuseong◇さん
クチコミ

2016.9.16
Yuseong◇さん
クチコミ

2016.9.16
Yuseong◇さん
クチコミ

2016.9.16
Yuseong◇さん
クチコミ

2016.9.16
Yuseong◇さん
クチコミ

2016.9.16
Yuseong◇さん
クチコミ

2016.9.16
Yuseong◇さん
クチコミ

2016.9.16
Yuseong◇さん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
YEULJAさん 2017.4.3
14時からの日本語解説に参加しました。とてもわかりやすい日本語で、ポイントを押さえて丁寧に説明して下さり、貴重な資料も理解することができました。特に、日本の植民地支配から解放されたあとの韓国の歴史は、日本の教科書ではほとんど取り上げられていないので、初めて知ることばかりで勉強になりました。翌日、JSAツアーに参加したのですが、ここで朝鮮戦争や分断の歴史を学んでいたこともあり、より理解が深まりました。3階や屋上からの見晴らしも素晴らしく、休憩するのにお勧めです!
広蔵市場で昼食を取ってからタクシーを拾い、博物館へ移動したのですが、「ソウル」歴史博物館の方に連れて行かれてしまいました。乗るときには「大韓民国」歴史博物館だと強調し、地図も見せたのですが、こちらの博物館はまだ新しく、運転手さんは知らなかったようです。その分、距離もお金も余分に掛かったことが残念でした。タクシーを利用して行かれる方は、光化門近くの博物館であることを伝え、間違えられないように気を付けてください!
つづきを読む
Yuseong◇さん 2016.9.16
さる9月13日(火)に、光化門の大韓民国歴史博物館の3階で「美しい旅、永遠な友情」という企画展が始まりました。
※永遠「の」ではなく、「な」なのは、案内の日本語訳に従ったものです。

展示室の入口にある案内の日本語版を見ると、
「1961年、アメリカのケネディ政府は発展途上国の教育・農業・技術の向上、保健衛生状態の改善、地域開発などを目的とした海外ボランティア組織として、ピース・コーを創設した。1966年から1981年まで15年間、1700人余り(職員含み2000人余り)のボランティアが我が国を訪れた。彼らのほとんどは大学を卒業したばかりの若者で…」
韓国が貧しかった時代の米国の援助に感謝する回顧展のようです。米国との関係が冷え込んでいるといわれる当国ですが、「永遠な友情」とは、ずいぶん感動的なキャッチコピーです。

館内では、米国人教師の授業を受けた元・生徒や、当時の訪問者(2012~2015年に韓国を再訪したとのこと)のインタビュー映像なども流れていました。
展示物の題名に短い英訳がついている以外、オール韓国語ですが、関係者かとも思われる高齢白人観覧者などが熱心に見入っていました。

英語の授業が行なわれた教室を再現した空間、「道で唾を吐いてはいけません。結核菌が飛び散ります」というコワい啓蒙ポスター、田舎の民家で不味そうに(すみません、私の個人的印象です)食事をする米国人青年たちの写真など、韓国人でも米国人でもない外国人が見ても興味深い資料が多い展示です。

11月20日までと、あと2ヶ月続く企画展(常設展同様、観覧無料)なので、光化門近辺にお越しの方は、一度お立ち寄りを…。

ところで、この企画展に劣らぬ人気スペースが、カメラで自撮りした写真を館内プロジェクターに残したり、プリントアウトして持ち帰ったりできる(無料)施設でした。時間のある方、こちらもお試しを
つづきを読む
RYANG('-')さん 2016.4.28
博物館巡りの最中、警察博物館の係員からの紹介で足を運びましたが、スケールが大きく凝った展示物と映像表現、精巧なものや可愛らしいミニチュア、それらを組み合わせた演出、実物大の車、タッチパネルにより映像や音楽が出来る仕組みもあり見応えのある博物館です。

李氏朝鮮末期に始まり、大韓帝国建国と列強の波、そして併合(いわゆる日帝時代)、光復も間もなく朝鮮戦争、荒廃と混乱と民衆の憤怒、「漢江の奇跡」と呼ばれる高度成長時代、世界への扉を開いたソウル五輪開催、民主化からサッカーW杯日韓大会、韓流の波、そして、輝かしい未来へ…。
これらの時節を4つのエリアに分けて展示されています。
日本語表記はあまりありませんが、各エリアの入り口のパネルより日本語での概要を読む事が出来るので観覧前に読む事をお勧めします。

3と4の間には大統領執務室と報道官スペースがあり、それぞれの場所でなりきって楽しめます。大統領の椅子の後ろ側の景福宮や青瓦台と北岳山の景色は絶景です。
(撮影の際にはセルフィーでは無く、自分以外の人からの撮影の方が絵になります。)

韓流だけが韓国ではありません。
日本と韓国には苦く辛い耐えがたい過去があります。
日本からしてみれば観覧の際には心苦しく感じたりマイナスな感情を抱く事があるかと思いますが、そういった過去を少しでも知っていけば、日本に対する韓国からの考え方も理解出来るかと思いますし、自身がこの国の地に立っている事を考えるきっかけを与えてくれるでしょう。


追伸:興味があれば西側近くのソウル歴史博物館にもどうぞ。結構ディープな内容です。
つづきを読む
Yuseong◇さん 2015.4.23
大韓民国歴史博物館で開催中の「光復70年記念特別展・安重根に出会う(3月31日(火)~6月7日(日)」に行ってみました。

1階右側の「企画展示室」前に置かれた蘭の鉢2つが、それぞれ「行政自治部(=旧・行政安全部)長官」「KBS理事長」の名義だというところから、国家を挙げた意欲満々の企画であることが窺えます。

基本、韓国人客の訪問を想定したもののようで、一部タイトルに英訳が付いている以外は韓国語のみの展示です。が、青年期から愛国に燃えた「義士」への敬意がヒシヒシと伝わってきます。 
なお、彼の写真や書道作品に捺された手形を見ると左手薬指が短いのですが、この原因である「断指同盟」の関連資料もありました。

1階左側の展示室では、安重根が登場する学校の教科書や映画、関連書籍、記念切手などを見られます。「道徳」教材にも登場していたり、日本では特に偉人扱いされていない人物と共に「殉国五烈士」と紹介されていたりという点に、日本の一般的な歴史認識との差異が見受けられます。

日本の官庁、大学、研究機関に現物のある資料も多く、日本語の記事や資料もありますが、日本の大都市の博物館に巡回展が・・・ということはあまり無さそうな展示なので、光化門付近に立ち寄られる方は寄ってみて下さいね。
つづきを読む
Yuseong◇さん 2014.10.12
きのう、光化門の大韓民国歴史博物館前を通ったら、「コバウが見渡す、我らの現代史 10.07~11.30」と大きな案内が出ていました。東亜日報、朝鮮日報、文化日報で計45年連載された時事漫画「コバウ令監」の特別展のようです。

漫画に外国語訳は付いていませんが、文字の少ない4コマ漫画で、韓国語が分からなくても何となく雰囲気を感じられます(たとえば、下写真は出産前の女性の『胎教』が主題)。そして、えらくハイテクな最近の韓国の博物館の例に漏れず、ここも好きな年月日の連載を検索して見られる画面が展示室内にあったりします。

日本でコバウ(またはゴバウ)や作者・金星煥氏の名を耳にしたことはありませんが、韓国では非常に有名で、キャラクターグッズや映画にもなっているとのこと(←映画ポスターの『人間群像을 赤裸々하게 描写한』というキャッチコピーが何だか笑えます)。そして、展示を見る限り、日本でも翻訳・紹介されているとの事です。

45年間というと、韓国で言論への検閲・弾圧が強く行なわれていた時期が含まれています。作品を楽しんだ後、日本や米国の新聞の「声なき声 代弁の庶民 筆禍事件をくぐり抜け」とか「Political Humor Is No Joke in S.Korea」とかいった紹介記事を見て、作者や当時のメディア関係者の苦難を窺う・・・という構成になっています。

作者が高齢(1932年生まれ)ということもあってか、連載は2000年で終わっていますが、コバウ氏は現在の韓国をどう見ているだろうか?などと考えさせられる企画展でした。 
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
延世大学語学堂すぐそばのインデ...
韓国映画の歴史をプレイバック!
まるでタイムトラベル!楽しく歴...
周辺のお店情報
全て グルメ ショッピング スポット エステ 美容医療
ソウル国際マラソン
3/19(日)開催!市内中心部の交通規制にご注意を
(234.35m)
光化門広場
景福宮から市庁にひろがる歴史と憩いの広場
(234.92m)
世宗文化会館
世界レベルの公演を実施。韓国を代表する光化門の総合公演場
(237m)
青瓦台観覧
韓国の大統領官邸を見学しに行こう!
(315.56m)
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
新羅ステイ 光化門
観光スポットへのアクセス便利!鐘路に位置する新羅系列の特級ホテル
10,780円~
クチコミ評価 4.4 / 7件
サマーセット・パレス・ソウル
キッチン、洗濯機全室完備!観光にもビジネスにもピッタリのレジデンス
13,740円~
クチコミ評価 4.7 / 107件
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
地下鉄で行く韓国グルメ旅やカフェで使う韓国語などTOP5
伝統とモダンが織り成す町並みに浸る!韓国ロマン散策
公演チケット限定セールや明洞の人気カフェなどTOP5
アートから夜遊びまで!弘大エリアを徹底解説
もっと見る
掲載日:13.02.13   最終更新日:17.01.12 (更新履歴
・休業日を変更しました(20170112)
・一部記事内容を修正しました(20160204)
・無料ガイドの時間を変更しました(20130404)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 地下鉄5号線で行く韓国グルメ旅
駅の名店洗い出し!地...
2 カフェで使える韓国語
コーヒーで一息。カフェで便利な韓国語を覚...
3 若者の街!弘大(ホンデ)おすすめスポットガイド
アートから夜遊びまで...
4 韓国3つ星ホテル&4つ星ホテル 1万円以下セール
人気デラックスホテル...
5 木洞ポリパッ
広蔵市場で人気の麦飯ビビンバ
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
俳優カップル2年交際から22日結...
17.05.22
Apinkチョン・ウンジの体型話題
17.05.23
俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを...
17.05.24
ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
17.05.24
「ソウル路」2日で25万人が歩く
17.05.22
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
ロッテ、新羅、東和などの人気店
免税店クーポン
8b DOLCE ソウルカロス...
【5% OFF】ドリンク&スイーツメニュー
8b DOLCE ソウルカロスキル本店
東明社(光熙市場内)
【10% OFF】既製品のみ
東明社(光熙市場内)
レモンマート 明洞店
【30~50%】特価セール
レモンマート 明洞店
鳴玉軒韓医院
【割引】韓方肉割れ治療(一部メニュー)
鳴玉軒韓医院
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
2017.05.26(金)
もっと見る
合井にオープンした教保文庫の... 05/26
セットが増えて新鮮です 05/26
弘大の人混みに疲れたら穴場の... 05/25
イデにあるディスコみたいなボ... 05/25
名物プルコギパジョンとトマト... 05/24
新鮮な鶏肉とたっぷりニンニク 05/23
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]