韓国旅行「コネスト」 セラミックス創造センター|利川(京畿道)の観光スポット
KONEST

セラミックス創造センター

セラミッス チョンジョセント / 세라믹스 창조센터
コネスト 投稿
5.0 エリア京畿道 > 利川 店ジャンル 博物館・美術館・展示館・映画館 観覧時間の目安0.5 時間
お気に入りに追加(4人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
利川にある、陶磁器の世界を体感できる複合文化施設
京畿道(キョンギド)利川(イチョン)市に位置する「セラミックス創造センター」は、陶磁に関するギャラリーや工房を備えた複合文化施設です。毎年陶磁を中心に様々な企画・特別展を開催しているほか、新進作家の発掘にも力をいれるなど、陶磁器文化の発展において中心的な役割を果たしています。「セラミックス創造センター」は、利川総合ターミナルからタクシーで約7分の距離にあり、雪峯(ソルボン)公園内の奥の方に位置しています。センターは地上3階建ての構造で、「利川陶磁器祭り」や「世界陶磁ビエンナーレ」の会場としても使用されています。
陶磁器の世界を体感できる複合文化施設
京畿道(キョンギド)利川(イチョン)市に位置する「セラミックス創造センター」は、陶磁に関する展示や工房を備えた複合文化施設です。陶磁器専門の美術館として2001年に開館した「世界陶磁センター」を改装し、2011年に「セラミックス創造センター」として新しく生まれ変わりました。「セラミックス創造センター」は、毎年開催されている「利川陶磁器祭り」や2年に1度開催されている世界陶磁ビエンナーレでも会場として使用されています。また、毎年陶磁を中心に様々な企画・特別展を開催しているほか、新進作家の発掘にも力をいれるなど陶磁器文化の発展において中心的な役割を果たしています。
工房やギャラリーなど、陶磁器関連の施設が集合
利川総合ターミナルからタクシーで約7分の距離にある「セラミックス創造センター」。山と湖が調和する雪峯(ソルボン)公園内の奥の方に位置しています。センターは地上3階建ての構造で、工房やギャラリーなど陶磁器に関する様々な施設が入っています。建物内は、写真撮影は禁止されています。
※フロアガイドや内観写真は2012年5月取材時のものです。
フロアガイド
3階 ギャラリー3、ギャラリー4、休憩室
2階 ギャラリー1、ギャラリー2、カフェ
1階 セラミックスオープンギャラリー、創造工房、セラミックスホール、インフォメーション
1階
1階には、若手作家を発掘・育成するために設けられた陶磁器やガラス工芸の制作工房「創造工房」があり、作業の様子を見ることができます。セラミックスオープンギャラリーでは、彼らが作った作品も販売しています。
オープンギャラリー
オープンギャラリー
若手作家の陶磁器やガラス工芸作品の販売も
若手作家の陶磁器やガラス工芸作品の販売も
作家たちが制作活動を行なう「創造工房」
作家たちが制作活動を行なう「創造工房」
セラミックスホール
セラミックスホール
2階
各ギャラリーでは年間スケジュールにあわせた展示が行なわれており、取材時はギャラリー1では「韓国近現代茶碗百年史展」が、ギャラリー2では「国際公募展受賞作品展」が行なわれていました。また、2階にはテラス席も完備しているカフェがあり、ゆったりとくつろげるスポットとなっています。カフェでは、コーヒーやスムージーなどのドリンク(3,500ウォン~)とワッフルやクッキーなどの軽食(1,000ウォン~)を楽しむことができます。
ギャラリー1
ギャラリー1
ギャラリー2
ギャラリー2
国際公募展受賞作品
国際公募展受賞作品
15席ほどのカフェ
15席ほどのカフェ
机にも陶磁器のデザインが施されています
机にも陶磁器のデザインが施されています
3階
ギャラリー3・4では、年間を通して陶磁器に関する企画展示が行なわれています。2012年12月22日まで「国際公募展受賞作品展」が、ギャラリー4では、2012年4月27日~2012年5月22日まで「韓国現代陶芸の無限陶展」が実施されています。
ギャラリー3
ギャラリー3
ギャラリー4
ギャラリー4
陶磁器のさまざまな作品が展示
陶磁器のさまざまな作品が展示
デイビット・ホフマン作

「抵抗できない力VS動くことのできない物体」
デイビット・ホフマン作
「抵抗できない力VS動くことのできない物体」
サービス施設
1階にはインフォメーションがあり、年間の展示内容が書かれた冊子(韓国語)がおかれています。車椅子やベビーカーの無料貸し出しも行なっています。また、3階には休憩室も完備しており、広々としたソファでゆっくりと休むことができます。
ロビー・インフォメーション(1階)
ロビー・インフォメーション(1階)
休憩室(3階)
休憩室(3階)
陶磁器の奥深さを知る
「セラミックス創造センター」は、国内外の著名作家の作品に出会えたり、企画展示特別展を通じ幅広く世界の現代陶磁芸術に触れられるなど、陶磁器の奥深さを知るには最適のスポットです。また、雪峯公園内には陶磁ショッピングモールなど陶磁器に関するスポットがあるため、センターの見学と合わせて楽しみたいところ。利川に立ち寄った際には、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
料金
大人 3,000ウォン
子ども(満8歳~19歳) 2,000ウォン
※満7歳以下、65歳以上は無料(要身分証)
※世界陶磁ビエンナーレ期間中はイベント料金適用
基本情報
店名 セラミックス創造センター
住所 京畿道 利川市 官庫洞 山69-1
(경기도 이천시 관고동 산69-1)
[道路名住所]

京畿道 利川市 京忠大路2697番キル 167-29
(경기도 이천시 경충대로2697번길 167-29)
電話番号 031-631-6501(韓国陶磁財団)
Eメール なし
営業時間 9:00~18:00(最終受付17:00)
休業日 月曜、1月1日、旧正月・秋夕(チュソク)の当日
日本語 一部スタッフ可
その他外国語 英語
支払方法 ウォン、カード(JCB,visa,master,amex) ※一部使用不可の場合あり
交通 ・京江線利川(イチョン、Icheon)駅 1番出口 タクシー約9分
・利川総合バスターミナル タクシー約7分
関連サイト www.kocef.org/jap/02_museum/04.asp
詳細情報 ・バリアフリー施設:車椅子用トイレ、車椅子レンタル、エレベーター
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
備考 各展示場にガイドあり(韓国語のみ)
韓国旅行おトク情報
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2016.5.22
maiko3150さん
クチコミ

2016.5.22
maiko3150さん
クチコミ

2016.5.22
maiko3150さん
クチコミ

2016.5.22
maiko3150さん
クチコミ

2016.5.22
maiko3150さん
クチコミ

2016.5.22
maiko3150さん
クチコミ

2016.5.22
maiko3150さん
クチコミ

2016.5.22
maiko3150さん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
maiko3150さん 2016.5.22
2016/05/06 16時ごろ、利川陶磁器祭りを見に行ったついでに、こちらを訪れました。

京畿陶磁博物館から114番のバスに乗り、確か20分ほどで到着し、利川陶磁器祭りの会場となる雪峯公園の敷地内にあります。

ちょうど土曜日の午後だったこともあり、利川陶磁器祭りのお客さんが多くて混雑していました。
こちらの会場は、かなり「お祭り」色が強く、陶磁器の販売やワークショップなどの他にも、あまり陶磁器と関係ない食品や土産物の販売、屋台の出店も多くてとても賑やかです。


セラミックス創造センターは、公園の最も奥にありますが、一見何かの研究機関のような一部ガラス張りのスッキリした建物です
受付で、入場料3,000ウォンを支払うと、リストバンドが渡されて観覧コースの説明があります。
どうやらセラミックス創造センター内の展示室(1F~3F)を見た後に、「韓国伝統窯」を通って「Toyaseum」という別棟の展示室へと進むコースになっているようです。
(別棟や各展示室ではリストバンドがチケット代わりになるようです)

まず、1Fですが、オープンギャラリーということで、作家の工房(作業場)が並んだフロアーを通って、製作現場の観覧が出来ます。
私が行ったときには、吹きガラスの実演をやっていました。
どうやら1Fでは、陶磁器に限らず金属加工や木工など、手工芸品全般を紹介しているようです。


2F~3Fの展示室では、世界各地の作家が作成した陶磁器のほか、セラミックが素材となっているオブジェなどのアート作品が展示されています。
作品の紹介文には、作家の出身国が国旗と共に紹介されており、それぞれのお国柄や流行が垣間見えたりもしますが、作品のバリエーションが多様で、巨大な彫刻・オブジェから装飾品のような小さなものまで、「セラミック」が使われていれば「何でもアリ」といった懐の深さを感じます。

とにかく展示物の質が高く、中でも一番驚いたのはカナダ人作家の作品で、どう見ても革製にしか見えないセラミック製のカバンとジャンパーでした。
この作品を見るために来ても損はないと思えるぐらいの衝撃でしたが、その他にも印象に残る作品が、これでもかと多数展示されています。


展示室での衝撃も覚めやらぬなか、韓国伝統窯(登り窯)を通って、別棟の「Toyaseum」へ向かいます。
1F~2Fの展示室があり、こちらも世界各国の作家が作った陶磁器やオブジェが多数展示されています。
先ほどよりは小ぶりの作品が多いですが、その数は尋常ではなく、まともに鑑賞しようと思えば、2時間ぐらい簡単に過ぎてしまうでしょう。


展覧会なら 3回~4回分はあろうかという量の作品を鑑賞して、終始圧倒されてしまいましたが、作品ごとに異なった一面を見せる「セラミック」が持つ無限の可能性を改めて感じます。

利川陶磁器祭りに来た際には、是非こちらも併せて観覧されることを強くオススメします。
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
天安バスターミナル隣にある現代美術館
ポハンの運河に関連する展示館
鍾路の曹渓寺のすぐ隣、仏教の美に触れられる博物館
国宝や文化財も所有する、城北洞の美術館
周辺のお店情報
全て グルメ ショッピング スポット
雪峯公園 雪峯公園
イベントも開催される利川市民憩いの公園
(278.49m)
利川陶磁器祭り 利川陶磁器祭り
陶磁器の里として知られる利川市で開催されるお祭り
(278.79m)
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
ホテルベーネ
ホテルベーネ
利川のホテル ベーネは、韓国陶磁財団や利川市立月田美術館まで車で 5 分かからない場所に
6,310円~
クチコミ評価  ―  (0件)
ホテルミランダ
ホテルミランダ
利川にあるホテル ミランダは歴史地区に位置し、利川世界陶磁センター、雪峯公園から 3 km
6,840円~
クチコミ評価  ―  (0件)
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
韓国旅行記事 週間人気ランキング 2021年4月2週
スター御用達焼肉店や韓国でのスマホ設定方法などTOP5
韓国旅行記事 週間人気ランキング 2021年4月1週
東大門の人気バッグ店や弘大スポットガイドなどTOP5
BTS韓国ゆかりの地!おすすめスポット
ARMYの韓国旅行をサポート!防弾少年団聖地巡り
韓国旅行記事 週間人気ランキング 2021年3月4週
狎鴎亭の人気キムパッ店やカロスキルガイドなどTOP5
もっと見る
掲載日:12.05.01   最終更新日:20.01.17 (更新履歴
・営業時間、休業日を更新しました(20200117)
・営業時間、料金、一部記事内容を変更しました(20170202)
・京江線開通により交通情報を更新しました(20161012)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 好拍食堂 薬水本店
2PM等人気韓流スターも常連!日本風和牛焼肉のお店
2 韓国旅行時のスマホの設定と注意点
事前にチェック!Wi-Fi設定や高額請求回避など気をつけたい
3 明洞地下ショッピングセンター・小公洞地下ショッピングセンター
市庁駅と明洞を繋ぐ、移動にも便利な地下商店街
4 一味食堂(楽園地下市場)
「楽園地下市場」のチョングッチャン人気店
5 食事で使う韓国語
お店の人と仲良くなろう!旅行時に食堂で使える韓国語
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
人気免税店クーポンがいろいろ!
免税店クーポン
ムーンクリニック
【特別イベント】プチ施術(フィラー)
ムーンクリニック
シロアム韓方美容・ダイエッ
【今だけ特別割引】施術するほどお得
シロアム韓方美容・ダイエットクリニック(美&EYE)
レアート整形外科
【DIYイベント】自分で作るパッケージ
レアート整形外科
黄金比率クリニック
【特別割引】全身オーダーメイド脂肪吸引
黄金比率クリニック
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
2020.09.18(金)
もっと見る
季節ごとに楽しめる韓国料理屋 04/14
今ソウルの明洞(ミョンドン 명동) 04/14
シンプルなカフェ 04/13
QRコード式に 04/12
銀馬の楽園〜大峙。 04/12
北漢山城入り口カフェ 04/08
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]