韓国旅行「コネスト」 仁王山(ソウル城郭)|三清洞・ソウル北部(ソウル)の観光スポット
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
エバーランド1日+往復バス乗車券付がお得!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

仁王山(ソウル城郭)

イナンサン(ソウルソンガッ) / 인왕산(서울성곽)
コネスト 投稿
5.0 エリアソウル > 三清洞・ソウル北部 店ジャンル 自然(海・山・川) 観覧時間の目安3.0 時間
お気に入りに追加(41人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
手軽なハイキングにぴったり!眺望抜群の都心の山
仁王山(イナンサン)は朝鮮時代の王宮であった景福宮(キョンポックン)の北西に位置する標高338メートルの小さな山。ソウル中心部に程近いにも関わらず、自然と景観を満喫できる2~3時間の手軽なハイキングコースが整備されており、多くのソウル市民に親しまれています。また、稜線に沿って続くソウル城郭は朝鮮時代の歴史遺産。現在、復元と修復を経て、往時の姿を偲ぶことができます。城郭沿いの散策をするなら景福宮の西側にある社稷(サジッ)公園を起点とし、彰義門を目指すコースがわかりやすいでしょう。
鞍山(アンサン)から眺める仁王山(右)と北漢山(奥)
仁王山
仁王山(イナンサン)は朝鮮時代の王宮であった景福宮(キョンポックン)の北西に位置する標高338メートルの小さな山。ソウル中心部に程近いにも関わらず、自然と景観を満喫できる2~3時間の手軽なハイキングコースが整備されており、多くのソウル市民に親しまれています。

また、稜線に沿って続くソウル城郭は朝鮮時代の歴史遺産。現在、復元と修復を経て、往時の姿を偲ぶことができます。
ソウル城郭
ソウル城郭は朝鮮時代の首都漢陽(ハニャン)を外敵から守るために作られたもので、正式には「漢陽都城(ハニャントソン)(史跡第10号)」と言います。1396年から造成が始まり、北岳山(プガッサン)駱山(ナクサン)南山(ナムサン)の稜線に沿って築城されました。

以来500年に渡りソウルを見守ってきましたが、全長約18.2キロメートルあった城壁は日本植民地時代(1910~1945)・朝鮮戦争(1950~1953年)を経て多くが破損。1974年から復元作業が始まり、現在約70%の区間が復元されています。
仁王山の散策ルート
ソウル城郭の仁王山区間は城郭の正門であった「崇礼門(スンネムン)」(通称南大門)から彰義門(チャンウィムン)とされています。市内中心部にある崇礼門(南大門)周辺からの城郭は復元されておらず、城郭沿いの散策をするなら景福宮の西側にある社稷(サジッ)公園を起点とし、彰義門を目指すコースがわかりやすいでしょう。

彰義門周辺は付岩洞(プアンドン)といってカフェやショップ、美術館が集まる山の手のおしゃれスポット。実は仁王山区間は1968年の1.21事件以来、一般の立ち入りが制限されていました。1993年にようやく制限が解除され、市民に公開されるようになりました。
仁王山の見どころ
花崗岩でできた仁王山の特徴は岩肌があらわになっており奇岩が多いこと。散策しながら、様々な形をした岩を目にすることができます。

その山容の美しさは朝鮮後期の画家謙齋の「仁王霽色圖 (イナンチェセット)」(国宝、サムスン美術館Leeum所蔵)に描かれています。標高は高くありませんが、頂上に上ると眺望がすばらしくソウル市内を見渡すことができます。
注1)名前の由来と歴史
仁王山の名前は仏教の守護神である金剛力士、すなわち仁王に因んでいる。朝鮮王朝初期には西山(ソサン)と呼ばれていたが世宗大王の時代に朝鮮王朝を守護する山という意味で名付けられたとされている。しかし、日本の植民地支配後「王」という漢字を使ってはならないとされ「仁旺山」と表記されてきたが、1995年にようやく本来の「仁王山」となった。
注2)1.21事件
北朝鮮の武装ゲリラが大統領府青瓦台(チョンワデ)を襲撃しようとした事件。この事件のため、仁王山だけでなく、青瓦台の背後にある北岳山も特定警備地域として一般の立ち入りが禁止された。

北岳山一帯は特定警備地域として40年近く一般の出入りが統制され、2007年にようやく全面開放となったが、現在も北岳山のマルバウィから彰義門(チャンウィムン)までの4.3キロメートルの区間は軍事保護地域のため入山申請が必要。
このスポットに訪れる現地ツアー
ソウル城郭 ウォーキングツアー(仁王山~西村区間)
午前中フル活用!古き良きソウルの姿や歴史散策
4,560円3,650円
基本情報
店名 仁王山(ソウル城郭)
住所 ソウル特別市 鍾路区 付岩洞, 一帯
(서울특별시 종로구 부암동, 일대)
[道路名住所]

ソウル特別市 鍾路区 仁旺山路, 一帯
(서울특별시 종로구 인왕산로, 일대)
電話番号 02-2148-2834~2835(鍾路区庁公園緑地課)
Eメール なし
営業時間 なし
休業日 月曜 ※月曜が祝日の場合、営業し翌日休業 ※気象状況・施設点検により変更になる場合あり
日本語 不可
交通 ・地下鉄3号線景福宮(キョンボックン、Gyeongbokgung)駅 1番出口 ※登山道利用
関連サイト なし
料金 無料
詳細情報 ・バリアフリー施設:なし
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
【PR】同じエリアのコネストおすすめ店
ショッピングmeeori
かわいくて軽い!センス溢れる三清洞のバッグ専門店
ソウル > 三清洞・ソウル北部   クーポンあり
韓国旅行おトク情報
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2017.12.9
Kosetsuさん
クチコミ

2017.12.9
Kosetsuさん
クチコミ

2017.12.9
Kosetsuさん
クチコミ

2017.12.9
Kosetsuさん
クチコミ

2017.12.9
Kosetsuさん
クチコミ

2017.12.9
Kosetsuさん
クチコミ

2017.12.9
Kosetsuさん
クチコミ

2017.12.9
Kosetsuさん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
Kosetsuさん 2017.12.9
以前、ソウル城郭の仁王山コースを歩いていた時、遠くにそそり立つ岩とそのすぐ下に丹青の色鮮やかな寺らしき建物が見えた。
地図で調べてみると、どうやら禅岩(ソンバウィ)という岩と仁王寺らしいということがわかった。

いつか行ってみようと思いつつもなかなか実現せず、暮れも押し迫った9日、地下鉄3号線「独立門」駅から歩いて行ってきた。



つづきを読む
仁王寺 (返信: 0 )
留花さん 2016.2.28
今回 地下鉄を利用し 駅より徒歩15分でいけました。
思ったより近く 看板もありすぐにわかりました。

急勾配のため 息が少し切れましたが 楽しい時間を過ごせました。
つづきを読む
虎児さん 2015.10.5
友人に連れられて数年前に行きましたが、天気もよくハイキング日和だったので、もう一度行ってみようと思い立ち、行ってきました。
一人だったので道が不安でしたが、何とかなりました。前回とは違う道をたどったような気がしますし、以前はずいぶん工事中だった気がしますが、道の整備は完璧でした。

【スタート地点】地下鉄景福宮駅1番出口
【中間地点】仁王山山頂
【所要時間】1時間(途中トイレはなし)
【持ち物】お水(500ミリリットル2本)、おやつ(コンビニで買った干し芋とゆで卵)、上着(動くと暑いがじっとしていると寒い)

1.地下鉄福宮駅1番出口を出て直進。社稷公園を目指します。公園を通りすぎて最初の角を右に曲がります(写真1)。

2.坂道をのぼると右側に門があります。それを左へ。(写真2)

3.看板が立っています。どちらも仁王山に行けると書いてありますが、左側に進みます(写真3)。

4.少しのぼると右側に階段があります。(写真4)

5.階段をひたすらのぼること約5分、整備された道に出て、城郭の登場です。(写真5)

ここでひと安心。ここまで来れば迷うことはありません。左側に城郭を見ながら歩きます。

6.城郭がいったん途切れます。道路を渡り、目の前の階段を上ります。(写真6)
階段を上るやすぐに、階段を直進するコース(城郭内側)と階段の左側を行くコース(城郭外側)の2つに分かれます。どちらに行こうか迷いましたが、少しでも日陰のある内側コースを選択。結局、途中で合流したので、時間的にもほとんど差がないようです。

7.階段を直進するコース(城郭内側)から振り返ってみたところ。(写真7)
前ばかり見ずに、たまに後ろを見ると景色がよくて気分が晴れ晴れしました。

8.結構のぼったなと思ったら頂上が見えます。(写真8)
ここから頂上まで約30分かかります。道は迷いようがないほどハッキリしていますが、傾斜が急だったり、岩っぽいところが少し登場します。手すりもありますので、足元に注意しながら、上ってください。滑りにくい靴を履いていかれることをおすすめします。

頂上は景色抜群です。
ソウルタワーも景福宮も青瓦台もソウル市内がぜんぶ見えます。
わずか1時間でこんなビューが望めるなんて、ちょっと感動します。

見晴らしのいいところには軍人さん(服装はカジュアルですが)がいて見張っています。
写真は自由だと思っていましたが青瓦台方向は撮影禁止でした。
撮ってはいけない場所には看板がありました。

(後半につづく)
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
ソウル西北部を流れる河川は穴場...
大都会ソウルにも残る自然の中の...
一年中溶けない?天然記念物指定...
周辺のお店情報
全て グルメ ショッピング スポット エステ 美容医療
水聲洞渓谷 水聲洞渓谷
ソウル都心部から歩いてもいける涼しい渓谷
(505.61m)
紫霞美術館 紫霞美術館

(560.46m)
弘済洞 ケミ村 弘済洞 ケミ村
路上美術館として話題を呼ぶソウル北西部の村
(773.44m)
鍾路区立パク・ノス美術館 鍾路区立パク・ノス美術館

(864.92m)
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
ソチョン B&B スラン
Muak-tong (ジョンノ近く) に位置するソチョン B&B スランは、青瓦台、景福宮から 1 km ...
9,480円~
クチコミ評価  ―  (0件)
ソチョン ガチ B&B
Muak-tong (ジョンノ近く) に位置するソチョン ガチ B&Bは、5 km 圏内に景福宮、東大門...
63,710円~
クチコミ評価  ―  (0件)
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
東大門のピアス有名店や明洞おしゃれカフェなどTOP5
日本で話題の韓国カフェや弘大の人気焼肉店などTOP5
明洞のお得ホテルや南大門市場の歩き方などTOP5
東大門ゴマ・エゴマ油専門店や明洞の1人OK店などTOP5
もっと見る
掲載日:15.09.18   最終更新日:17.10.16 (更新履歴
・営業時間、休業日を確認しました(20171016)
・データファイルの電話番号、休日を変更しました(20151217)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 韓国の気候と服装
四季はある?どんな服を着るべき?韓国旅行...
2 nyu・nyu
5点以上からなら誰でも買える!東大門のピ...
3 明洞餃子 本店
明洞で長年愛され続けてきたカルグクスの有...
4 大人女子も満足!ワンランク上の韓国土産
韓国の定番お土産も質...
5 明洞のおしゃれスイーツカフェ
ビジュアルまで楽しめ...
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
パク・ヒョンシク 10日入隊
19.06.10
キム・スヒョン 7月1日に除隊
19.06.10
キム・テヒ、米国での住宅購入は...
19.06.13
韓国の引退後の暮らしを日本と比...
19.06.10
キスデーにキスされたいスター1位...
19.06.14
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
人気免税店クーポンがいろいろ!
免税店クーポン
TJ美容外科
【割引】手術メニューイベント
TJ美容外科
トンジュヌンナムジャ
【サービス】味噌チゲ
トンジュヌンナムジャ
MEDICUBEクリニック 江南店
【サービス】掲載記念!ボトックスサービス
MEDICUBEクリニック 江南店
queensbucket
【プレゼント】ゴマ油 サンプルセット
queensbucket
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
2019.06.14(金)
もっと見る
あわびなのにこの値段⁉ 06/14
念願の訪問 06/14
落ち着けます 06/14
辛くない韓国料理 06/14
また泊まりたい! 06/14
素敵なポシャギ 06/14
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]