韓国旅行「コネスト」 徳寿宮|市庁・光化門(ソウル)の観光スポット
KONEST

徳寿宮

トクスグン / 덕수궁
コネスト 投稿
4.8 エリアソウル > 市庁・光化門 店ジャンル 古宮 観覧時間の目安1.0 時間
お気に入りに追加(921人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
ソウル市庁前にある有名な古宮「トクスグン」
韓国の5大王宮の一つ「徳寿宮(トクスグン)」。ソウル市庁横の高層ビルがそびえ立つビジネス街にあり、一種のオアシス的な空間で、昼休みはサラリーマンも散歩していたりします。元々は朝鮮時代の王族が住んでいた邸宅でしたが、朝鮮時代中期に臨時に王の居所がここに移されて、宮殿としての性格を持つようになりました。建物のほとんどは伝統的な韓国の様式ではなく、西洋の建築が多いです。国の公式行事をつかさどった東洋式の建物や水時計の一部、伝統的な鐘もあります。正門である「大漢門(テハンムン)」の前で王宮を守る兵士たちの勤務交代式も再現されています。
ソウル都心部に佇む「徳寿宮」
このスポットで開催されるイベント
ソウル市庁の隣に佇む古宮
韓国の5大王宮の一つ「徳寿宮(トクスグン)」。高層ビルがそびえ立つビジネス街にあって、都会のオアシス的存在でもあります。観光客だけでなく、昼休みはサラリーマンが散歩しており、休みの日にも老若男女問わずたくさんの人が訪れます。場所は、地下鉄1・2号線が乗り入れる市庁(シチョン)駅すぐ。「ソウル市庁」や「ソウル広場」からも見えるので、観光客にお馴染みの古宮です。
徳寿宮の歴史
「徳寿宮」は元々は朝鮮時代の王族の邸宅でしたが、豊臣秀吉による壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の際に、ほとんどの宮殿が破壊されてからは、一時的に王の居所が移され、宮殿としての性格を持つようになりました。

現在「徳寿宮」の建物の多くが伝統的な韓国の建築様式ではなく、西洋の建築様式のものです。19世紀以後、西洋文明が朝鮮に入るようになると国力が衰え、王朝の象徴であった「徳寿宮」も壊されてしまいました。現在は再整備されましたが朝鮮末期、まだ国力が微弱だった朝鮮の悲しみが深く染み込んだ王宮と言えるでしょう。
観覧案内
日本語無料ガイド
「徳寿宮」では海外からの観光客向けに日本語をはじめ、各国語での無料ガイド案内を実施しています。集合場所は「大漢門(テハンムン)」の門を進み、左側にある案内板の前でスタート時間までに待っていれば参加できます。

最新のガイド時間は以下の「徳寿宮」のホームページよりご確認ください。

無料ガイド案内(日本語ページ)
無料ガイド案内(韓国語ページ)

※諸事情により中止となる場合があります。
※ガイドの同意なく、解説の録音・撮影はできません。
※10名以上の団体は、事前予約が必要です(02-751-0734)。
徳寿宮の主な見どころ
正門・大漢門(テハンムン)
大漢門
大漢門
「徳寿宮」の入口。もともと「徳寿宮」の正門は「大漢門」ではなく、「仁化門(インファムン)」でした。しかし、1900年代に「大漢門」の周辺にいくつかの道路が作られ、交通の便がいい「大漢門」が次第に正門として利用されるようになりました。

ほかの宮殿の正門と同じように軍事査閲式や集会などが行なわれる広場もありましたが、「大漢門」が正門としての役割を担うにつれて「仁化門」は使われなくなり、広場も自然に廃れていきました。
禁川(クムチョン)
「大漢門」から入るとすぐのところに橋が見え、その下には小さい池があります。今はもうその姿はとどめていませんが、ここには当時宮殿と正門の間を流れる川がありました。「禁川」と呼ばれるその川は、その跡だけを今に残しています。

橋の前には「大小人員皆下馬」と書かれた石碑があり、高い地位にある人もまた逆に低い地位にある人も、この前を通るすべての人々は馬から降りろという意味です。王の前では、どんな人も敬虔な気持ちを持ち、静粛にしなければならない、ということを表しています。
正殿・中和殿(チュンファジョン) ※宝物
中和殿
中和殿
昔のままの姿がよく保存されている「中和殿」は、「徳寿宮」の中枢として国の公式行事を司どったところでもあります。内部の天井には2匹の龍が描かれていますが、この爪の数は7本となっています。これは龍の爪の数が中国、韓国を問わず大部分が5本で王を表すのに対し、7つは皇帝を象徴します。
徳弘殿(トコンジョン)
「徳弘殿」は1911年に建てられ、王が外国の使臣や高位官僚と接見する際の接見所としての役割を果たしてきました。日常生活が行なわれたところではないので、韓国の家には欠かせないオンドルはなく、木の床であることが特徴です。朝鮮末期に入ってきた西洋文明の影響を強く受けた内部装飾が目を引きます。
徳弘殿
徳弘殿
内部の様子
内部の様子
咸寧殿(ハムニョンジョン) ※宝物
「咸寧殿」は王の寝室として使われていました。「咸寧」という名前は、朝鮮時代の王、高宗(コジョン)が国の平安を祈願し付けた名前で、中心を境に東側は皇帝の部屋、西側は皇后の部屋になっています。朝鮮末期の王、純宗(スンジョン)は即位した頃、ここで生活をしていたとも伝えられています。
咸寧殿
咸寧殿
内部の様子
内部の様子
静観軒(チョングァンホン)
静観軒
静観軒
西洋の趣きをかもしだしている建物「静観軒」。朝鮮時代の王、高宗が宴会をしたり、くつろいだりした場所だといわれています。この建物の裏にはロシア公園に通じていた狭く長い秘密地下通路が今も残っています。

ロマネスク調の屋根に赤レンガのテラス、花模様でかざられた柱など、伝統文化財であるにもかかわらず、異国的な雰囲気の建築物で、一時期一般向けの喫茶店として開放されたこともありました。
即阼堂(チュッチョダン)、昔御堂(ソゴダン)
即阼堂
即阼堂
王のいる建物には必ず建物の名前に「殿」という字が入ります。しかし、ここ「即阼堂」と「昔御堂」は王の即位式を行なったにもかかわらず、「殿」ではなく「堂」という字です。最初にここで即位式を行なった王は、権力を用いて半ば強引に王位を継承しました。その時、正殿ではなくここ「即阼堂」で即席の即位式を行なったため「殿」がついていません。
昔御堂
昔御堂
「即阼堂」の隣にある「昔御堂」は、「徳寿宮」の中で唯一2階建ての建物です。その昔、王が滞在した建物だという推測だけがあり、その由来については知ることができません。しかし朝鮮後期以降「徳寿宮」の代表的な建物として扱われてきました。
惇徳殿(トンドッチョン)
惇徳殿
惇徳殿
大韓帝国時代に建てられた2階建ての建物で、外観・内観・インテリアともに西洋式のデザインが採用され、当時は外交交渉の場や迎賓館として使われたのち、1920年代に取り壊された、と伝えられています。

数年にわたる発掘調査と復元工事を経て、2023年9月にオープン。「徳寿宮」の新スポットとして注目を集めています。

館内は大韓帝国時代にまつわる資料展示、映像展示ホールがあり、2階テラスからは「惇徳殿」前の中庭を見下ろせ、趣があります。

<入場時間>

9時~17時30分(最終受付17時)
1階通路の足元には発掘調査でみつかったものを展示
1階通路の足元には発掘調査でみつかったものを展示
映像による展示も
映像による展示も
2階テラスも眺めが気持ち良い
2階テラスも眺めが気持ち良い
記念品ショップ&カフェ
「徳寿宮」の記念ショップは入口を入って右側にある建物です。古宮らしいデザインの記念品が買えます。またカフェも併設されていて、池を眺めながら休憩してみるのもよいでしょう。
敷地内の美術館・博物館
石造殿(ソッチョジョン) 大韓帝国歴史館(テハンジェグッヨッサグァン)
大韓帝国歴史館
大韓帝国歴史館
西洋式の建物である「石造殿」は、1900年イギリスの指導の下に作られたもので、朝鮮末期に王が住んでいた宮殿。

建物は「東館」と「西館」に分かれており、「東館」は日本統治時代に日本近代美術を展示する場として、「西館」は朝鮮古美術を展示する場として用いられていました。1953年以降は王室で使われていた品々や歴代王の肖像画などを展示した宮中遺物展示館として運営されました。
1998年に「西館」は「国立現代美術館 徳寿宮館」として再編成され、韓国近代美術展や海外作家の企画展などが行なわれています。「東館」は2014年10月に復元工事が完成し「石造殿 大韓帝国歴史館」として再び一般公開されました。
国立現代美術館 徳寿宮館
国立現代美術館 徳寿宮館
国立現代美術館 徳寿宮館
韓国近代美術史の体系化などを目的に国立現代美術館分館として1998年に再編成されました。そもそも李王家美術館新館として1938年に開館された徳寿宮美術館は中村與資平の設計で、古いながらも手狭さを感じさせない展示空間で作品鑑賞に集中しやすくなっています。
敷地外の関連施設
徳寿宮トルダムキル(石垣道)
徳寿宮とあわせて有名なのが、すぐ隣にあるトルダムキル(石垣道)。四季折々で違った雰囲気を楽しめますが、特に秋の紅葉シーズンには道がイチョウの葉で一面黄色に染まり、大変美しいです。デートコースとして人気ですが、カップルで歩くと別れるといったジンクスも。

更に進むと「徳寿宮 重明殿」や「貞洞劇場(チョンドンクッチャン)」、「貞洞第一教会」、「ソウル市立美術館」などがあり、趣があります。
重明殿(チュンミョンジョン)
重明殿
重明殿
「重明殿」は1897年に王室図書館として建設され、3年ほどは王・高宗の執務室・外国使節の謁見室としても使用されたロシア風の建物です。1905年、日本が韓国に強要した不平等条約「乙巳勒約(第二次日韓協約)」が締結され、高宗が外国にその真実を知らせるためハーグ特使派遣を決めた場所でもあります。

植民地時代には日本によって破損され、外国人クラブとして使用されては民間に売却されるなど悲しい運命を辿りました。その重明殿の原形が、日韓併合100年である2010年、105年ぶりに復元されました。重明殿内部は無料で一般公開されています。
徳寿宮の名物行事
守門将交代儀式
勤務交代式の再現
勤務交代式の再現
徳寿宮の正門である大漢門の前で、王宮を守る兵士たちの勤務交代式の再現が行なわれています。この王宮守門将交代儀式は1995年から伝統文化復元行事の一環として実施されてきた王宮の伝統儀式の一つ。

儀式順序、服装および号令まですべて徹底した考証に基づいて行なわれていて、外国からの観光客もとても興味深そうに観覧しています。儀式は韓国語、英語、日本語で説明されます。
徳寿宮を見下ろせる名所
「ソウル市庁 西小門(ソソムン)庁舎」1棟庁舎13階に、一般市民も利用可能な「貞洞(チョンドン)展望台」があります。これはソウル市が「共有都市ソウル」というプロジェクトの一環で、大会議室の一部と備品倉庫を展望台として開放されたもので、大きな窓からは眼下に「徳寿宮」をはじめ、周辺のビル群もよく見えます。四季折々の景色を見られます。
春
夏
秋
冬
徳寿宮の四季
春
夏
秋
冬
料金
外国人・大人 ※満19歳以上、65歳未満 1,000ウォン
外国人・子ども ※満18歳以下 無料
シニア ※満65歳以上 無料
チマチョゴリ(韓服・ハンボッ)着用者 無料
※再入場不可
※無料入場対象者は、チケットブースにて身分証を提示後、無料入場券を受領
※「統合観覧券」あり
※団体割引(10名以上、1名800ウォン)あり
※毎月最終水曜日「文化のある日」は無料観覧
このスポットに訪れる現地ツアー
ディスカバーソウルパス(チャージ式交通カード機能付ソウル観光フリーパス)
ディスカバーソウルパス(チャージ式交通カード機能付ソウル観光フリーパス)
指定観光スポット入場料が無料&大幅割引!入場券購入の手間いらず!
5,660円
3食おまかせ!グルメツアー
3食おまかせ!グルメツアー
宿泊ホテルで送迎!人気観光地も巡る1日3食付グルメツアー
24,910円
ソウル市内観光午前ツアー 古宮+守門将交代儀式コース
ソウル市内観光午前ツアー 古宮+守門将交代儀式コース
午前中で人気観光地をまわるソウル満喫コース!
6,790円
基本情報
店名 徳寿宮
住所 ソウル特別市 中区 貞洞 5-1
(서울특별시 중구 정동 5-1)
[道路名住所]

ソウル特別市 中区 世宗大路 99
(서울특별시 중구 세종대로 99)
電話番号 02-771-9951
Eメール なし
営業時間 9:00~21:00(最終受付20:00)
休業日 月曜 ※月曜が祝日の場合、営業し翌日休業
日本語
その他外国語 英語 中国語
支払方法 ウォン、カード(JCB,visa,master,amex) ※一部使用不可の場合あり
交通 ・地下鉄1号線市庁(シチョン、City Hall)駅 2番出口 徒歩1分
関連サイト royal.cha.go.kr/JPN/main/index.do
詳細情報 ・バリアフリー施設:車椅子用トイレ、車椅子レンタル
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
韓国旅行おトク情報
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2023.10.24
octenさん
クチコミ

2023.10.24
octenさん
クチコミ

2023.10.24
octenさん
クチコミ

2023.2.23
ノナカさん
クチコミ

2023.2.23
ノナカさん
クチコミ

2023.2.23
ノナカさん
クチコミ

2023.2.23
ノナカさん
クチコミ

2022.10.1
hanurusomさん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
トンドクジョン♪ (返信: 0 )
octenさん 2023.10.24
新しくオープンしたっていうトンドクジョンは洋風の2階建ての建物で、とても素敵でした。中は展示館になっていて、韓国語と英語の説明パネルだけで、日本語はなかったです。
つづきを読む
情報
[退会ユーザー]さん 2023.9.25
大韓帝国(1897~1910年)の外交活動の舞台だった「惇徳殿」が韓国・ソウルの旧王宮、徳寿宮に再建され、今月26日から一般公開されます。

惇徳殿は朝鮮王朝第26代王の高宗(大韓帝国初代皇帝)即位40周年記念行事の会場として1902年から翌年にかけて建設され、その後は大韓帝国の外交活動の拠点、また迎賓館としても使われました。しかし、1920年代に入るとほぼ使用されず、日本により取り壊されました。
つづきを読む
可愛い! (返信: 0 )
ノナカさん 2023.2.23
王宮守門将交代式を見学。春休み期間なのか、可愛い男の子二人が重要な役を演じていました。
遠望は全て高層ビルですが、王宮内は観光客も少なく、穏やかで澄んた空気が流れていました。
つづきを読む
さくっと回れる (返信: 0 )
hanurusomさん 2022.10.1
朝9じ1番乗りでした。月末の水曜日で文化のある日なので無料でした。奥にある石造殿は中に入るのはネット予約がいるみたいでしたが10時からの回は大丈夫だというので名前を受付に書いてしばし時間までぶらぶらしてまたもどりました。9時半からのはネットのみみたいです。時間ちょっと前にもどり受付で日本語の音声ガイドを借りました。ガイドさんは韓国語で早いので全然わからないけど、まわりの現地の方は楽しんでるようでした。
西洋の家具や装飾を取り入れた接見室、寝室、書斎など見れました。バルコニーからの眺めもよいです。
隣りの美術館も企画展が見れてよかったです。その後11時からの守門将交代儀式を見ました。
つづきを読む
情報
ソウル晴れさん 2021.4.15
[ソウル旅行] 徳寿宮「トクスグン(덕수궁)」夜間開場~~~ 徳寿宮の夜景もきれいですね!!

冬が終わり、ソウル市内の古宮も夜間開場していますが、今回は徳寿宮「トクスグン(덕수궁)」の夜景を見に行ってきました。
普通7時10分くらいになると ライトが点きました。~
少し曇った天気に雲も多くて雰囲気が素敵な時間になりました.
徳寿宮「トクスグン(덕수궁)」は大きな規模ではないので気軽に散歩する感じで見物すると良いですよ。
午後遅くに入場し、夕焼けが染まる西側の空を眺めて、高いビルと調和したトクスグン徳寿宮「トクスグン(덕수궁)」を歩いていると、「ここは本当にソウル市内の真ん中なのかな?」と思うほど、風変わりな雰囲気が感じられます。
ライトが点く時間、7時から1時間くらいは夜景も鑑賞しながら、素敵な思い出の写真を撮ってもいいと思います。

お友達や、恋人、デートコースとしてもオススメです!^^


-おすすめコース-
地下鉄2号線乙支路入口駅→明洞→南大門市場→南大門→ソウル市庁→徳寿宮の夜景→清渓川の夜景

- ソウルの徳寿宮「トクスグン(덕수궁)」 -
02-771-9951
ソウル市中区貞洞5-1徳寿宮
入場料:1,000ウォン(韓服を着用すると無料)
入場時間:9時~20時
観覧時間:9時~21時
休館日は毎週月曜日


つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
韓国ドラマのロケでも有名!水原華城の御所
景福宮の慶会楼で、朝鮮時代の国王気分を味わおう!
朝鮮時代の王様の居住空間であった離宮
ユネスコ世界文化遺産!自然と建築の調和が美しい宮殿
ユネスコ世界文化遺産に指定されている朝鮮時代の霊廟
周辺のお店情報
全て グルメ ショッピング スポット エステ 美容医療
国立現代美術館 徳寿宮館 国立現代美術館 徳寿宮館
市庁エリアに位置する近代美術専門美術館
(101.12m)
セシル劇場 セシル劇場
ソウル市庁すぐ。かつて演劇で名を馳せた老舗小劇場
(130.12m)
聖公会 ソウル聖堂 聖公会 ソウル聖堂
ソウル市有形文化財指定。徳寿宮そばの小道に佇むロマネスク式聖堂
(163.38m)
貞洞劇場 貞洞劇場
ソウル市庁、徳寿宮近くにある韓国伝統芸能専用劇場
(176.41m)
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
24ゲストハウスソウル市庁
24ゲストハウスソウル市庁
ソウル (南大門近く) に位置する24 ゲストハウス ソウル シティ ホールは、国立近代美術館,
4,320円~
クチコミ評価 3.8 / 6件
シャガールの家
シャガールの家
ソウルのミョンドンにあるChagall Houseは、南大門市場、明洞通りまで徒歩で 15 分かかりま
 
クチコミ評価  ―  (0件)
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
これぞ王道!2泊3日初めての韓国・ソウルよくばり観光プラン
明洞、東大門に南大門!おすすめ人気スポット全制覇
韓国・高速ターミナルで駅直結ショッピング!おすすめモデルコース
プチプラGOTOMALLから百貨店まで!ご飯も網羅♪
韓国の名節OKのお店情報
2大名節・旧正月・秋夕の連休中も営業する店をチェック
真冬の極寒韓国旅行の楽しみ方
極寒でも満喫したい!冬の韓国旅行プランどう立てる?
もっと見る
掲載日:23.10.16   最終更新日:24.01.16 (更新履歴
・関連サイトを更新しました(20240116)
・一部記事内容を更新しました(20231016)
・一部記事内容を更新しました(20220603)
(2021年以前の更新履歴を省略)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 空港鉄道 A’REX
仁川から最短43分!空港とソウル市内を繋ぐ鉄道
2 ハングルの基本
組み合わせればOK!科学的な韓国語の文字・ハングル
3 韓国語の挨拶・基本フレーズ
現地の人との会話にチャレンジ!旅行で役立つ実践韓国語
4 T-moneyカード
韓国旅行の必須アイテム!韓国の代表的な交通カードの使い方を徹底解説
5 事前搭乗手続(ソウル駅都心空港ターミナル)
帰国時チェックインをソウル駅で!身軽になって遊ぼう
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
俳優チョ・インソン詐欺に注意
24.02.22
コカ・コーラハングル入り限定品発売
24.02.21
世界を魅了した韓国ラーメン
24.02.20
歌手ソン・シギョン、マッコリ発売
24.02.22
HYBE新人女性グループデビュー
24.02.21
人気クーポンランキング クーポン一覧
TACO TUESDAY 聖水本店
【サービス】ドリンクサービス
TACO TUESDAY 聖水本店
チョンギワタウン 弘大店
【サービス】ユッケ
チョンギワタウン 弘大店
高度食 麻浦店
【サービス】「ユッケ」1皿サービス
高度食 麻浦店
高飯食堂 カロスキル店
【サービス】高飯明太子ご飯1つ
高飯食堂 カロスキル店
オダリチプ カンジャンケジ
【10% OFF】全メニュー
オダリチプ カンジャンケジャン 明洞直営サボイホテル店
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
寒い時期に一度は食べたい、プサン 02/23
まるでラスベガスの派手さ 02/23
望遠駅前の味•ボリューム良しのク 02/22
雨の降る日にチヂミとマッコリ 02/22
良心価格のパスタ店 日本では食べ 02/22
欲しくて欲しくて探し回りやっと見 02/22
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]