韓国旅行「コネスト」 景福宮|市庁・光化門(ソウル)の観光スポット
KONEST

景福宮

キョンボックン / 경복궁
コネスト 投稿
4.7 エリアソウル > 市庁・光化門 店ジャンル 古宮 観覧時間の目安2.0 時間
お気に入りに追加(4407人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
韓国ソウルを代表する観光名所「キョンボックン」
韓国ソウルの中心部、ビルが立ち並ぶ一角にあるのが、人気の観光名所「景福宮(キョンボックン)」です。朝鮮時代の正宮として、王の政務の場として使われてきました。四季折々の姿が美しく、韓国を代表する古宮のひとつで、中にある多くの建物が周りの景色とよく調和して、韓国らしい姿を映し出しています。特に正殿の「勤政殿(クンジョンジョン)」や池の中央に浮かぶ「慶会楼(キョンフェル) 」「香遠亭(ヒャンウォンジョン)」などが見どころ。敷地内は広いので歩きやすい靴での訪問がおすすめです。また、韓国の伝統衣装・韓服(ハンボッ、チマチョゴリ)を着用すると入場料が無料になるので、近隣のレンタルショップを利用して、宮殿内で記念写真を撮ってみませんか?
コネストからのお知らせ
※「守門将交代儀式」は悪天候や諸事情のため中止になることがあります。
このスポットで開催されるイベント
韓国を代表する古宮
高層ビルが立ち並ぶソウル都心部の一角に、荘厳な佇まいを見せる「景福宮」があります。「けいふくきゅう」と書いて韓国語で「キョンボックン」と発音します。朝鮮時代(1392~1910年)の正宮として、王や大臣らの政務の場として使われました。その後も他の地域にさまざまな宮殿が建てられましたが、これほど壮大な規模を誇るものは他にありません。

ソウル・光化門(クァンファムン)エリアの一等地にあり、地下鉄や市内バスで訪問できるので、韓国旅行初心者でも訪問しやすい立地で、韓国旅行のガイドブックや書籍には必ずと言っていいほど紹介されています。春夏秋冬、四季折々の景色が美しく、季節ごとに訪問するリピーターも少なくありません。

近年は、チマチョゴリ(韓服、ハンボッ)を近くのレンタルショップで借りて、韓国時代劇の主人公・ヒロインになったかのような記念写真を撮る観光客であふれかえっています。
景福宮の歴史
太祖・李成桂(イ・ソンゲ)

※全州(チョンジュ)市「慶基殿(キョンギジョン)」
太祖・李成桂(イ・ソンゲ)
※全州(チョンジュ)市「慶基殿(キョンギジョン)
朝鮮王朝が太祖・李成桂(イ・ソンゲ)によって1392年にはじまり、4年たった1395年に「景福宮」は大臣らとともに政治を行う場として完成しました。その後、朝鮮王朝は約500年にわたり続きますが、正宮「景福宮」が使われたのは約200年しかありませんでした。

1592年、豊臣秀吉の第1次朝鮮出兵こと「文禄の役(韓国では壬辰倭乱(イムジンウェラン)と呼ぶ)」の際に、時の第14代・宣祖(ソンジョ)は、都と民を放棄して北へと避難することを決定。これに怒った民衆は避難する王様に石を投げ、景福宮などの宮殿に火を放ち、日本の将兵が到着したころには宮殿は跡形もなく消失していた、という記録が残っています。

その後、約270年間も廃墟として放置され、政務は「昌徳宮(チャンドックン)」で行わるようになりましたが、1867年、高宗(コジョン)の時代に興宣大院君(フンソンテウォングン)の号令の元、各地より木材や石材を調達して再建されました。

しかし1895年、宮内で高宗の皇后・明成皇后(閔妃)の殺害事件がおき、王が居所を移してからは、主人を失った王宮へと様変わり。1910年以降は日本によって正殿の前に総督府庁舎を建てられるなど多くの建物が破損しましたが、主要な建物は往時の姿を残しており、現代に入って様々な復旧・補修工事が行われながら、現在に至ります。
※クリックで移動
行き方・アクセス
ソウルの中心部にあるので、地下鉄市内バスタクシー、どの交通手段でも訪問できます。

地下鉄の最寄り駅は、3号線の景福宮(キョンボックン)駅で、5番出口を出て「国立古宮博物館」の建物で右折して進むとチケット売り場に到着します。

5号線・光化門(クァンファムン)駅の2番出口、9番出口からも約500メートルで、正面に大きな正門「光化門」をくぐるとチケット売り場に到着します。
観覧案内
光化門・南側チケットブース
光化門・南側チケットブース
苑内の観覧は有料で、チケットブースは東西南北に1カ所ずつあります。

南側の「光化門」から中へ入るとすぐ右側にあるチケットブースがメインで、右側から順番に

・有人チケットカウンター
・無人チケット販売機
・デジタルガイド機器レンタル
・観光案内所

の4つが並んでいます。
チケットブース
チケットを現金で購入する場合、古宮5カ所のチケットがセットになった「統合観覧券」を購入する場合は、有人窓口で購入します。
無人チケット販売機はクレジットカード決済のみ対応していて、画面の操作も日本語を含む各国語に切り替えられます。
デジタルガイド機器レンタル
「SORI PEN(ソリペン)」という音声案内機器が有料でレンタルできます。

一緒に渡される専用地図にペンをあてると、認識して音声メッセージが流れます。言語は日本語を含む各国語から選べます。

レンタルは1台3,000ウォンで、パスポートなどの身分証と引き換えてレンタルし、閉苑30分前までに返却となります。
軽くて使いやすいデジタル音声案内機器
軽くて使いやすいデジタル音声案内機器
機器を専用地図にあてると認識して音声案内が流れます
機器を専用地図にあてると認識して音声案内が流れます
日本語無料ガイド
「興礼門」を抜けてすぐ右側の案内板で待機
「興礼門」を抜けてすぐ右側の案内板で待機
「景福宮」では海外からの観光客向けに日本語をはじめ、各国語で無料のガイド案内を実施しています。

所要時間は60~90分で、集合場所は「興礼門(フンネムン)」の門をくぐったすぐ右側にある看板の前で、時間に合わせて待っていれば参加できます。

最新のガイド時間は以下の「景福宮」のホームページよりご確認ください。

無料ガイド案内(日本語ページ)
無料ガイド案内(韓国語ページ)

※諸事情により中止となる場合あり
※ガイドの同意なく、解説の録音・撮影禁止
※10名以上の団体は要事前予約(02-3700-7900)
チマチョゴリを着て行けば入場無料
韓国を代表する古宮の雰囲気にピッタリなチマチョゴリ(韓服、ハンボッ)で訪問すれば入場料金は無料で、苑内では韓国の時代劇に入り込んだかのような、特別な写真がたくさん撮れることでしょう。

<入場手続き>
1.チマチョゴリを着用し、有人チケットカウンターを訪問
2.身分証(パスポート、外国人登録証など)を提示し、無料入場券を受け取る
3.入場門にて、無料入場券を係員に手渡して、入場
夜間観覧は?
「景福宮」は常時、夜間開放されておらず、春・秋の年2回、期間限定で夜間観覧できます。観覧時期の詳細は最新のイベントニュースをご確認ください。

景福宮 2023秋 夜間特別観覧
その他
無料のコインロッカー
無料のコインロッカー
チケットを提示して入場したすぐ左側の廊下に無料のコインロッカーがあります。「*」と「任意の4桁の数字」の5文字を利用して開閉できます。実際に利用する前に開閉をテストしてみると安心でしょう。

入場当日に限り利用でき、取り忘れ・置き忘れによる紛失・破損は景福宮では責任を負いません(問合せ先02-3700-3900・韓国語)
「持ち込めないもの」

・ライター、ガスボンベ、ハサミ、ナイフなど建物と施設に危害を与えるもの
・アルコール類、キャンプ用品、炊事用品、お弁当など飲食物
・ペット、運動器具、楽器、拡声マイクなど他の観覧客の快適な観覧環境を害するもの

などは持ち込みが禁止されており、入場時または観覧中にスタッフが声をかける場合があります。また苑内はすべて禁煙です。
「車椅子での観覧について」

車椅子のレンタルは「興礼門(フンネムン)」入場後すぐ左側にあり、「光化門」~「チケットブース」付近にはありません。正殿「勤政殿」とその周辺は石畳になっているため近くでの観覧は難しいですが、全体的に廊下や小門には傾斜板が設置されており、移動しやすい方です。
入口付近(無料エリア)
光化門(クァンファムン)
「景福宮」の正門として、当初「四正門(サジョンムン)」という名称で太祖4年の1395年に創建されました。 1425年に「光化門」に変更し、1592年の文禄の役で「景福宮」とともに焼失。

約270年後の1864年(高宗1年)、「景福宮」再建の際にその姿を取り戻したものの、日本植民地時代の1927年に朝鮮総督府が「景福宮」東側に「光化門」を強制移転しました。
1950年の朝鮮戦争で再び焼失し、1968年に鉄筋コンクリートで復元されるという波乱の歴史を経てきました。そして、高宗当時のもとの位置に戻すため、約4年の復元工事を経て2010年8月に新しい姿に生まれ変わりました。
月台の復元に伴い、王宮を守る空想の動物「ヘチ」も道路側へ移動
月台の復元に伴い、王宮を守る空想の動物「ヘチ」も道路側へ移動
三星(サムスン)グループの故・李健熙(イ・ゴンヒ)前会長の遺族が寄贈した動物の彫刻
三星(サムスン)グループの故・李健熙(イ・ゴンヒ)前会長の遺族が寄贈した動物の彫刻
また2023年9月、「光化門」前にかつてあった「月台(ウォルテ)」が約100年の時を経て復元し、以前の姿に戻りました。「月台」の階段の下にはもともと動物の彫刻が設置されており、長らく三星(サムスン)グループの美術館「湖岩(ホアム)美術館」にて保管されていましたが、今回の復元にあたって寄贈され、再び元の場所に戻ったことも話題になりました。
王宮守門将 交代儀式
「光化門」・「興礼門」の広場では、朝鮮時代の守門軍の交代儀式を再現した「王宮守門将交代儀式」が行なわれています。儀式が終わり、待機している間は、鮮やかな伝統衣装を着た守門将と一緒に写真が撮れます。
興礼門(フンネムン) ※チケット確認所
チケットブースにてチケットを購入したら、「興礼門」の下でチケットに掲載されているQRコードを機器にかざして入場します。

「統合観覧券」は半券をもぎってもらい、チマチョゴリ着用者は無料観覧券をスタッフに手渡して入場します。
主な見どころTOP3
正殿・勤政殿(クンジョンジョン) ※国宝
「景福宮」の正殿で「民を勤勉に治める」という意味を含んでいます。王の即位式や外交官の接待など、国の公式行事も開かれました。
「勤政殿」
「勤政殿」
「勤政殿」の内部、中央は玉座
「勤政殿」の内部、中央は玉座
景福宮の中で最も雄大な建物で、階段を上っていくと中央の玉座が見られます。その後ろの屏風に描かれた「日月五峰図(イロルオボンド)」は1万ウォン紙幣の絵柄としても採用されたり、記念品のデザインにもなっています。
慶会楼(キョンフェル) ※国宝
「慶会楼」は2階からなる建物で、国に祝事があったときや宴を催すために作られた池に浮かぶ楼閣です。当時、公式的な行事がある時以外は立ち入ることができず、今も特別観覧でのみ見学が許されています。

池に浮かぶ蓮の花、満開に咲き誇る梅の花、真っ赤に染まった紅葉、真っ白に覆われた雪景色など、四季折々の絶景を誇ります。

慶会楼 一般公開
景福宮 慶会楼特別観覧「宴享」レポート
記念品ショップ&カフェ
「勤政殿(クンジョンジョン)」から左に進み、「慶会楼(キョンフェル)」へ向かう途中には、記念品ショップとカフェが一緒になった建物があります。広い苑内なので、ここで一息ついたり、古宮ならではのデザインの記念品を購入したい方にオススメです。
香遠亭(ヒャンウォンジョン) ※宝物
王と臣下が親睦を深めるための亭子(チョンジャ、東屋のこと)で、自然を愛でながら詩を歌った浪漫の場所です。香りが遠くから漂ってくるようと名づけられた通り、香遠池(ヒャンウォンジ)の上に架けられた小さな橋を通して、往時の風雅が伝わってくるようです。
その他のみどころ
上記の建物以外にも、景福宮の建物は見どころがたくさん。建物の意味や歴史を理解した上で訪問すると、より理解が深まることでしょう。
慈慶殿(チャギョンジョン) ※宝物
大后の住まい
大后の住まい
高宗を即位させた神貞王后(シンジョンワンフ、24代憲宗の生母)のために、高宗の実父、興宣大院君(フンソンデウォングン)が作り上げた建物です。

神貞王后は王室最高位の女性、大后(テビ)であったため慈慶殿にはオンドルがたくさんついており、それらの煙突をひとつにまとめた集合煙突には無病長寿を祈る優美な装飾が施されています。またコッタムと言われる装飾壁も見どころのひとつです。
十長生の煙突 ※宝物
十長生の煙突 ※宝物
梅、菊、竹、蝶、蓮などの装飾壁
梅、菊、竹、蝶、蓮などの装飾壁
思政殿(サジョンジョン) ※宝物
王の執務空間
王の執務空間
「勤政殿」の一直線上、すぐ裏側に位置しています。「勤政殿」で公式的な行事が行なわれたのに対し、「思政殿」は王が日常的な業務を処理していた執務室です。王を象徴する龍の描かれた壁画も一見の価値あり。
康寧殿(カンニョンジョン) 、交泰殿(キョテジョン)、峨眉山(アミサン)後苑
王と王妃の生活の場である寝殿です。
「康寧殿」は王が読書や休憩をする空間
「康寧殿」は王が読書や休憩をする空間
「交泰殿」は王妃の生活空間
「交泰殿」は王妃の生活空間
峨眉山庭園の煙突
峨眉山庭園の煙突
「交泰殿」の裏側には峨眉山と呼ばれる階段式の庭園が造られています。鳳凰や松竹梅などの文様が施された4本の煙突や石鉢が配置され、神仙の住む自然世界を表現しているとされています。
修政殿(スジョンジョン)
ハングルの創製者、世宗(セジョン)大王の時代、学問を研究する場である「集賢殿(チピョンジョン)」として使われ、訓民正音(フンミンジョンウン、ハングルの成り立ちや原理の解説書)もこちらで作られたと言われています。

高宗時代の1867年の再建時に、「修政殿」に名称を変更。主に王が生活をする場として使われました。再建当時は、周りにいくつもの建物が並んでいましたが、日本植民地時代にすべて破損したとされています。
乾清宮(コンチョングン)
1873年、第26代高宗により建てられた「乾清宮」は、高宗とその妃の明成(ミョンソン)皇后(閔妃)が暮らした場所です。また1895年、明成皇后が日本からの刺客により殺害された悲運の場所としても有名。

日本植民地時代の1915年に撤去、その後この場所に総督府美術館が建てられましたが、2007年10月に復元されました。
苑内の博物館
「国立古宮博物館」


朝鮮王室の美術品や衣装、絵画、家具などが集められ、宮廷文化が学べる博物館です。
国立古宮博物館

朝鮮王室の美術品や衣装、絵画、家具などが集められ、宮廷文化が学べる博物館です。
「国立民俗博物館」


先史時代から現代にいたるまで、朝鮮半島に暮らしてきた人たちの風習や生活習慣などが学べます。
国立民俗博物館

先史時代から現代にいたるまで、朝鮮半島に暮らしてきた人たちの風習や生活習慣などが学べます。
景福宮の四季
四季折々の姿が美しい景福宮。季節を変えて訪問してみませんか?
春
夏
秋
冬
周辺観光コース
「景福宮」の観覧前後は、東西南北に合わせて訪問したい場所があり、半日以上かけて観光できるので、効率の良い観光プランを計画してみませんか?
「北門から、青瓦台(チョンワデ)へ」


2022年に市民に開放された旧大統領府は「景福宮」の北門からすぐです。


ただし「景福宮」と「青瓦台」の広い2カ所を続けて回ると足がクタクタになることでしょう。途中に食事休憩・カフェ休憩を挟むのが賢明かも?
「北門から、青瓦台(チョンワデ)へ」

2022年に市民に開放された旧大統領府は「景福宮」の北門からすぐです。

ただし「景福宮」と「青瓦台」の広い2カ所を続けて回ると足がクタクタになることでしょう。途中に食事休憩・カフェ休憩を挟むのが賢明かも?
「東門から、三清洞(サムチョンドン)へ」


オシャレなレストランやカフェが集まる三清洞へ抜けて休憩するのもおすすめ。


帰りは安国(アングッ)駅方面へと進んで、仁寺洞(インサドン)へ抜けるのも良いでしょう。
「東門から、三清洞(サムチョンドン)へ」

オシャレなレストランやカフェが集まる三清洞へ抜けて休憩するのもおすすめ。

帰りは安国(アングッ)駅方面へと進んで、仁寺洞(インサドン)へ抜けるのも良いでしょう。
「西門から、西村(ソチョン)へ」


庶民の台所「通仁市場(トンイン・シジャン)」で市場グルメを満喫したり、韓屋カフェで休憩できるエリア。


景福宮駅には居酒屋が集まる「世宗マウル飲食文化通り」があり、マッコリで乾杯しても!
「西門から、西村(ソチョン)へ」

庶民の台所「通仁市場(トンイン・シジャン)」で市場グルメを満喫したり、韓屋カフェで休憩できるエリア。

景福宮駅には居酒屋が集まる「世宗マウル飲食文化通り」があり、マッコリで乾杯しても!
「南門から、光化門(クァンファムン)駅へ」


「光化門広場」をまっすぐ進むと、光化門駅の交差点に到着します。


ここまで来れば「清渓川(チョンゲチョン)」があり、「ソウル市庁」もすぐです。
「南門から、光化門(クァンファムン)駅へ」

光化門広場」をまっすぐ進むと、光化門駅の交差点に到着します。

ここまで来れば「清渓川(チョンゲチョン)」があり、「ソウル市庁」もすぐです。
「景福宮」を上から撮影するなら?
大韓民国歴史博物館」の8階には、光化門エリア一体を見渡せる屋上庭園があります。ドラマ「ヨンパリ~君に愛を届けたい~」でも度々登場する庭園は、混雑を避けて展望できると人気のスポットです!

こっそりぬけがけ!見晴らしの良い無料スポットは?(2018年5月9日 Now!ソウル)
料金
外国人・大人 ※満19歳以上、65歳未満 3,000ウォン
外国人・子ども ※満18歳以下 無料
シニア ※満65歳以上 無料
チマチョゴリ(韓服・ハンボッ)着用者 無料
※再入場不可
※無料入場対象者は、チケットブースにて身分証を提示後、無料入場券を受領
※「統合観覧券」あり
※団体割引(10名以上、1名2,400ウォン)あり
※毎月最終水曜日「文化のある日」は無料観覧
このスポットに訪れる現地ツアー
ソウル市内午前ツアー 古宮+北村韓屋マウルコース
ソウル市内午前ツアー 古宮+北村韓屋マウルコース
日本語ガイド付き!ソウルの人気観光地を午前中に満喫!
6,740円
ソウル市内観光午前ツアー 古宮+守門将交代儀式コース
ソウル市内観光午前ツアー 古宮+守門将交代儀式コース
午前中で人気観光地をまわるソウル満喫コース!
6,740円
満喫!チマチョゴリでソウル街歩き体験(ガイド付き午前観光)
満喫!チマチョゴリでソウル街歩き体験(ガイド付き午前観光)
チマチョゴリでソウルの古宮や情緒溢れる街を練り歩こう♪
7,310円
3食おまかせ!グルメツアー
3食おまかせ!グルメツアー
宿泊ホテルで送迎!人気観光地も巡る1日3食付グルメツアー
24,740円
ディスカバーソウルパス(チャージ式交通カード機能付ソウル観光フリーパス)
ディスカバーソウルパス(チャージ式交通カード機能付ソウル観光フリーパス)
指定観光スポット入場料が無料&大幅割引!入場券購入の手間いらず!
5,620円
防弾少年団(BTS)ゆかりの地めぐりツアー
防弾少年団(BTS)ゆかりの地めぐりツアー
MV撮影地からVLOGロケ地まで!ARMYによるARMYのための「バンタン巡り」バスツアー
10,110円6,870円
ソウル市内観光 1日ツアー
ソウル市内観光 1日ツアー
古宮から市場まで、たっぷり1日観光!ソウルの見どころ満載コース!
14,620円
ソウル市内+民俗村 1日ツアー
ソウル市内+民俗村 1日ツアー
ソウル市内観光+民俗村がセットに。はじめての韓国旅行にぴったりの充実コース!
15,740円
ソウル歴史探訪ツアー 青瓦台内部見学+景福宮観覧
ソウル歴史探訪ツアー 青瓦台内部見学+景福宮観覧
韓国の旧・大統領府「青瓦台(チョンワデ)」の内部を見学しよう
6,180円
龍仁大長今パーク(旧 MBCドラミア)+選べる観光プラン
龍仁大長今パーク(旧 MBCドラミア)+選べる観光プラン
韓国ドラマファン必見!国内最大規模の時代劇セット場、龍仁大長今パークを満喫しちゃおう!
7,530円
伝統市場+韓国大型マート お買い物ツアー
伝統市場+韓国大型マート お買い物ツアー
地元の市場やマートでお買い物。韓国生活体験ツアー!
一時中断
基本情報
店名 景福宮
住所 ソウル特別市 鐘路区 世宗路 1-1, 景福宮
(서울특별시 종로구 세종로 1-1, 경복궁)
[道路名住所]

ソウル特別市 鐘路区 社稷路 161 , 景福宮
(서울특별시 종로구 사직로 161 , 경복궁)
電話番号 02-738-9171
Eメール なし
営業時間 (3~5月、9~10月)9:00~18:00(最終受付17:00)、(6~8月)9:00~18:30(最終受付17:30)、(11~2月)9:00~17:00(最終受付16:00)
休業日 火曜 ※火曜が祝日の場合、営業し翌日休業
日本語 一部スタッフ可
その他外国語 中国語
支払方法 ウォン、カード(JCB,visa,master,amex) ※一部使用不可の場合あり
交通 ・地下鉄3号線景福宮(キョンボックン、Gyeongbokgung)駅 5番出口 すぐ
関連サイト royal.cha.go.kr/JPN/main/index.do
詳細情報 ・バリアフリー施設:車椅子レンタル、車椅子用トイレ
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
韓国旅行おトク情報
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2023.5.10
hirochan1122さん
クチコミ

2023.5.10
hirochan1122さん
クチコミ

2023.10.31
ぱるふぃさん
クチコミ

2023.10.31
ぱるふぃさん
クチコミ

2023.10.28
kakinekoさん
クチコミ

2023.10.28
kakinekoさん
クチコミ

2023.10.28
kakinekoさん
クチコミ

2023.10.28
kakinekoさん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
月台 (返信: 0 )
ぱるふぃさん 2023.10.31
コネストさんの記事にあるみたいに、光化門の前が広くなって、階段ができてました。館内はすごい人の数で、チマチョゴリを着て楽しんでいる人たちでいっぱいで、よかったです。
つづきを読む
kakinekoさん 2023.10.28
平日10時半ごろ到着。興礼門の交替式は間に合いませんでしたが、11時からの光化門の交替儀式を見ることができました。
観光シーズンなので平日ながら大勢の人であふれていました。チマチョゴリを着た人が多く、どこで写真を撮っても映えます。ちょうど紅葉していたので皆さんさかんに撮影していました。
昌徳宮と景福宮の両方を訪れると違いがよくわかるのでお勧めです。
どちらもかなり歩くので、別日で訪れるのが良いと思います。
音声ガイドはよくできていて便利でした。
つづきを読む
すごい人の数♪ (返信: 0 )
octenさん 2023.10.24
11時くらいに行って、チケットはクレジットカード専用の機械ですぐ買えたけど、中に入ったらすごい人の数でした!メインの建物は人が多い中、写真を撮るしかないけど、池の上の建物は落ち着いて写真とれます。ミュージアムショップの商品もステキでした!
つづきを読む
情報
kiirokoさん 2023.10.10
※時間を修正しました

景福宮の観覧は10月は18時までですが

10/15(日)は月台復元記念式のため
観覧時間が変更になったそうです。

9:00~13:00(入場締め切り12:00)
→1600)に変更になったようです!

夜間観覧もありません。

この日に訪問予定の方はご注意ください!
つづきを読む
情報
kiirokoさん 2023.10.8
10月15日(日)は景福宮の夜間観覧はお休みになったようです。

10/15に光化門の月台復元の記念式がある関係ではないかと思います。

光化門(景福宮の正門)の閉鎖も10/15までに延長されています。

お出かけ予定の方はご参考ください。
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
ソウル市庁前にある有名な古宮「トクスグン」
朝鮮時代の王様の居住空間であった離宮
景福宮の慶会楼で、朝鮮時代の国王気分を味わおう!
朝鮮時代1626年に完成した南漢山城の離宮
「ソウル歴史博物館」の隣にある5大古宮の西殿
周辺のお店情報
全て グルメ ショッピング スポット エステ 美容医療
慶会楼 一般公開 慶会楼 一般公開
景福宮の慶会楼で、朝鮮時代の国王気分を味わおう!
(157.54m)
李利子韓服展示館 李利子韓服展示館

(283.49m)
錦湖美術館 錦湖美術館

(286.22m)
ギャラリー現代 新館 ギャラリー現代 新館

(295.58m)
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
空心家韓屋ゲストハウス
空心家韓屋ゲストハウス
ソウル (ジョンノ近く) に位置するGong Sim Gaは、国立現代美術館, ソウル館、光化門から 5
21,330円~
クチコミ評価  ―  (0件)
デウォンジョン ヒーリング ハウス
デウォンジョン ヒーリング ハウス
ソウル (ジョンノ近く) に位置するデウォンジョン ヒーリング ハウスは、国立現代美術館,
15,400円~
クチコミ評価  ―  (0件)
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
これぞ王道!2泊3日初めての韓国・ソウルよくばり観光プラン
明洞、東大門に南大門!おすすめ人気スポット全制覇
韓国・高速ターミナルで駅直結ショッピング!おすすめモデルコース
プチプラGOTOMALLから百貨店まで!ご飯も網羅♪
韓国の名節OKのお店情報
2大名節・旧正月・秋夕の連休中も営業する店をチェック
真冬の極寒韓国旅行の楽しみ方
極寒でも満喫したい!冬の韓国旅行プランどう立てる?
もっと見る
掲載日:23.10.30   最終更新日:24.01.16 (更新履歴
・営業時間、関連サイトを更新しました(20240116)
・記事全体を更新しました(20231030)
・一部記事内容を更新しました(20230727)
・一部記事内容を更新しました(20220628)
(2021年以前の更新履歴を省略)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 空港鉄道 A’REX
仁川から最短43分!空港とソウル市内を繋ぐ鉄道
2 韓国語の挨拶・基本フレーズ
現地の人との会話にチャレンジ!旅行で役立つ実践韓国語
3 T-moneyカード
韓国旅行の必須アイテム!韓国の代表的な交通カードの使い方を徹底解説
4 事前搭乗手続(ソウル駅都心空港ターミナル)
帰国時チェックインをソウル駅で!身軽になって遊ぼう
5 広蔵市場
100年の伝統を持つ総合市場でリアル韓国を体験!
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
YGエンタ グラビア撮影中に事故
24.02.29
韓国アイドルの髪の毛オークションに
24.02.27
独立運動記念日にソウルで大規模集会
24.02.29
ネトフリ韓国ドラマ「寄生獣」配信へ
24.02.28
韓国ウェブ漫画 日本でドラマ化
24.03.02
人気クーポンランキング クーポン一覧
TACO TUESDAY 聖水本店
【サービス】ドリンクサービス
TACO TUESDAY 聖水本店
チョンギワタウン 弘大店
【サービス】ユッケ
チョンギワタウン 弘大店
高度食 麻浦店
【サービス】「ユッケ」1皿サービス
高度食 麻浦店
高飯食堂 カロスキル店
【サービス】高飯明太子ご飯1つ
高飯食堂 カロスキル店
オダリチプ カンジャンケジ
【10% OFF】全メニュー
オダリチプ カンジャンケジャン 明洞直営サボイホテル店
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
ありがとうございました 03/02
一人ご飯にも良いです 03/02
癖になる味 03/02
美味しかったです 03/02
エッグタルトが美味しいお店 03/02
買い物し放題 03/02
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]