韓国旅行「コネスト」 三星美術館 Leeum|梨泰院・龍山(ソウル)の観光スポット
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
【NANTA】27(土)18時まで!最大30%OFF
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

三星美術館 Leeum

サムソンミスルグァン リウム / 삼성미술관 리움
コネスト 投稿
5.0 エリアソウル > 梨泰院・龍山 店ジャンル 博物館・美術館・展示館・映画館 観覧時間の目安1.0 時間
お気に入りに追加(400人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
三星グループが運営する美術館で古今の芸術を満喫!
韓国が世界に誇る大企業・三星(サムスン、Samusung)グループが運営する「三星美術館 Leeum(リウム)」。国が運営する博物館や美術館に負けないほどの国内最高水準です。敷地1200坪、延べ床4500坪に国宝36点、宝物96点を含む古美術から世界に名を馳せた現代芸術家たちの作品を所蔵しており、1910年以降の韓国現代美術の代表作、1950年代以降のモダンアートに重点を置いた世界の現代美術、先史から朝鮮時代に至る韓国美術の国宝や宝物があります。建物はフランスやスイスの有名建築家の作。アクセスは、地下鉄6号線漢江鎮駅(ハンガンジン)駅から徒歩約6分です。
このスポットで開催されるイベント
世界に誇る大企業サムスンが運営する美術館
韓国が世界に誇る大企業三星(サムスン・Samusung)グループ。半導体や電化製品で有名な三星が運営している美術館が「三星美術館 Leeum(リウム)」です。

国が運営する博物館や美術館に負けないほどの国内最高水準を誇る美術館です。
敷地面積1200坪、延べ面積は4500坪という広い敷地に、2004年10月のオープン以来、美術館の所蔵品数は国宝36点、宝物96点を含む古美術から、世界に名を馳せた現代芸術家たちの作品まで約15,000点にものぼります。

場所は梨泰院(イテウォン)エリアにあります。地下鉄6号線の漢江鎮(ハンガンジン)駅から徒歩約6分ですが、坂道を登った所にあるので、タクシーで訪問するのも良いでしょう。
デジタルガイドで鑑賞の楽しさも倍増
デジタルガイドで解説を聞きながら鑑賞することができます。

レンタル料金:1,000ウォン ※中学生以上に貸し出し

首にかけて片耳にイヤホンをつけ、展示されている作品の手前にある黒い表示にかざせば、自動的にセンサーが作品を識別して日本語音声による作品解説が流れてきます。さらに作家情報までも液晶画面に文字で提供してくれます。

既存の美術館の解説は全てパネルでの文字解説だったので目も疲れるし、何より大事な作品と交互に見なければならない苦労がありました。でもこのPDAは音声ガイドなのでじっくり作品を見ながら鑑賞を何十倍も楽しめるので、レンタルしてみましょう。
韓国の伝統美術と世界の近現代美術を一度に
「Leeum」の語源は、三星創始者で美術館の設立者でもある故・李秉喆(イ・ビョンチョル)氏の苗字「Lee」と、美術館を意味する英語の語尾「-um」を組み合わせたものです。

韓国の文化財と美術品を主に収集し続けた李秉喆氏の意志を引き継ぎ、グループを発展させた李健熙(イ・ゴニ)氏が現代美術の重要作品を精力的に収集。その結果「韓国古来の伝統美術」と「世界中の近現代美術」の2つのテーマを持つに至り、ギャラリーもテーマに合わせて2つの独立した建物に分かれています。
ロビーを通してつながっている「三星美術館 Leeum」の2つの建物は、世界の名だたる建築家が設計したもので、それ自体が芸術と呼べる建物もみどころの1つとなっています。それでは建物と一緒にフロアごとの中を見て行きましょうか。
MUSEUM 1:古美術館
世界的に評価の高いスイス人建築家、マリオ・ボッタが、韓国の陶磁器にインスピレーションを受けて設計した建築物。

テラコッタのレンガで作られた内部は中央がらせん状の独特のラインを描いており、エレベータで4階まで上がってからこのらせんを下るように進んでいきます。展示物は、先史から朝鮮時代に至る韓国美術の国宝と宝物など、名品120点を厳選して展示しています。
らせん状の独特のライン
らせん状の独特のライン
4F:青磁
4F:青磁
3F:粉青沙器・白磁
3F:粉青沙器・白磁
2F:古書画
2F:古書画
2F:古書画
2F:古書画
1F:仏教美術・金属工芸
1F:仏教美術・金属工芸
1F:仏教美術・金属工芸
1F:仏教美術・金属工芸
MUSEUM2:現代美術館
フランスでナイトの爵位まで授与された建築家であり、芸術家でもあるジャン・ヌーベルによる建築。

エレベータで2階まで上がり、下に降りていく順路になります。1910年以降の韓国の現代美術を代表する作品と、1950年代以降のモダンアートに重点を置いた世界の現代美術作品を70点余り展示しています。

MUSEUM2の作品は半年毎に少しずつ入れ替わりますので、その時々で違った作品を楽しめます。
2F:韓国近現代美術
2F:韓国近現代美術
1F:海外近現代美術
1F:海外近現代美術
B1F:国際現代美術
B1F:国際現代美術
付帯施設
素晴らしい美術品の数々を見学したあとには、ロビー奥にある「Leeum Shop」で記念品やお土産の見学を。カタログの他にも、ロゴ、コレクション等のイメージを取り入れたデザイン性の高いグッズを販売しています。

同じく入口入って左側のロビーにある「Leeum Cafe」では、豊富なドリンクメニュー、シフォンケーキやサンドイッチを扱っています。
韓国美術の世界を堪能!
常設展のほかに企画展が行われていて料金は別料金制ですが、常設展だけでなく企画展の方も忘れずにチェックしてみてください。

建物さえも芸術といえる「三星美術館 Leeum」で最先端のガイド機能をコンパスに、韓国古美術・現代美術の世界を探検しましょう!
料金
大人 満19歳以上 10,000ウォン
子ども 満7~18歳 5,000ウォン
※7歳未満無料。
※MUSEUM1、MUSEUM2の常設展の入場料です。
※企画展は別途。展示ごとに入場料が変わります。
このスポットに訪れる現地ツアー
ソウル市内博物館巡り 午前ツアー
国立中央博物館とサムスン美術館 Leeum、ソウル歴史博物館をめぐ...
5,760円
ディスカバーソウルパス(チャージ式交通カード機能付ソウル観光フリーパス)
指定観光スポット入場料が大幅割引!入場券購入の手間いらず!
3,830円3,460円
基本情報
店名 三星美術館 Leeum
住所 ソウル特別市 龍山区 漢南洞 747-18
(서울특별시 용산구 한남동 747-18)
[道路名住所]

ソウル特別市 龍山区 梨泰院路55キル 60-16
(서울특별시 용산구 이태원로55길 60-16)
電話番号 02-2014-6901
Eメール なし
営業時間 10:30~18:00(最終受付17:30)
休業日 月曜、1月1日、旧正月・秋夕(チュソク)の連休
日本語 一部スタッフ可
その他外国語 英語 中国語
支払方法 ウォン、カード(JCB,visa,master,amex) ※一部使用不可の場合あり
交通 ・地下鉄6号線漢江鎮(ハンガンジン、Hangangjin)駅 1番出口 徒歩6分
関連サイト leeum.samsungfoundation.org/html_jpn/global/main.asp
詳細情報 ・バリアフリー施設:車椅子用トイレ、車椅子レンタル、エレベーター、スロープ
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
【PR】同じエリアのコネストおすすめ店
美容医療エバー皮膚科
梨泰院駅すぐ!外国人の臨床経験豊富な院長の腕が評判
ソウル > 梨泰院・龍山   クーポンあり
エステ漢南火汗蒸幕
梨泰院エリアの日本語対応可能な女性専用汗蒸幕!
ソウル > 梨泰院・龍山   クーポンあり
エステSPA DAY 漢南店
リピーターが絶えない、美と健康を管理するエステサロン
ソウル > 梨泰院・龍山   クーポンあり
韓国旅行おトク情報
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2019.4.22
makana_kraさん
クチコミ

2019.4.22
makana_kraさん
クチコミ

2019.4.22
makana_kraさん
クチコミ

2019.4.22
makana_kraさん
クチコミ

2019.4.22
makana_kraさん
クチコミ

2019.4.22
makana_kraさん
クチコミ

2019.4.22
makana_kraさん
クチコミ

2019.1.6
カエルッチさん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
予想以上 (返信: 0 )
makana_kraさん 2019.4.22
友人の勧めで初めて訪れました。
芸術鑑賞には不慣れで、言葉もわからないため不安もありましたが、とても素晴らしい時間を過ごすことが出来ました!

展示物の魅力はもちろんのこと、館の構造や照明、小窓から覗く風景までどこを切り取っても美しく、見入ってしまいます。

PDAはなくても問題ないと思いますが、作品の説明が丁寧でわかりやすいため、借りた方がより楽しめると思います。
館内は上階から下りながら進んで行きますが、係員の方が要所でアテンドして下さるので、迷うことなく進むことが出来ました。

美術館周辺は自然も美しいため、また季節を変えて訪れたいと思います。

漢江鎮駅の街並みも大好きです。
高台からの眺めが良く、閑静な住宅街も多いためかゆっくりと時間が流れていくように感じます。
フォトジェニックな建物やセンスの良い雑貨を扱ったショップも多いので、ショッピングやお茶も楽しめますよー!
つづきを読む
とても良い美術館 (返信: 0 )
カエルッチさん 2019.1.6
皆さんのクチコミを読んでいたので、チケットの購入後はクロークにコートと荷物を預けて身軽な格好で堪能しました。クロークは無料です。
音声ガイドはスマホのようなもので作品の前に近づくと自動的に画像表示と音声が流れます。
ガイドを聞きながら全部の作品を鑑賞すると3時間以上かかるので、予定のある方はハイライトのメニューをお勧めします。
途中休憩の為、カフェで軽食とケーキを食べました。そこでのケーキが甘すぎずとても美味しかったです。
古美術と現代美術とケーキを堪能でき、最高の1日を過ごせました。次回は建物の外にまわって建築を堪能したいです。
つづきを読む
建築鑑賞に最適 (返信: 0 )
kossiさん 2017.9.2
建築鑑賞という意味では充分楽しめます。ミュージアム1(マリオボッタ)は円筒形の階段が各フロアを絶妙に繋いでいます。ミュージアム2(ジャンヌーベル)は外観の意匠が内部に入って初めて理解できます。
つづきを読む
先進的な美術館 (返信: 0 )
maiko3150さん 2014.6.18
14年06月07日 11時頃に訪問しました。
地下鉄 漢江鎮駅から10分ほど歩いたところにあります。

美術館自体が、とても洗練された印象で、受付はちょっとしたホテルのフロントみたいでした。
常設展と企画展があり、チケットの種類を決める必要があったのですが、会話がなかなか通じず、コミュニケーションにちょっと苦労しましたが、何とか常設展のチケットとPDAのガイドを借りることが出来ました。

荷物を持って入場しようとすると、受付の方が追いかけてきて、クロークに荷物を預けるように言われたので、クロークに荷物を預けました。
クロークのある美術館を今まで経験したことがなかったので、ちょっと驚きました。
日本だとロッカーはあっても、クロークまではなかなかないと思うので、ちょっと新鮮でした。

クロークがあることも含めて、美術館全体がハイソな感じでちょっと敷居が高い感じはします。
…私はあんまり気にしませんけどね

PDAのガイドは、作品の前に立つと自動的に作品の説明が日本語で流れるスグレもので、PDAを操作することで作品を拡大・回転したり、細かい説明を読むことが出来ます。
また、展示品の底の部分など、展示では見ることが出来ない部分をPDA上で見ることも出来ます。

このPDAによるガイドは、サムスングループの美術館ならではの面白い仕掛けだと思いますし、今後、日本も含めた他の美術館でもスタンダードになっていくのではと思います。

まあ、場所によって若干反応が悪く、説明が流れないこともありましたが

スケジュールの都合で、1時間程度しか時間がなかったので、かなり駆け足で観覧したため、残念ながら全てを見ることが出来ませんでした。

もし、こちらを訪れる際には、2~3時間ぐらいの観覧時間を目安にされると、余裕を持って観覧することが出来るのではないかと思います。
また、企画展も観覧する場合は、その時間も加味したほうが良いと思います。

また、ミュージアムショップも品揃えが充実していました。
(値段もそれなりに高いですが…)
つづきを読む
くりくまさん 2013.9.8
8月中旬、平日午前に伺いました

PDAを借りるのがオススメ、とのことでそうしました。
私は気づきませんでしたが、同行者が言うには、
「おすすめ作品」だけの説明もあるようなので、時間が限られている人には、
その機能を使ってもいいかもしれません。

美術に関して、全くの素人でお恥ずかしいのですが、
初っぱなから、PDAの、
「この、せいじしょくは~」という説明に、
「えっ」などと思ってしまい、
手元の画面で確認すると、
「この、青磁色は~」と…

ほかにも、「暗灰色(あんかいしょく)の~」など、
自分の日常生活で使わない言葉がたくさんでてきたので、とても新鮮でした。
韓国の美を見つめながら、日本語の美しさ・難解さ・表現の多様さを
感じることができました。

こんな素人でも、PDAの説明はわかりやすく、パッと見ただけではわからない
細かい飾り・つくりなどを、この目で見ることができ、ホントによかったです!

現代美術も、PDAのおかげで、素通りしてしまいそうな「???」な作品も、
こんな意図があったのか~とわかって、楽しめました

現代美術(MUSEUM2)にあるお手洗いも、なんというか、スタイリッシュな感じでよかったです。
(便座のフタが透明であったり…)

学生の団体が多いときは、ロビーのお手洗いも混雑するので、
展示途中にあるお手洗いに寄るのがいいかと思います

途中、座って休みつつ、3時間ほど静寂な美の空間を楽しむことができました。
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
江原道平昌にある、詩人・李考石...
韓国映画「1987」で再び注目!民主...
地下鉄駅から連結の漢江文化施設...
周辺のお店情報
全て グルメ ショッピング スポット エステ 美容医療
現代カード MUSIC LIBRARY/UNDERSTAGE 現代カード MUSIC LIBRARY/UNDERSTAGE

(248.97m)
龍山工芸館 龍山工芸館

(319.64m)
BLUE SQUARE(ブルー・スクエア) BLUE SQUARE(ブルー・スクエア)
ミュージカルファン御用達!梨泰院の公演会場
(459.36m)
韓国イスラム教 ソウル中央聖院 韓国イスラム教 ソウル中央聖院
異国情緒ただよう街・梨泰院にあるイスラム教のモスク
(539.13m)
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
グランドハイアットソウル
ドラマ「パリの恋人」のロケ地にもなった、自然に囲まれたホテル
21,750円~
クチコミ評価 4.5 / 45件
インペリアルパレスブティックホテル梨泰院
周辺に革製品やファッション関係のショップが立ち並び、ショッピングに最適
8,820円~
クチコミ評価 3.8 / 7件
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
益善洞韓屋村や夜の移動に便利な深夜バスなどTOP5
東大門のカバン卸売市場や明洞の人気老舗食堂などTOP5
明洞、東大門に南大門!おすすめ人気スポット全制覇
新沙のおすすめ韓国グルメや人気ホテルのお得プランなどTOP5
もっと見る
掲載日:06.11.13   最終更新日:17.08.31 (更新履歴
・営業時間を更新しました(20170831)
・記事全体を更新しました(20170713)
・料金情報を更新しました(20160215)
・お知らせに休業情報を追加しました(20140729)
・現地調査により、情報を確認しました(20131202)
・その他外国語情報を更新しました(20121016)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 マンギョン食堂
東大門卸問屋街で24時間営業の韓国料理店
2 韓国の交通系ICカード・カード別徹底比較!
全国で使える?チャー...
3 これぞ王道!2泊3日初めての韓国・ソウルよくばり観光プラン
明洞、東大門に南大門...
4 大督匠 三成駅店
おひとりさまOK!美味しくて安いキムチチゲ...
5 韓国の食文化
韓国料理の特徴や知っておきたい食事マナー...
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
女優ク・ボニム 上咽頭がんで死...
19.04.22
薬物使用容疑ユチョン 3度目の...
19.04.22
ユチョン薬物使用容疑で芸能界引...
19.04.24
ユチョンさんの弟 「兄は大丈夫...
19.04.25
GW期間 外国人客向けイベント多...
19.04.22
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
人気免税店クーポンがいろいろ!
免税店クーポン
UVOM整形外科・皮膚科
【リジュランヒーラー特価!】肌のくすみ、しわ、クマ対策
UVOM整形外科・皮膚科
イチャドル 弘大店
【サービス】すし飯+チーズまたはドリンク
イチャドル 弘大店
近代モノクロ写真館 グリダ
【プレゼント】カードサイズ写真2枚
近代モノクロ写真館 グリダ
大督匠 三成駅店
【サービス】ドリンク1本
大督匠 三成駅店
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
2019.04.26(金)
もっと見る
熟成キムチチゲの底力〜南部タ... 04/26
気軽に入れる店 04/25
また行きたいです! 04/25
東大門でチュオタンを 04/25
1人&エビ単品で追加OKでした! 04/25
オジンオスンデを食す〜南部タ... 04/25
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]