韓国旅行「コネスト」 清渓川|市庁・光化門(ソウル)の観光スポット
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

清渓川

チョンゲチョン / 청계천
コネスト 投稿
4.6 エリアソウル > 市庁・光化門 店ジャンル 自然(海・山・川) 観覧時間の目安1.0 時間
お気に入りに追加(536人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
現代によみがえったソウル都心部の河川
韓国の首都ソウルの中心部にある河川が「清渓川(チョンゲチョン)」です。朝鮮時代以前から続く歴史ある河川です。経済成長期には川を覆って清渓川高架道が建設され都市化が進みましたが、現代に入って復元の世論が高まって「清渓川復元事業」がスタート。2005年に生まれ変わって以来、市民憩いの場として定着しました。清渓川の歴史は下流にある「清渓川博物館(旧・清渓川文化館)」で知ることができます。市内中心部を流れているので明洞(ミョンドン)や仁寺洞(インサドン)などからも歩いて行けるなど、行き方はたくさんあり各エリアで接することができます。川沿いのオシャレなカフェで川を見ながら過ごしてみたり、記念写真を撮ってみたり、夜にはライトアップもされた川を歩いてみませんか?
毛塵橋から眺める清渓広場
このスポットで開催されるイベント
ソウル市中心部を流れる市民憩いの場
ソウルの中心部を流れる人工河川・清渓川(チョンゲチョン)。市庁(シチョン)・光化門(クァンファムン)エリアからスタートし、東に東大門(トンデムン)方面へと流れていきます。

朝鮮時代よりも昔、自然河川であった清渓川は1960年代の経済成長期に覆蓋(ふくがい、臭気等を外に漏らさないように蓋をかける)工事が行なわれその姿を消しましたが、その後の復元工事により、2005年10月に 人工河川として生まれ変わることに成功して以来、ソウル市民の憩いの場として定着しました。この都市河川の再生プランは世界的に注目を浴び、各国の関係者がよく視察にも訪れています。

川を流れる水は地下鉄駅に供給する水を使用しているのでキレイ。暑い夏には靴を脱いで橋の下で涼む市民たちの姿もたくさん見かけられます。
清渓川の歴史
清渓川を覆った高架道路
清渓川を覆った高架道路
1960年代~
韓国の目覚ましい経済成長・都市開発に伴い、清渓川の水質汚濁が悪化。問題を解決するために、広橋~五間水橋までの区間を覆蓋し、その上に清渓高架道路を造ることで清渓川一帯は都心産業の中心となっていきました。

その後、高架道路を走る車の排気ガスなどによって、清渓川の汚染が深刻化。高架道路も老朽化が進み、市民が交通や健康の安全に対して危機感を抱くようになります。
撤去工事
撤去工事
2000年以降
清渓川復元の世論が高まったことを受け、2003年7月から2005年9月にかけ、老朽化が問題となっていた清渓高架道路の撤去と、河川の復元工事が行なわれました。

そして2005年10月1日、約40年間道路の下に隠れていた清渓川が再び姿を現しました。
清渓川を歩いてみよう!
全長約5.8kmと長い清渓川。初めての観光客でも訪問しやすいエリアに絞ってご紹介しましょう。観光のついでに橋の上から川を見下ろしたり、記念撮影を撮ったり、そして、川沿いをお散歩してみてはいかがですか?
初心者におすすめ!スタート地点
巻貝の彫刻がある広場
毛塵橋から眺める清渓広場
毛塵橋から眺める清渓広場
地下鉄1号線の市庁駅や5号線の光化門駅からすぐの所にある、清渓川の起点が「清渓広場(チョンゲクァンジャン)」です。「Spring」と名づけられた巻貝のオブジェが目印で、毎月さまざまなイベントや催し物も開催されたり、韓国ドラマや韓国映画の撮影ロケ地にも登場します。

繁華街の明洞(ミョンドン)仁寺洞(インサドン)からも徒歩圏内で、清渓川の1番目の橋「毛塵橋(モジョンギョ)」の上からは、素敵な記念写真が撮影できます。
スタートから少し進めば、周辺には地下鉄1号線の鐘閣(チョンガッ)駅周辺になり、清渓川を体験するのにちょうどよいエリアです。疲れたら繁華街「鍾路 青春通り」で休むのも良いでしょう。川沿いにはカフェもあり、川を見ながらひと息つくこともできます。

また清渓川へ降りる際は会談だけでなく、所々にスロープやエレベーターなども設置されていて、バリアフリーにも配慮されたつくりになっています。
「広通橋(クァントンギョ)」

1410年に作られたもので当時最も大きい橋でした。

清渓川と同時に復元されました。
「広通橋(クァントンギョ)」
1410年に作られたもので当時最も大きい橋でした。
清渓川と同時に復元されました。
「広橋(クァンギョ)」

夜は橋の下もライトアップされ、

広い空間では美術展なども開催
「広橋(クァンギョ)」
夜は橋の下もライトアップされ、
広い空間では美術展なども開催
「正祖班次図(チョンジョパンチャド)」

正祖(チョンジョ)が両親の墓参りをする様子を

横190m、縦2mの陶磁器タイルの壁画に再現
「正祖班次図(チョンジョパンチャド)」
正祖(チョンジョ)が両親の墓参りをする様子を
横190m、縦2mの陶磁器タイルの壁画に再現
歩きやすい都心部の川沿い
歩きやすい都心部の川沿い
飛び石も体験できる
飛び石も体験できる
階段のほかスロープも各地に準備されている
階段のほかスロープも各地に準備されている
エレベーターは2箇所。仁寺洞入口に近い

「三一橋(サミルギョ)」のエレベーター。
エレベーターは2箇所。仁寺洞入口に近い
「三一橋(サミルギョ)」のエレベーター。
イベント・お祭りも要チェック!
様々なイベントが催される広場
様々なイベントが催される広場
広場で開催させるイベントのほかに、毎年春にはお釈迦様の誕生日を祝う「燃灯祝祭(ヨンドゥンチュッチェ)に備え、燃灯や釈迦・動物などの張り子が飾られ、多くの人で賑わいます。

秋の11月には毎年300万人以上の観光客が訪問する「ソウルランタンフェスティバル」が、清渓広場周辺で開催。日が完全に落ちた夜には、ランタンのあたたかい光に包まれ、幻想的な空間が広がります。
燃灯祝祭に備え、飾られた提灯
燃灯祝祭に備え、飾られた提灯
ランタンフェスティバル
ランタンフェスティバル
東大門ショッピングのついでに
人気のグルメ通りや東大門の市場が密集
遠くに白いビル「DOOTA MALL」が

よく見える東大門エリア
遠くに白いビル「DOOTA MALL」が
よく見える東大門エリア
東大門と言えば、ナイトショッピングで人気のエリア。ランドマーク的な「DOOTA MALL」の大きなショッピングビルが、清渓川周辺でも良く見えます。

東大門総合市場」「広蔵(クァンジャン)市場」「東大門タッカンマリ横丁」は、清渓川のすぐ北側にあり、市場で買い物や食事をした後、清渓川の南側に広がる東大門のショッピングエリアへ移動する際に橋の上から川の景色を眺めてみましょう。
春から秋にかけて人気の東大門の噴水
春から秋にかけて人気の東大門の噴水
地下鉄1・4号線の東大門駅から東大門エリアへ向かう途中の橋「五間水橋(オガンスギョ)」の上からは、時間帯によっては噴水を見下ろすことができ人気です。
歴史ファンは城郭の痕跡も
「五間水橋」付近にある「五間水門址」
「五間水橋」付近にある「五間水門址」
朝鮮王朝を作った太祖・李成桂(イ・ソンゲ)が即位して5年目に、東大門こと「興仁之門(フンインジムン)」が完成。この時に合わせて都を囲う城郭の8つの門(四大門と四小門)が完成しました。

世宗大王(セジョンデワン)の時代に、「五間水門(オガンスムン)」や「二間水門(イガンスムン)」が設置され、当時の清渓川にあたる水路が整備されました。「五間水門」は清渓川沿いに、「二間水門」は「東大門歴史文化公園」内にそれぞれ再現されています。
東大門よりも、さらに下流は?
地元住民の散策・運動コースに変身
龍踏駅歩道橋の上から
龍踏駅歩道橋の上から
観光客が訪問する機会があまりない清渓川の下流。川沿いから見える高級マンション群を更に東へ進めば、都心高速の高架道路に合流し、その下を川が流れていきます。

川の幅が広く、裸足になって川遊びができる場所や、涼しげな滝や噴水もあります。静かでゆったりとした時間が流れ、地元住民が散歩や運動をしている光景も見られます。

その後、清渓川は最後、「中浪川(チュンナンチョン)」に合流した後に、「漢江(ハンガン)」へと流れ込みます。
「清渓川洗濯場」

昔はここで洗濯をしていたと言われ、斜めに削られた洗濯用の石が当時の様子を物語っています
清渓川洗濯場
昔はここで洗濯をしていたと言われ、斜めに削られた洗濯用の石が当時の様子を物語っています
「存置橋柱」

高架道路撤去の際、すべてを撤去せずに

3つの橋柱だけを記念に残しました。
存置橋柱
高架道路撤去の際、すべてを撤去せずに
3つの橋柱だけを記念に残しました。
「トンネル噴水」

清渓川復元の歴史的意味を刻む場所の横では

噴水をくぐることもできます
トンネル噴水
清渓川復元の歴史的意味を刻む場所の横では
噴水をくぐることもできます
プロポーズイベントも開催される「トゥムル橋」
プロポーズイベントも開催される「トゥムル橋」
貧しかった頃の家が再現された「清渓川板子家」
貧しかった頃の家が再現された「清渓川板子家」
清渓川の歴史を学ぶなら「清渓川博物館」
「清渓川博物館」
「清渓川博物館」
清渓川の以前の姿、埋められたときの様子、復元プロジェクトなど、清渓川の様々な内容を学べる場所が「清渓川博物館」です。

オープン当初は「清渓川文化館」という名称でしたが、博物館としてリニューアルオープンしました。
四季折々の景色
梅やレンギョウも見られる春の清渓川
梅やレンギョウも見られる春の清渓川
春夏秋冬、四季がある韓国。季節ごとに清渓川の光景も変わるので、ソウルに観光で訪れるたびに、ちょっと寄ってみれば、違う光景がみられるかもしれませんよ。
台風の時期には増水し、規制されることも
台風の時期には増水し、規制されることも
夏の清渓川の橋の下は絶好の避暑地
夏の清渓川の橋の下は絶好の避暑地
冬には氷のオブジェも登場
冬には氷のオブジェも登場
夜の清渓川はロマンティック
夏場は夕涼みにもってこいで、夜の10時、11時になってもたくさんの人が行きかう夜の清渓川。春・秋の夜は涼しいので、暖かい格好でお出かけを。冬はとても寒いですが、クリスマスイルミネーションなども登場し、ロマンチックです。

都心部の川沿いはライトアップもされるので、夜に立ち寄る機会があれば、自然と光のコラボレーションをぜひお楽しみください。
このスポットに訪れる現地ツアー
ナイトツアー 展望コース(漢江遊覧船・Nソウルタワー)
Nソウルタワーと漢江クルーズで夜景を楽しむロマンチックナイト...
50,000ウォン
ソウル市内+民俗村 1日ツアー
ソウル市内観光+民俗村がセットに。はじめての韓国旅行にぴった...
105,000ウォン
ソウル市内観光 1日ツアー
古宮から市場まで、たっぷり1日観光!ソウルの見どころ満載コー...
89,000ウォン
伝統市場+韓国大型マート お買い物1日ツアー
地元の市場やマートでお買い物。韓国生活体験ツアー!
90,000ウォン
ソウル市内観光午前ツアー 古宮+守門将交代儀式コース
午前中で人気観光地をまわるソウル満喫コース!
45,000ウォン36,000ウォン
基本情報
店名 清渓川
住所 ソウル特別市 中区 太平路1街 1, ※清渓広場基準
(서울특별시 중구 태평로1가 1, ※청계광장기준)
電話番号 02-2290-7111(ソウル施設公団)
Eメール なし
営業時間 なし
休業日 なし
日本語 不可
その他外国語 不可
交通 ・地下鉄2号線市庁(シチョン、City Hall)駅 5番出口 徒歩5分
・地下鉄5号線光化門(クァンファムン、Gwanghwamun)駅 5番出口 徒歩5分
関連サイト www.sisul.or.kr/open_content/cheonggye
料金 無料
詳細情報 ・バリアフリー施設:スロープ(全区間通じて17個あり)、エレベーター(三一橋、黄鶴橋の2ヶ所)
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2015.6.3
saori77777さん
クチコミ

2015.6.3
saori77777さん
クチコミ

2015.6.3
saori77777さん
クチコミ

2015.6.3
saori77777さん
クチコミ

2015.6.3
saori77777さん
クチコミ

2014.8.16
ぴのんさん
クチコミ

2014.8.16
ぴのんさん
クチコミ

2014.8.16
ぴのんさん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
saori77777さん 2015.6.3
2015.5.16
燃灯祝祭で清渓川の夜景がきれいと聞いて行ってみました。
燃灯がいっぱい飾りつけられて、素敵でした。
あまりにも見とれてしまって写真を撮るのを忘れたくらいです。
また、来年見られますよーに。
つづきを読む
デモ行進に遭遇 (返信: 0 )
コヤンイチョアさん 2015.4.19
2015年4月11日(土)、15:30頃訪問。
東大門付近の清渓川沿いを歩きました。ちょうど中絶反対のデモ行進の集団に遭遇。反日デモではなくてよかったと一安心。
つづきを読む
DIGITAL CANVAS (返信: 0 )
ぴのんさん 2014.8.16
2014.8.11のPM9:30過ぎ
東大門近くの広蔵市場から明洞まで
徒歩で帰る途中に清渓川に寄ってきました。

相変わらず人がいっぱいだな~と思いながら歩いていると、
人と光が集まっているところが・・・
行ってみると光のアートがやっていて、
色んな光の造形を楽しむことが出来ました♪

日本にもこんな所があったらいいなぁと思った瞬間ですw
つづきを読む
五間水橋のイルミ (返信: 0 )
ゴックゴクさん 2014.6.13
五間水橋の噴水のイルミってやらない時期っていうのがあるのですか?
去年お盆休み中に行ったのですが噴水もイルミもなんにもなかったのですが・・・・。
今年も去年と同じ期間中に行くのですがどうしてもみたいので情報など知ってる方がいらっしゃいましたら教えてください。
昼間ではなく夜に行きます。
つづきを読む
りおるかさん 2013.8.26
ソウルに行く度に、この川に癒されます。

時間帯や季節によって
まるで違う表情を見せる清渓川。

しかし、あんなに撮りまくったと思っていた写真、これしかありませんでした
訪韓の際に撮っては追加して行こうと思います
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
蔚珍にある、天然記念物第155号に...
ユネスコ世界自然遺産。済州島に...
周辺のお店情報
全て グルメ ショッピング スポット エステ 美容医療
清渓広場
清渓川のスタート!ソウル中心部のランドマーク広場
(4.12m)
ソウルランタンフェスティバル
秋の風物詩、清渓川を彩る提灯祭り
(11.18m)
一民美術館

(88.14m)
新聞博物館 PRESSEUM
自分だけのミニ新聞も作れる!光化門エリアで韓国マスメディアの歴史に触れよ...
(93.62m)
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
ベストウェスタンニューソウルホテル
飲食店や免税店が徒歩圏内、市内どこへ行くにもアクセス便利なホテル
7,370円~
クチコミ評価 3.8 / 168件
ニュー国際ホテル(ニュークッチェホテル)
市内アクセスが便利、立地も価格も大満足のホテル
6,530円~
クチコミ評価 3.9 / 142件
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
伝統とモダンが織り成す町並みに浸る!韓国ロマン散策
公演チケット限定セールや明洞の人気カフェなどTOP5
アートから夜遊びまで!弘大エリアを徹底解説
韓国バスの乗り方や、サムギョプサルの名店などTOP5
もっと見る
  最終更新日:17.05.14 (更新履歴
・記事全体を更新しました(20170514)
・ホームページを変更しました(20160808)
・ホームページにて情報を確認しました(20130227)
・バリアフリー情報を更新しました(20120827)
・アクセス情報を更新しました(20120525)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 地下鉄5号線で行く韓国グルメ旅
駅の名店洗い出し!地...
2 カフェで使える韓国語
コーヒーで一息。カフェで便利な韓国語を覚...
3 若者の街!弘大(ホンデ)おすすめスポットガイド
アートから夜遊びまで...
4 韓国3つ星ホテル&4つ星ホテル 1万円以下セール
人気デラックスホテル...
5 木洞ポリパッ
広蔵市場で人気の麦飯ビビンバ
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
イ・サンウとキム・ソヨン前撮り...
17.05.19
俳優カップル2年交際から22日結...
17.05.22
Apinkチョン・ウンジの体型話題
17.05.23
俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを...
17.05.24
AOAソリョン完全無欠の名品脚線美
17.05.19
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
ロッテ、新羅、東和などの人気店
免税店クーポン
8b DOLCE ソウルカロス...
【5% OFF】ドリンク&スイーツメニュー
8b DOLCE ソウルカロスキル本店
東明社(光熙市場内)
【10% OFF】既製品のみ
東明社(光熙市場内)
レモンマート 明洞店
【30~50%】特価セール
レモンマート 明洞店
鳴玉軒韓医院
【割引】韓方肉割れ治療(一部メニュー)
鳴玉軒韓医院
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
サングラス2017inソウル!
新沙洞・カロスキル
2017.05.25(木)
もっと見る
弘大の人混みに疲れたら穴場の... 05/25
イデにあるディスコみたいなボ... 05/25
名物プルコギパジョンとトマト... 05/24
新鮮な鶏肉とたっぷりニンニク 05/23
無料で韓屋をゆっくり見学 05/23
波音があれば気分はハワイ?可... 05/23
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]