韓国旅行「コネスト」 電鉄京義線が開通 | NOW!ソウル
KONEST
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 電鉄京義線が開通
バックナンバーリスト
前の日 2009年 次の日
お気に入りに追加 印刷する

首都圏がより近く!

本日、首都圏電鉄京義(キョンイ)線の第一段階、京畿道(キョンギド)の汶山(ムンサン)駅~ソウル市のデジタルメディアシティ(DMC)駅が開通しました。京義線はもともとソウル~北朝鮮の新義州までを結ぶ鉄道。南北分断後はソウル・龍山から汶山までディーゼル車が走るローカル線だったのが、この度、電気鉄道が導入されました。
これに伴い、50年あまり市民の足となっていたディーゼル式の通勤列車は、昨晩最後の運行を終えました(写真左)。そして今朝から登場したのが、最新の電気鉄道列車(写真右)。ディーゼル車の趣ある車両がなくなるのは惜しいですが、電鉄に替わることで、列車1台あたり年間9億7000万ウォン燃料費節約の効果も。
汽車の運行は1日に38本だったのが、電鉄京義線はDMC~汶山間運行本数が150本と大幅に増加。このうち46本はソウル駅まで続いており、3号線と6号線、2本の地下鉄にも乗換可能に。時間もソウルから汶山まで1時間以上かかっていたのが、電鉄急行では52分に短縮されました。
電鉄京義線の利用増が予想される中、注意すべきなのが駅名。延世(ヨンセ)大の近く、新村(シンチョン)駅は、地下鉄駅と電鉄駅が別の場所にあります。また、京義線DMC駅が接続する地下鉄駅は、以前の水色(スセッ)駅からDMC駅へ改称。さらに京義線の水色駅はまた別にあるという複雑さ…。
1996年に着工してようやく開通に至った電鉄京義線。さらに2012年を目処にDMC駅~龍山駅までの本格整備完了を目指し、現在も工事が進められています。その後には国境沿いの都羅山(トラサン)駅まで伸びる可能性も。
便利な交通機関のおかげで、この先首都圏はどんどん小さくなっていきそうです。

路線図はこちら
バックナンバー
傾斜型エレベーター登場! 2009.06.30(火)

南山に傾斜型エレベーター登場!

「NOON SQUARE」お目見え! 2009.06.29(月)

「NOON SQUARE」がついにお目見え!

漢江プールの季節です! 2009.06.26(金)

漢江プールの季節です!

今日は何の日? 2009.06.25(木)

今日は何の日?

旧ソウル駅、一般公開 2009.06.24(水)

旧ソウル駅、一般公開

新紙幣5万ウォン登場! 2009.06.23(火)

36年ぶり、ついに出ました!

全リストを見る
韓国旅行おトク情報
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


ダウンコートも!?気温急降下中の明洞で服装チェック 19.10.11(金)

明洞にMEDIHEAL新店舗!旅行者に嬉しいサービス充実 19.10.14(月)

帰国日の朝も使える!ソウル駅で最後の韓国の味を 19.09.26(木)

ロッテマートに入店!韓国人が行列する味とは? 19.11.06(水)

1+1アイテムも!明洞ファッションショップをぶらり 19.10.18(金)
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]