韓国旅行「コネスト」 食べ歩きで決まり!明洞、春の屋台おやつは? | NOW!ソウル
KONEST
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 食べ歩きで決まり!明洞、春の屋台おやつは?
バックナンバーリスト
前の日 2017年 次の日
撮影エリア:明洞 お気に入りに追加 印刷する

食べ歩きで決まり!明洞、春の屋台おやつは?

日中は10度を越え、次第に暖かくなってきているソウル。これから迎えるお出かけ日和にもってこいの屋台おやつを、屋台グルメが数多く並ぶ明洞(ミョンドン)でキャッチしてきました!
「クロワッサンたい焼き(クロワサンプンオパン)」(3,000ウォン)は、外はカリっ中はふわっとした食感のクロワッサン生地がポイントのたい焼き。餡の種類はあずき以外にさつまいもやチョコレート、バナナなどバラエティー豊富です。
ピンクやブルーなどポップな色合いで目を引くのが、「レインボーわた飴(レインボウソムサタン)」(5,000ウォン)。カラフルでSNS映えもばっちりな可愛らしさです。
「ヌテラクレープ(ヌテラクレペ)」(4,000ウォン)は、一度食べると病みつきになる味から「悪魔のチョコレートジャム」とも呼ばれる「ヌテラ」をたっぷりと塗った甘~いデザート。コーンフレークのサクサクとした食感もたまりません。
韓国の屋台おやつとして定番化しているのが、「イチゴ餅(タルギモチ)」(2,500ウォン、写真上)と「卵の大判焼き(ケランパン)」(1,500ウォン)。特に「卵の大判焼き」はほっこりとした優しい甘さで老若男女を問わず人気です。
甘いおやつだけでなく、「韓国式唐揚げ(タッカンジョン)」(3,000ウォン、写真上)や「キャベツ入りオムレツ(ヤンベチュオムルレッ)」(5,000ウォン)など食事系まで幅広く揃う屋台グルメの宝庫・明洞。韓国旅行中、明洞で食べ歩きを満喫してみては?
関連記事
バックナンバー
食べたくなるパッケージ!話題のフードメティック 2017.03.10(金)

食べたくなるパッケージ!話題のフードメティック

春の三清洞、チマチョゴリで街歩き! 2017.03.09(木)

春の三清洞、チマチョゴリで街歩き!

三清洞・ソウル北部
KTXとソウル駅にフリー充電器増設! 2017.03.08(水)

KTXとソウル駅にフリー充電器増設!

南大門・ソウル駅
広蔵市場での春の楽しみ方 2017.03.07(火)

広蔵市場での春の楽しみ方

仁寺洞・鍾路
60年代の面影が残る「104マウル」再開発へ 2017.03.06(月)

60年代の面影が残る「104マウル」再開発へ

ソウル東部
サムギョプサル、最近のトレンドをチェック! 2017.03.03(金)

サムギョプサル、最近のトレンドをチェック!

全リストを見る
韓国旅行おトク情報
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳

COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]