韓国旅行「コネスト」 60年代の面影が残る「104マウル」再開発へ | NOW!ソウル
KONEST
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 60年代の面影が残る「104マウル」再開発へ
バックナンバーリスト
前の日 2017年 次の日
撮影エリア:ソウル東部 お気に入りに追加 印刷する

60年代の面影が残る「104マウル」再開発へ

低所得者層が集まる高台の集落・タルトンネ。ソウル東北部、蘆原(ノウォン)区中渓(チュンゲ)洞104番地に位置する「104マウル」もその一つ。1960年後半、都心開発により清渓川(チョンゲチョン)などから移転を余儀なくされた人たちが住み着いた場所で、ソウル最後のタルトンネと呼ばれています。
「104マウル」のあちこちにある壁画は、2013年にソウル芸術高校を始めとする学生たちとボランティアにより、「104マウル」の歴史やストーリーを込めて描かれたもの。壁画は写真スポットとしても有名になりました。
一方で、50年近く開発の手が入らなかった「104マウル」は、時間が止まったかのようなノスタルジックな雰囲気。今でも練炭を暖房に用いているため、あちこちで練炭を見かけることができます。
建物の老朽化が進み、2009年に再開発整備区域に指定されたものの、2014年に当時担当だった都市開発公社が辞退したことで事業はストップ。その後、地域の3分の1にあたる約320世帯が出ていき、多くが空き家として残りました。
以前は活気が感じられたであろう幼稚園の跡地や古びたスーパーは、どこか哀愁を感じさせます。先月になって、中断されていた再開発事業が再開されました。自治体や住民などによる協議がようやく動き出した「104マウル」。60年代の韓国の面影が残る街は、今後どのような変化を遂げるのでしょうか。
関連情報
【コネスト韓国地図】104マウル
梨花洞「路上美術館」
水道局山タルトンネ博物館
バックナンバー
サムギョプサル、最近のトレンドをチェック! 2017.03.03(金)

サムギョプサル、最近のトレンドをチェック...

韓国は新学期!学生たちで賑わう新村は? 2017.03.02(木)

韓国は新学期!学生たちで賑わう新村は?

新村・梨大
栄養たっぷり、韓国の彩り豊かな春の味! 2017.03.01(水)

栄養たっぷり、韓国の彩り豊かな春の味!

春の韓国旅行はココ!三清洞ロケ地巡り 2017.02.28(火)

春の韓国旅行はココ!三清洞ロケ地巡り

三清洞・ソウル北部
韓国女子の間で話題の、お手軽美容フードは? 2017.02.27(月)

韓国女子の間で話題の、お手軽美容フードは...

遭遇のチャンス?韓国芸能人ゆかりのお店! 2017.02.24(金)

遭遇のチャンス?韓国芸能人ゆかりのお店!

全リストを見る
韓国旅行おトク情報
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


ダウンコートも!?気温急降下中の明洞で服装チェック 19.10.11(金)

おひとりさまも!高速ターミナルのご飯は地下食堂街で 19.09.20(金)

明洞にMEDIHEAL新店舗!旅行者に嬉しいサービス充実 19.10.14(月)

帰国日の朝も使える!ソウル駅で最後の韓国の味を 19.09.26(木)

1+1アイテムも!明洞ファッションショップをぶらり 19.10.18(金)
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]