韓国旅行「コネスト」 韓国在住脱北者の受刑者、「麻薬」が最多 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国在住脱北者の受刑者、「麻薬」が最多

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル8日聯合ニュース】韓国の刑務所に収監されている北朝鮮脱出住民(脱北者)のうち、最も多い犯罪は「麻薬関連」であることが分かった。 

 韓国刑事政策研究院の張ジュン午(チャン・ジュンオ)博士の論文「北朝鮮離脱住民関連の犯罪実態および対策」によると、昨年下半期(7~12月)ベースで、韓国の刑務所に収監されている脱北者48人のうち、麻薬取締法違反の受刑者は17人(35%)で最も高い割合を占めた。

 17人はほとんど決まった職がなく、韓国内での月平均収入は70万ウォン(約5万2000円)程度だった。また、北朝鮮を脱出してから韓国に入国するまでの期間が平均42.3カ月でほかの犯罪と比べ、比較的長かった。

 これは韓国に入国する前から中朝を往来しながら、麻薬取引を行ったためだと、張博士は説明した。北朝鮮ではアヘン輸出用や基礎医薬品の代わりに原料植物のケシを栽培しているため、比較的簡単に接することができ、住民の犯罪意識が低い。さらに、北朝鮮産の覚せい剤が中国に流通され、脱北者が多く関わるようになったとも分析している。

 張博士が麻薬取締法違反の受刑者17人を調査した結果、16人が脱北者ネットワークを通じ、麻薬取引を行った。大半が北朝鮮または韓国に居住する家族や親せきを金銭的に援助しようと麻薬取引に手を染めたと供述したという。

 脱北者は麻薬取引のため中国をたびたび訪問するケースがあり、海外旅行に対する体系的な出入国管理が必要だと、張博士は指摘した。

 一方、受刑者の犯罪内訳は麻薬取締法違反のほか、暴力12人、殺人10人、財産犯罪7人などだった。性別では男性が44人、女性が4人。30代が19人、40代が15人で全体の約7割を占めた。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年02月08日 11:02
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]