安全な韓国旅行のための防疫ガイド
韓国旅行「コネスト」 アン・ソンギ、新作で「一味違う父親役演じたい」。韓国の芸能ニュース
KONEST

アン・ソンギ、新作で「一味違う父親役演じたい」

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
【南海24日聯合】アン・ソンギとチョ・ハンソン主演のアクション映画「マイ・ニュー・パートナー」が慶尚南道南海郡で撮影の真っ最中だ。映画は7割ほどが釜山での撮影となるが、この数日は南海郡でのロケが続いており、23日夜には撮影現場で記者懇談会が開かれた。
 アン・ソンギは警察の風俗管理課、カン・ミンホ班長を、チョ・ハンソンは警察隊出身のエリート刑事カン・ヨンジュン役を演じる。親子ながら8年間会わず暮らしてきた2人が、ある事件でパートナーとして再会する。

 アン・ソンギは劇中で息子役のチョ・ハンソンを「マイ・ニュー・パートナー」と呼び、映画で良い結果が出てまた2人で組むことにも期待を示した。しかし、最高のパートナーとしてはパク・チュンフンを挙げている。パク・チュンフンとは5年ごとに4つの作品をともにしてきた20年来の仲で、運良くどの作品も好評で2人とも感謝していると述べた。

 父親役を演じることについては、年を重ねれば結局は父親役を数多く演じることになるだろうと現実を受け入れた。それでも、「一般的な父親像ではない、何かを起こすエネルギーを持つ父親の姿を演じなければならないと思う。単なる家族の一員としての父親はやりたくないですね」と語った。50代半ばも過ぎ、年齢に合った役柄がどんなものかを理解しながらも、その中でまた別の演技を見せることに意欲を持っていることが感じられる言葉だ。

 刑事ものということでパク・チュンフンと共演した「ツー・コップス」を連想しやすいことに関しては、今作品はキャラクターが異なり、チョ・ハンソンとはシリアスに、感情的にぶつかる部分が多いとして違いを強調した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年10月24日 13:26
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ソン・ダムビ、元スケート選手と交際
韓国での最多視聴ユーチューブ動画は
「ビヨット」リンク味が新発売
新規コロナ感染者2日連続で5千人超
BTS 入国隔離でMAMA出演不可
2060年の国民平均年齢61歳
ソウルの物価、東京より高かった
全入国者に10日間の隔離義務化
隔離免除「一時停止を」申し入れ
週間アクセスランキング
「妊娠後捨てられ」暴露に…俳優謝罪
21.11.27
全世界対象の入国禁止「検討せず」
21.11.29
コロナ危険度が最高段階に
21.11.29
外国人がよく食べる韓国料理は?
21.11.28
「モンテリギ」流行の悲しい理由
21.11.29
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]