韓国旅行「コネスト」 朴監督、アイフォーンで商業映画制作…世界初。韓国の芸能ニュース
KONEST

朴監督、アイフォーンで商業映画制作…世界初

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 有名商業映画監督がスマートフォンで商業映画を制作し、映画館で上映する実験を始めた。映画「渇き」「復讐者に憐れみを」などを作った朴賛郁監督だ。

朴監督は11日、ソウル竜山(ヨンサン)CGVで、アイフォーン4で撮影した短編映画「波瀾万丈」の試写会を開いた。スマートフォンで商業映画が撮影されたのは世界で初めて。

朴監督は試写会の後、中央日報のインタビューに応じ、「今では小学生から高齢者まで誰でも朴賛郁になれる時代」と話した。朴監督は「カメラ付きの携帯電話が出てきた時から、こうした時代が来るだろうと考えていた。今回の作品を通して、映画は特別なものでないという点を知らせることができた」と述べた。「携帯電話と食費さえあれば、長編でも短編でもいくらでも望みの映画を撮れる」とも語った。

2カ月間にわたり、京畿道(キョンギド)南漢江(ナムハンガン)付近で撮影されたこの作品に使用された装備は、数億ウォン台のカメラではなくアイフォーン4だった。一般的に1,2台のカメラが、監督が決めたアングルに合わせて俳優の動きを収めるが、今回はその役割を撮影場周辺に配置された8台のアイフォーンがした。制作費は1億5000万ウォン(約1100万円)。

「一般的な映画撮影現場では、カメラは撮影部でなければ触ることができない貴重なものだ。しかし今回は制作部でも、演出部でも、たまたま遊びにきた監督の娘でも、誰でも映像を撮ることができたし、その映像を実際の映画の最終編集に活用したりもした」。

夜の場面や水中の場面を撮る時は困難もあった。高価な撮影装備に比べて画質が落ちるスマートフォンの特性のため、質の良い映像は出てこなかった。朴監督はむしろこの短所を逆利用し、荒さのある夢幻的な雰囲気を生かした。

30分の短編映画のこの作品は27日から映画館で上映した後、すぐにインターネットやケーブルテレビで放送される予定だ。朴監督は「この映画の主な流通チャンネルはオンラインとケーブルテレビになるだろう。映画館ではなくオンラインで映画に接する時代がすでに到来した」と述べた。

朴監督は「オンラインなら巨額のマーケティング費用が必要ない。街中にポスターを貼り付ける必要もない時代だ。はるかに多様な映画が出てくるし、消費者の選択の幅も広がるだろう」と語った。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年01月11日 12:42
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
韓国の新規コロナ感染者418人
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
ワクチンCOVAXから105万人分
週間アクセスランキング
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]