韓国旅行「コネスト」 格安航空会社4社、そろって売上高1千億ウォン突破。韓国の経済ニュース
KONEST

格安航空会社4社、そろって売上高1千億ウォン突破

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
【ソウル10日聯合ニュース】済州航空、ジンエアー、エア釜山、イースター航空の韓国格安航空会社(LCC)4社が、国際線の就航本格化や航空需要の急増などで昨年急成長したことがわかった。

 航空業界が10日までにまとめたところによると、格安航空会社のうち昨年9月に再就航したティーウェイ航空を除くこれら4社は、昨年売上高が各社とも1000億ウォン(約74億円)を上回った。

済州航空は売上高約1600億ウォンと、前年(880億ウォン)比80%増加した。50億ウォン台の営業損失を記録し、黒字転換には失敗したものの、損失額は予想(120億ウォン)を大きく下回り、善戦したと評価される。

 ジンエアーの売上高は、前年比2倍の1200億ウォンと暫定集計された。営業利益は70億~80億ウォンと、格安航空会社で最大の黒字を出したとみられる。

 2008年10月に就航したエア釜山も、前年より約70%多い1200億ウォンの売上高を計上したと推定される。営業利益は40億ウォンと予想され、格安航空会社のうち最も短期間で黒字転換を果たした。

 イースター航空は売上高1083億ウォンと、前年の443億ウォンから145%の急成長を遂げた。ただ、約50億ウォンの営業損失を出し、赤字からは抜け出せなかった。

 業界関係者は、ことしは格安航空会社の日本、東南アジア主要路線就航が予想され、企業規模はさらに大きくなると見込んでいる。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年01月10日 09:34
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]