韓国旅行「コネスト」 「謝罪・再発防止の約束なくては」中国船員送還で海洋警察に挫折感。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「謝罪・再発防止の約束なくては」中国船員送還で海洋警察に挫折感

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
群山(クンサン)海洋警察が西海(ソヘ、黄海)で海洋警察の警備艦に突っ込んだ容疑で調査した中国漁船「遼営漁号」(63トン)の朱港機関長(44)ら船員3人を25日に自国に送還した。中国との外交・経済関係などを考慮し現実的な選択をしたものだ。しかしひとつ抜け落ちていた。再発防止のための中国側の措置がないことだ。今後類似した事件が発生する可能性は大きく、発生しても今回のように中国船員らを釈放するほかないという懸念が出てきた理由だ。朱機関長らは18日午後12時53分ごろ、違法操業船舶を検問検索しようとする海洋警察の警備艦の正当な法執行手続きを妨害した容疑(特殊公務執行妨害)で群山海洋警察から7日間の調査を受けた。

群山海洋警察関係者は、「遼営漁号は他の中国漁船を追跡していた警備艦に突っ込み衝突事故を起こしたが、船を操縦していた李永涛船長(29)は死亡した。残る船員らは当時犯行に積極的に加担していなかったことが明らかになった」と明らかにした。

だが、他の職員は、「違法操業検問の過程で負傷した韓国側警察官に対する謝罪と今後このような事故に対する再発防止の約束などを確実に受けてから中国船員を釈放すべきではないのか」と話した。

イ・ジョングァン漁村係長(63)は、違法操業して摘発されると課される担保金(500万~5000万ウォン)を2~3倍に上げ、3回摘発されれば漁業免許を取り消す「三振アウト制」を導入しなければならないという意見を提示した。

全北(チョンブク)大学のチョ・スング教授(政治外交学)は、「中国の謝罪や再発防止の約束なしでそのまま送りかえしたのは韓国政府があまりに低姿勢を見せたものであり、問題解決に対する正しい方法ではない」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年12月27日 09:02
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
韓国の新規コロナ感染者398人
ワクチンCOVAXから105万人分
文大統領 首席秘書官の辞表受理
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]