韓国旅行「コネスト」 軽自動車販売が過去最多に、ことし15万8千台予想。韓国の経済ニュース
KONEST

軽自動車販売が過去最多に、ことし15万8千台予想

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル23日聯合ニュース】ことしは軽自動車の販売台数が過去最多になる見通しだ。
 自動車業界は23日、年初から11月までの国内市場で軽自動車の販売台数が前年同期比16.8%増の14万4520台を記録したと明らかにした。同期間の全自動車の販売台数は約132万7000台。10台に1台以上が軽自動車だったことになる。なかでも起亜自動車の「モーニング」が9万2840台(シェア64.2%)、GM大宇の「マティス・クリエーティブ」が5万1680台売れた。

 軽自動車の販売は毎月1万2000台以上で、また年末には10%程度販売が増えることから、通年販売台数は1998年の最多販売記録(15万1275台)を上回る15万8000台に迫ると見込まれる。

 燃費、性能、デザインの三拍子をそろえるとの評価に加え、セカンドカーとして軽自動車を好む現象もあり、軽自動車人気が高まっていると、業界は分析している。

 韓国に初めて登場した軽自動車は、大宇自動車(現・GM大宇)が1991年に発売した「ティコ」。毎年3万~5万台を販売していたが、1996年に軽自動車購入の優遇措置が実施されたことで、10万台を突破した。1997年には現代自動車も軽自動車市場に参入し、本格的な競争多体制となった。1998年に大宇自が発売した「マティス」は、年間販売台数が15万台を突破する大ヒットを記録した。1999年には起亜自も市場に加わったが、1998年をピークに軽自動車の人気は冷え込み、2006年には3万9000台水準まで落ち込んだ。

 しかし、2008年に軽自動車の排気量基準が1000ccに上方修正され、2004年発売の「モーニング」が軽自動車に分類されると、同年の販売台数は13万4000台水準に回復した。

 昨年は小型車のような「マティス・クリエイティブ」が発売され、来年は「モーニング」後続モデルやボックス型軽自動車の発売も予定されている。韓国自動車産業研究所は、来年の軽自動車市場はことしより約3%増の16万2000台に達すると予想している。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年12月23日 11:35
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国製薬社 ワクチン臨床試験に着手
NU'ESTが7年ぶりフルアルバム
ロゼ 二つのギネス世界記録認定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
韓国の新規コロナ感染者587人
きょうから屋内でマスク常時着用
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
アストラ製ワクチンの接種再開へ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]