韓国旅行「コネスト」 ソウル大がん発病阻む遺伝子発見。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > ソウル大がん発病阻む遺伝子発見

ソウル大がん発病阻む遺伝子発見

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
1つの細胞は2つに割れながら成長する。このような細胞分裂過程を繰り返し、ある時点になれば細胞が死滅する過程を通じて消える。細胞死滅を引き起こす遺伝子が故障すれば、がん細胞に変わって細胞分裂を繰り返す。このようながん細胞が体内から除去されなければ結局がん組織となって発展する。

国内研究陣が細胞死滅を誘導する新たな遺伝子を見つけることに成功した。新しいがん治療法を開発することができるきっかけとなったものだと学界は評価している。

ソウル大チョン・ヨングン生活科学部教授チームは細胞内ミトコンドリアで作られるアデニル酸キナーゼ2(AK2)というタンパク質(酵素)が細胞死滅を調節するという事実が分かったと21日、明らかにした。特に肝臓がん細胞からAK2遺伝子機能が除去された事実を初めて確認したと伝えた。この研究結果は22日、ネイチャーの姉妹誌であるネイチャーセルバイオロジーの電子版に掲載された。

チョン教授は論文の第1著者であるイ・ホジュン博士とともにミトコンドリアに存在するAK2タンパク質が細胞質に出て細胞死滅を誘導するという事実を明らかにした。ミトコンドリアは細胞が活動できるようエネルギーを生成する細胞内小器官だ。チョン教授チームはまた、AK2タンパク質が活動ができないかタンパク質の数が少ない場合、細胞が死滅できないという事実を見つけ、多くの種類の人間の肝臓がん細胞株からAK2遺伝子による細胞死滅信号伝達体系が損傷されていることを確認した。

チョン教授チームは肝臓がん細胞にAK2遺伝子の機能を復旧させれば肝臓がん細胞が抗がん剤によって効果的に死ぬという事実も明らかにした。

シム・ジェウ記者




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年10月22日 07:52
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 延世大・三星出身、離職時に一番人気
  • 在韓外国人が最も好む韓国料理は「ビビンバ」
  • “ノムヒョンらしい”はダメ48.2%
  • 【写真】もう冬?
  • 仁川空港・出入国審査が速くなる
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを公表
    韓国成人の年間コーヒー消費413杯
    SE7ENミュージカル俳優デビュー
    韓国人の半数以上、収入67%を支出
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    韓国産パプリカ 日本へ年1千トン
    韓国小説家の銅像 ロシアに設置
    朴前大統領、職業の問いに「無職」
    TWICE1年7ヶ月でミリオン達成
    U-20W杯、コリアンメッシが活躍
    週間アクセスランキング
    イ・サンウとキム・ソヨン前撮り...
    17.05.19
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    ソン・ジュンギ、億戸建てを購入
    17.05.18
    AOAソリョン完全無欠の名品脚線美
    17.05.19
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]