韓国旅行「コネスト」 韓国軍、北への刺激を少なくしようと射撃発数を縮小 。韓国の政治ニュース
KONEST

韓国軍、北への刺激を少なくしようと射撃発数を縮小

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
20日に実施された韓国軍の延坪島(ヨンピョンド)海上射撃訓練は、1時間34分で終了した。 通常、延坪島部隊の海上訓練が半日程度必要であることに比べると、短時間で終わったといえる。 射撃発数も少なかった。 合同参謀関係者は「11月23日の北朝鮮の砲撃で中断されてできなかった射撃を実施した」と明らかにした。 訓練の強度や所要時間を見ると、節制した訓練の雰囲気だったことは確かだ。

この日午前、訓練実施計画を発表しながらも、「西北島しょの防御のために周期的に実施した通常的な訓練であり、砲弾はNLL(北方境界線)から10km以上南方に落ちる」と強調した。 訓練終了後、記者らが訓練写真を求めると合同参謀側は「北朝鮮が挑発すれば公開し、挑発しなければ公開しない」と述べた。

このメッセージは2通りに読むことができる。 1つ目は、訓練再開でNLL死守および対北挑発の抑止に対するわれわれの確固たる意志を明らかにする一方、北朝鮮を刺激しないというものだ。 2つ目に国際社会に向けたメッセージだ。 青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係筋は「(射撃発数を)増やすことも減らすこともしないのは、今回の訓練がわれわれの日常的な訓練と違わないことを意味する」と言った。

高麗(コリョ)大学校のキム・ソンハン教授(政治学)は、「政府としては、西海訓練が北朝鮮に挑発材料を与えるという論理で強く出ている中国・ロシアの立場を完全に無視することは難しかった」とし、「前回の訓練の際に計画されていた残りの訓練を行うことで、われわれの立場が正当である点を認識させようとしたのだろう」と話した。 北朝鮮が追加挑発を行った場合にも「われわれは正当だった」という名分を掲げておくことにもなる。政府のある人物は「北を抑止する一方、北朝鮮との全面戦争の脅威を避けなければならないリーダーシップ心理が働いたのではないか」とした。

74年以降、持続した延坪島部隊の射撃訓練は、昨年10回、今年に入ってからは8月に2回、9月に1回、それぞれ実施されている。 軍の当局者は「きょう計画通りに訓練したように、来年も各部隊の状況によって、立案した年間計画に沿って実施していく」と述べた。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年12月21日 14:45
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]