韓国旅行「コネスト」 論文ねつ造・横領の黄禹錫氏、二審も執行猶予付き有罪。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

論文ねつ造・横領の黄禹錫氏、二審も執行猶予付き有罪

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル16日聯合ニュース】胚性幹細胞(ES細胞)に関する論文をねつ造して研究費を獲得し、横領などの罪で起訴された元ソウル大学教授の黄禹錫(ファン・ウソク)博士の控訴審判決で、ソウル高等裁判所は16日、懲役1年6月、執行猶予2年をあらためて言い渡した。
 裁判所は「問題となった研究費は黄博士個人に支給された包括的な後援金ではなく、生命工学の研究を前提にしていたため、これをほかの用途に使ったことは横領に該当する」と説明した。

 1審で有罪とされた横領額のうち約1億500万ウォン(約764万円)は、金融取引の内訳などを考慮すると公訴事実が立証されたとはみなし難いとの理由で、無罪が宣告された。

 裁判所は「クリーンであるべき国立大学教授の身分で計画的に横領し、世界の科学界で韓国人科学者の研究結果に対する信頼が損なわれるなど罪質は軽くない」とした。一方で、クローン動物分野などで業績を挙げた黄博士に実刑を宣告し、研究の機会をはく奪することが社会的に望ましくない点などを考慮したと説明した。

 黄教授は2004~2005年、ねつ造したES細胞関連の論文を科学誌サイエンスで発表した後、論文のねつ造を隠したまま、農業協同組合とSKから研究費10億ウォンずつを受け取ったほか、新産業戦略研究所と政府からの研究費のうち7億8400万ウォンを横領した罪などに問われ、2006年5月に在宅起訴された。

 1審は、新産業戦略研究所と政府からの研究費横領と生命倫理法違反の容疑などを有罪とし、懲役2年・執行猶予3年を言い渡した。農業協同組合とSKから研究費を得たことについては、論文のねつ造と研究費支援の間の因果関係が認められないとし、無罪を宣告した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年12月16日 13:25
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]