韓国旅行「コネスト」 動物園から脱走したクマ、9日ぶり捕獲。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 動物園から脱走したクマ、9日ぶり捕獲

動物園から脱走したクマ、9日ぶり捕獲

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
マレーグマ「コマ」の脱走劇が9日ぶりに幕を下ろした。ソウル大公園側は「15日午前5時、清渓山(チョンゲサン)二寿峰(イスボン)に設置しておいた捕獲缶にクマが入ったのを午前8時30分に確認した」と明らかにした。またソウル大公園は「現在マレーグマの健康状態は良好で、興奮状態を落ち着かせて移送するために麻酔をした」と説明した。

コマは6日午前、京畿道果川(キョンギド・クァチョン)ソウル大公園の檻から脱走した後、清渓山に逃げ込み、ヘリコプターや警察および消防関係者200人余りが動員された捕獲作戦を避けながら逃走していた。初期捕獲に失敗したソウル大公園側は、蜜や魚などを入れた捕獲缶に誘引する作戦に変更し、1週間ぶりにコマを捕獲するのに成功した。

コマはその間、多くの話題を呼んだ。檻の隔離室の扉を爪を使って開け、捜索組の捕獲網を何度も切り抜けてきたため「頭がよいクマ」と呼ばれた。また脱走の理由が24歳年上の雌グマとの交尾失敗によるストレスという分析が出て、ネットユーザーの同情を買ったりもした。ネットユーザーは「このクマの立場なら私も脱走する」「いくら話ができない動物だとしてもひどすぎる。大公園は予算を増やしても若い雌グマを入れるべきだ」と書き込んだ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年12月15日 12:37
コネスト関連記事
  • ソウル大公園
  • オリニ大公園
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 釜山・梵魚寺の天王門が全焼、放火のもよう
  • 35年ぶり全国民規模軍事避難訓練、形ばかりとの指摘も
  • 金泳三元大統領、約2万件の記録物を寄贈
  • 【写真】ハゲワシ17羽が謎の大量死
  • 北朝鮮を最も刺激する「愛妓峰灯塔」点灯へ
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国、イングランドに惜敗
    非正規雇用問題、民官見解対立
    今週末は全国的に晴れ
    既得勢力に一撃!新ドラマ制作発表会
    セウォル号、自死の教頭は出航に反対
    朴前大統領弾劾後35億ウォン使用か
    TWICE、TT動画再生2億回突破
    不法滞在の外国人4カ月連続増
    文大統領、異見を出すのは義務
    週間アクセスランキング
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを...
    17.05.24
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    17.05.24
    「ソウル路」2日で25万人が歩く
    17.05.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]