韓国旅行「コネスト」 1人当たりの国民所得、2万ドル復帰へ。韓国の経済ニュース
KONEST

1人当たりの国民所得、2万ドル復帰へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
1人当たりの国民所得が今年2万ドル台に復帰することが確実視され、来年は過去最高になると予想されている。

韓国銀行(韓銀)によると、今年の実質国内総生産(GDP)成長率は6.1%になる見込みだ。ここに一般的な物価水準を表す年間GDPデフレーター推定値を反映すると、名目GDP増加率は9.3%となる。さらに今年第1-3四半期の名目GDP増加率と国民総所得(GNI)増加率間の格差0.5%を考慮すれば、名目GNI増加率は8.8%と推測される。

ウォン-ドル為替レートは年平均1ドル=1160ウォンと予想される。これに基づくと、今年の名目GNIは1兆23億ドル(1162兆7000億ウォン)と推定される。これを統計庁の今年の推計人口4887万人で割れば、1人当たりの国民所得は2万510ドル(2379万ウォン)となる。今月下旬に急激なウォン安ドル高にならない限り、1人当たりの国民所得は無難に2万ドルを超えるというのが韓銀の説明だ。

1人当たりの国民所得は来年、過去最高を更新する可能性が高い。GDP増加によるGNI増加とウォン高ドル安が予想されるからだ。韓銀は来年度の実質GDP増加率予測値を4.5%と発表した。国内研究機関は来年1ドル=1060-1100ウォンまでウォン高ドル安が進むと予想した。

1人当たりの国民所得は07年までの6年間、増加傾向にあったが、08年は国際金融危機で1万9296ドルを記録し、2万ドルに届かなかった。昨年は5年ぶりの最低水準となる1万7175ドルまで減少し、今年は反騰した。

韓銀のキム・ミョンギ経済統計局長は「今年は1人当たりの国民所得が2万ドルを超える見込み。不確実性は今もなお残っているが、金融危機はもう過去のことと言えるほど」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年12月13日 14:44
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
韓国の新規コロナ感染者525人
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
Mnetサバイバル番組で感染者確認
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
辛ラーメン 海外売上高が増加
週間アクセスランキング
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]