韓国旅行「コネスト」 「ボーイング747」1号機、ソウル近郊に錆びたまま放置。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「ボーイング747」1号機、ソウル近郊に錆びたまま放置

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
世界で1000機ほど売れたボーイング747ジャンボ1号機が、韓国のソウル近郊、南楊州市(ナムヤンジュシ)に放置されていると、LAタイムズが報じた。 ボーイング747機はパンアメリカン航空会社の発注で25機が製作され、1969年2月に初の試験飛行が行われた後、1970年10月に初めて就航した。

LAタイムズによると、就航当時、パンアメリカン航空会社の所有だった商業用ジャンボ機1号は、パンアメリカン創設者の名前にちなんで「フアンTトリップ」というニックネームまで付いたが、10年前に韓国の投資家に売られ、ソウル北東部25マイル地点の南楊州の田舎に置かれている。

ボーイング社の飛行機歴史資料によると、トリップは1000機のジャンボ機のうち2番目に製作されたが、最初の飛行機は実験用だったため、実質的には商業用1号機という。

パンアメリカン航空会社が破産した後、1号機はアルゼンチンに売られ、貨物機として利用されたが、退役後は南カリフォルニアのある飛行場に保管され、00年に韓国のある夫婦に100万ドルで売れた。 この夫婦は飛行機を解体し、62個のコンテナに積んで韓国に運送し、南楊州市の現在の位置で組み立てた。

しかしこの夫婦がオープンしたジャンボ機レストランは位置上の問題と冬季の暖房費のため‘失敗作’となった。夫婦は結局、05年にジャンボ機レストランを閉鎖し、飛行機のそばの小さなビルにククス(うどん)店をオープンした。

LAタイムズは、放置されていた1号ジャンボ機トリップに最近また関心が集まっている、と伝えた。 また、米国ではトリップを買い戻して航空博物館に展示すべきだという動きがあり、日本の投資家も購入の意思を見せている、と明らかにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年12月08日 14:34
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
コロナ感染者 再び400人下回る
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
元B.A.Pメンバーセクハラで実刑
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
エアソウルが高松・米子上空巡る飛行
コロナ最前線の医療陣に賃金未払い
ヒョナ 校内暴力の疑惑を否定
済州島の人気展示館 ソウルにも開業
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
2,30代「ワクチン後もマスク」
21.02.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]