韓国旅行「コネスト」 韓国インディーズバンドが日本を揺さぶる(1)。韓国の芸能ニュース
KONEST

韓国インディーズバンドが日本を揺さぶる(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国大衆音楽の波に日本が揺れている。 新宿・原宿など東京の中心街では韓国アイドルの音楽Kポップがよく流れている。 渋谷には外壁の半分を少女時代で飾った建物も登場した。

アイドルだけではない。 有名なライブハウスが並ぶ渋谷では最近、「コリアンインディーズ」という言葉に代表される韓国バンド音楽が人気を呼んでいる。日本のインディーズレーベルの間で「日本のファンがKポップだけでなくKロックにも関心を表し始めた」という声が出てくるほどだ。

◇日本を揺さぶるKロック=先月28日午後、東京・渋谷では韓国インディーズ音楽の人気を実感させる舞台があった。弘大インディーズレーベル連合会の西橋(ソギョ)音楽自治会と日本のバウンディが準備した「ソウル-東京サウンドブリッジ」コンサート。3年間にわたり、3カ月に一度ずつ韓国と日本を代表するインディーズバンドが交流公演を行うプログラムだ。

この日は「サウンドブリッジ」の初めての舞台だった。渋谷の有名ライブハウス「ミルキーウェイ」は公演開始前から300人余りの日本人観客で埋まった。最初に韓国モダンロックバンド「Vodka Rain(ウォッカレイン)」が登場した。最初の曲「会いたい」が流れると、日本人観客が頭を揺らしながらリズムに乗り始めた。ボーカルのアン・スンジュンが「日本の観客は深刻な表情で音楽の鑑賞だけをすると聞いていたが、全くそうではないようだ」と話すと、客席から笑いが起こった。

実際、日本の観客はやや異なる観覧マナーで有名だ。ある公演関係者が「日本のファンの反応に最初は慣れないかもしれない」と話したのもこのためだ。しかし客席の反応はこうした憂慮とは正反対だった。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年12月03日 17:33
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]