韓国旅行「コネスト」 台湾有力紙「韓国アイドルが台湾で100億以上稼いだ」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

台湾有力紙「韓国アイドルが台湾で100億以上稼いだ」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
広州アジア大会で台湾内の嫌韓議論が広がる中、台湾の有力紙が「韓国アイドルが台湾で今年100億ウォン以上稼いだ。嫌韓流は韓流とは関係ない」と報道した。嫌韓流の拡散がワンダーガールズや少女時代などに対する不買運動に広がったと伝えられる中で、台湾メディアが「韓流はびくともしない」という報道をしたもので目を引く。 

中華圏の有力紙「アップルデイリー」は先週末、「韓国の人気グループらが台湾で2億6415万台湾ドル(約100億3500万ウォン、約7億2400万円)を稼いだ。スーパージュニア・少女時代・2PM・ワンダーガールズ・MissAなど今年台湾を訪問した19チームの韓国グループがコンサートとファンミーティングで莫大な収益を上げた」と伝えた。

記事には各グループが上げた所得まで詳細に明記されている。記事によると最高所得を上げた少女時代は8200万台湾ドル(約30億ウォン)、スーパージュニアは6350万台湾ドル(約24億ウォン)を台湾で稼いだ。また同紙は「25日に台北で単独コンサートを開くFTアイランドのコンサートチケットはすでに90%以上、7000席が売れた」と伝え、相変らず熱い韓流アイドルの健在を伝えた。さらに、「韓国歌手らのこのような人気は政治・スポーツ問題と関係はなく、当分台湾で韓流の影響力は持続するだろう」とし、韓流の持続可能性について論評まで出した。記事を裏付けるように、先月末に発表された台湾最大音楽チャートのGミュージック総合チャートではスーパージュニアが「美人」で6位に入り、アンディ・ラウなど中華圏の人気歌手らと肩を並べた。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年12月01日 12:03
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]