韓国旅行「コネスト」 ハンナラ党の安商守代表、保温瓶を北朝鮮砲弾と勘違い…。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ハンナラ党の安商守代表、保温瓶を北朝鮮砲弾と勘違い…

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ハンナラ党の安商守(アン・サンス)代表が火に焼けた保温瓶を北朝鮮軍が発射した砲弾と勘違いするハプニングの映像が30日に公開され、非難を浴びている。

北朝鮮が延坪島(ヨンピョンド)を砲撃した翌日の先月24日。延坪島を訪問した安代表は砲撃を受けた民家を回り、焼けた鉄製筒2つを持ってテレビカメラの前に立ち、「これが砲弾です。砲弾」と話した。安代表に随行した元陸軍中将の黄震夏(ファン・ジンハ)ハンナラ党議員も「小さい筒は76.1ミリのようで、大きいのは122ミリ放射砲弾とみられる」と説明した。

しかし安代表が「砲弾」と言った鉄製筒は保温瓶と確認された。安代表に同行した取材陣が安代表がその場を離れた後、鉄製筒をこすると、商標が見え、保温瓶であることが確認されたのだ。

こうしたハプニングはYTNの‘突発映像’番組を通して公開された。これを見たネットユーザーはツイッターなどで、兵役免除を受けた安代表を「軍隊に行っていない証拠だ」と批判した。特に安代表が29日の韓国放送記者クラブ招待討論会で「いま戦争が勃発し、全面戦争になれば、入隊して戦う」と発言したのと重なり、「笑わせてくれるが、後味が悪い」というコメントが殺到した。

民主党の車英(チャ・ヨン)報道官は論評まで出し、「普段なら笑って済ませることだが、延坪島砲撃の状況を考えれば笑いも出てこない」とし「軍隊に行っていない人は錯覚するかもしれないが、延坪島で‘安保ショー’をしながらのハプニングであるだけに、もっと恥ずかしいことだ」と皮肉った。

波紋が広がると、安代表は「当時、現地住民が砲弾だと言って持ってきたもので、取材記者がポーズを取ってほしいと言うので応じた」と釈明した。

ハンナラ党の安亨奐(アン・ヒョンファン)報道官は「案内人が砲弾だと説明したし、焼けてよく見えなかったため正確に識別できず、砲兵出身で3ツ星将軍を務めた黄震夏議員さえも砲弾だと思ったほど」とし「緊迫した現場ではすべてのものを危険物質だと考えるしかない」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年12月01日 09:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]