韓国旅行「コネスト」 米空母が西海に進入…過去最大の韓米合同訓練。韓国の政治ニュース
KONEST

米空母が西海に進入…過去最大の韓米合同訓練

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓米が28日に西海(ソヘ、黄海)で米空母「ジョージ・ワシントン」が参加する合同訓練を開始した中、北朝鮮が西海前方地域で砲射撃訓練を実施し、ミサイルをはじめとする戦力を前進配置するなど一触即発の緊張が高まっている。

全羅北道群山(チョンラブクド・クンサン)と忠清南道泰安(チュンチョンナムド・テアン)の格列飛(キョクヨルビ)列島近くの韓国領海と公海でこの日始まった合同訓練には米国から「ジョージ・ワシントン」とともに、ミサイル巡洋艦「カウペンス」(9600トン級)、9750トン級駆逐艦「シャイロー」、「ステザム」(DDG63)、「フィッツジェラルド」(DDG62)などが参加した。また、地上を監視する偵察機のジョイントスターズ(J-STARS)も投入され北朝鮮軍の動向把握に出た。来月1日まで続く訓練は最大規模で、昼夜24時間体制で進められる。

北朝鮮はこの日午前、延坪島(ヨンピョンド)北方12キロメートルにあるケモリ地域で内陸に20発余りの砲を発射した。これに伴い、一時40分余りにわたって延坪島では地域統合防衛本部長を務める延坪部隊長が住民疎開令を発令し、住民たちが防空壕に緊急待避する場面もあった。軍当局によると、北朝鮮はまた、ペクリョン島と延坪島(ヨンピョンド)北側地域で韓国空軍の戦闘機を狙い射程距離13~30キロメートルのSA-2地対空ミサイルを前線に配置した。西海北方境界線(NLL)に隣接した黄海道(ファンヘド)、登山串(トゥンサンゴッ)一帯に配置した地対艦ミサイルも発射準備を完了したとされる。

軍当局者は、「北朝鮮は23日の延坪島攻撃以後、西海艦隊司令部隷下8戦隊に準戦時体制命令を下し、兵力と艦艇の出動待機態勢を維持していると把握している」と話した。西海上で韓国艦艇との交戦に出てきた8戦隊は延坪島北方のサゴッに基地を置いており、艦艇70隻余りが配置されている。




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年11月29日 08:37
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国製薬社 ワクチン臨床試験に着手
NU'ESTが7年ぶりフルアルバム
ロゼ 二つのギネス世界記録認定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
韓国の新規コロナ感染者587人
きょうから屋内でマスク常時着用
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
アストラ製ワクチンの接種再開へ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]