韓国旅行「コネスト」 ソウル「街の売店減らし再整備」へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウル「街の売店減らし再整備」へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
現在ソウルの街にある売店が、09年の年末まで姿を消すようになる。その代わりソウル市は、都市の美観と調和できる新しいデザインの売店(キオスク)を作り、既存の売店を大幅に減らす計画だ。

売店の運営権も、財産の内訳を徹底的に調べた後、低所得層にのみ認める予定だ。現在、ソウルには3600の売店がある。ソウル市議会は16日、本会議を開き、こうした内容を盛り込んだ「歩道上の営業施設物管理などに関する条例の改正案」を可決させた。現在、ソウル市には新聞・雑誌・食べ物などの売店が多すぎるうえ、デザインも粗雑で、都市の美観を損ねるとの見方が多かった。

とりわけ、一部売店の店主は数億ウォン台の財産を持っていることが分かり、運営上に問題がある、と指摘する声もあがっている。売店の店主らは、歩道使用料として年平均約30万ウォン(約3万6000円)だけをソウル市に納めている。これによって市議会は、現在の店主のうち財産2億ウォン以上の人には来年から営業を許可しないよう条例を改正した。

財産が2億ウォン未満の店主でも、09年の年末まで営業できる。ソウル市は2010年以降は「歩道上の営業施設運営委員会」を通じ売店数を大幅に減らし、運営資格の基準を強化する方針だ。しかし、店主らと進歩政党・民主労働党は生計の対策を求め、新しい条例の可決に反発している。

成始允(ソン・シユン)記者




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年10月17日 16:03
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]