韓国旅行「コネスト」 <インタビュー>カン・ドンウォン「自分の中にあるもの発散したかった」。韓国の芸能ニュース
KONEST

<インタビュー>カン・ドンウォン「自分の中にあるもの発散したかった」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル8日聯合ニュース】これまでさまざまな作品で「イケメン」ぶりを遺憾なく発揮してきた俳優カン・ドンウォンが、新作「超能力者」(韓国内10日封切)で美男俳優の看板を自ら下ろした。演じたのは、超能力を持っているが不幸な人間、「超人」。奇怪な表情と邪悪な目つき、髪型はいわゆる「おばさんパーマ」で、足を引きずっている。また別の超能力者、イム・ギュナム(コ・ス)とは対照的だ。先ごろ江南のオフィスで会ったカン・ドンウォンは、「見た目が崩れることはまったく気にしていなかった」と語った。

 物語は暗い。父親殺害という内容に、主人公らの置かれた状況も良くない。スクリーンは憂うつな灰色をしている。カン・ドンウォンは、キャラクターの新鮮さと脚本に引かれ、出演を決めたという。ホン・ギョンピョ監督がかかわった作品にこれまで2本出演しており、「監督のほうが、僕の顔を崩してやるとおっしゃった」と笑う。歩き方やまなざしで、傷を抱えて生きていく超人を表現した。特異なキャラクターのため、斬新ながらも分かりやすく表現しようと、役作りに悩んだという。

 「超人は無心だけれど、いつでも人々を思いのままに動かすことができるので、基本的に相手を見下しています。表情から始まり、全般的なせりふのトーンなど、ディテール部分まで決めていきました。足を引きずっていたら、ちょっと腰が痛くなりました(笑)」。

 映画「義兄弟 SECRET REUNION」出演後、これまで自分の中に積み重なっていたもの、吸収するばかりだったものを思いきり発散したかったというカン・ドンウォン。「最大の目標は、思い切りやろうということ」だったと明かした。

 ことしは今作品と年末封切りの「ラブ・フォー・セール」まで、4本の作品に出演。封切済みの2本は大ヒットし、役者として最高の1年となった。「シネマコンプレックス(複合映画館)が出来てから、1人の俳優が1年に4本もの映画を見せるのは、ほとんど記録では?」と笑う。休む間もなく走ってきた分、ソン・ガンホ、キム・ユンシクら演技派俳優らとの共演で、学んだことも多い。

 これまでの出演作品で最も気に入っているものはと尋ねると、「特にはない」との答えが。「映画で新しいキャラクターを演じることは、過去に演じた役、技術を消していく作業でもある。似たような役が来ても、新しく表現しようと努力するだけです」。

 「ラブ・フォー・セール」を最後に、しばしカン・ドンウォンとはお別れだ。来月には公益勤務要員として、軍に入隊する。さらに兵役を終えた後は、海外進出も考えているという。一回り大きくなって映画界に戻ってくる彼に期待したい。


COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年11月08日 14:10
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
国際線燃油サーチャージ 来月引上
寧越郡と北海道東川町文化交流推進へ
「ベビーシャーク」アニメ世界で放送
IUが総額5億ウォンを寄付
人気歌手応援ソング22年ぶり刷新
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
新規コロナ感染者619人
ワクチン1回目の接種者7.3%
マスク着用指針の緩和「予断は禁物」
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]